クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




J.シュトラウス

Home|作曲家で選ぶ|J.シュトラウス

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

アドルフ・シュルツ=エヴラー:ヨハン・シュトラウスの『美しく青きドナウ』によるアラベスク...2016-11-27に追加


ヨハン・シュトラウス2世:皇帝円舞曲 作品437...2015-09-18に追加


ヨハン・シュトラウス2世:春の声 作品 作品410...2015-09-17に追加


ヨハン・シュトラウス2世:南国のバラ 作品388...2015-09-16に追加


ヨハン・シュトラウス2世:ウィーンの森の物語 作品325...2015-09-14に追加


ヨハン・シュトラウス2世:芸術家の生涯(生活) 作品316...2015-09-13に追加


ヨハン・シュトラウス2世:美しき青きドナウ 作品314...2015-09-12に追加


ヨハン・シュトラウス2世:ワルツと序曲集...2015-05-18に追加


ヨハン・シュトラウス クリップス&ギューデン・コンサート...2011-03-23に追加


ヨハン・シュトラウス クリップス・コンサート...2011-03-13に追加


J.シュトラウス:ウィンナーワルツ集...2010-09-12に追加


J.シュトラウス:ワルツ集...2009-08-10に追加


J.シュトラウス:ワルツ集(52年録音)...2009-02-21に追加


J.シュトラウス:ワルツ集(53年録音)...2009-02-21に追加


J.シュトラウス:ワルツ集(54年録音)...2009-02-21に追加


ヨハン・シュトラウス?世:喜歌劇「こうもり」...2003-07-21に追加


J.STRAUSS...0000-00-00に追加




経歴


1825年10月25日、ウィーンに生まれる。
 父は音楽家のヨハン・シュトラウスで、音楽家の厳しさを知る彼は、息子が音楽家になることを強く反対する。
 そのため最初は銀行家になるための勉強をするが、父に隠れてヴァイオリンを学ぶようになり、その後、ドレクスラーについて作曲の勉強も始めるようになる。
 1844年からは15人からなる自らの楽団を組織して好評を博するようになるが、父の楽団と競合するようになる。しかし、それも46年には和解し、さらに49年の父の死後は二つの楽団を合併させてヨーロッパ各地へ演奏活動を展開するようになる。
 その多忙な生活のために59年には過労から神経性の疾患を引き起こす。
 そのため、以後は二人の弟と指揮活動を交代で行うようにし、活動の範囲をロシアやアメリカにまで広げるようになる。
1863年から1870年まで、皇帝フランツ・ヨーゼフのもとで宮廷舞踏会の指揮をつとめる。

 62年には、最初の結婚を行うが、78年に妻が他界し、次に30歳も年下の声楽学生と再婚するも破綻、88年には3回目の結婚をする。この三度目の結婚は幸せなものであったようで、幸福な晩年を過ごす。
 1899年6月3日、ウィーンにおいて肺炎で亡くなる。

ユング君の一言


まさに音楽一家ですね。そして彼におくられた称号が「ワルツ王」です。実際、彼はたんなる社交場の音楽にしかすぎなかったワルツを、素晴らしい表現力を兼ね備えた音楽へと成長させました。
 その功績は偉大なものがあります。

 それにしても気分のいい音楽です。
 最近ではウィーン・フィルによるニューイヤーコンサートはすっかり有名になって、今では家に居ながらにしてその生中継を見ることができます。おまけに、会場にいては見ることができないバレー付きです。
 玄人筋では最近何かと評判の芳しくないウィーンフィルですが、さすがにウィンナーワルツとなると上手いものです。多少新年のお祝いでアルコールが入っているような団員もいるようですが、曲目がシュトラウス一族のワルツなら、それも丁度いいのかもしれません。
 ほろ酔い加減のウィーンフィルでワルツを聴きながら新年を迎えるというのも悪くないなと思う昨今です。


同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-07-24]

[2017-07-23]

[2017-07-22]

[2017-07-21]

[2017-07-20]

[2017-07-19]

[2017-07-18]

[2017-07-18]

[2017-07-17]

[2017-07-16]

[2017-07-15]

[2017-07-14]

[2017-07-13]

[2017-07-12]

[2017-07-12]

[2017-07-12]

[2017-07-12]

[2017-07-11]

[2017-07-10]

[2017-07-09]

[2017-07-08]

[2017-07-07]

[2017-07-07]

[2017-07-06]

[2017-07-05]