ようこそ Blue Sky Label へ!

フルトヴェングラー、ワルター、バックハウス、ホロヴィッツなどの偉大な指揮者、ピアニストによる歴史的名演から1960年代のカラヤンやバーンスタインのステレオ録音まで、3500を超える楽曲がフリーで全曲お聞きいただけます。

作曲家で選ぶ

演奏家で選ぶ

【最近の更新(15件)/リスニングルームの更新履歴



[2019-05-19]

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
(Cell)ザラ・ネルソヴァ:ヨーゼフ・クリップス指揮、ロンドン交響楽団 1951年12月録音録音
女性らしい細やかさと暖かみあふれた演奏

[2019-05-18]

ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」 Op.92
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1961年11月17日録音
深いところでチェコの地に根をはりめぐらせていたのかもしれない

[2019-05-17]

グルック:オルフェオとエウリディーチェより「メロディー」
(Vn)エリカ・モリーニ (P)レオン・ポマーズ 1956年録音
古き良きヨーロッパの象徴のような女性の目に映じた「滅び行くヨーロッパの姿」

[2019-05-16]

モーツァルト:交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」
ヨーゼフ・クリップス指揮 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 1957年4月録音
音楽をする喜びに裏打ちされたエネルギー感が希薄かもしれない

[2019-05-15]

グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲イ短調 作品82
(Vn)ヤッシャ・ハイフェッツ:ワルター・ヘンドル指揮 RCAビクター交響楽団 1963年6月3日~4日録音
アメリカとヨーロッパを「欧米」などと言う言葉で一括りにしてしまうことのいかがわしさをお思い知らせてくれる

[2019-05-14]

グラズノフ:ヴァイオリン協奏曲イ短調 作品82
(Vn)エリカ・モリーニ:フェレンツ・フリッチャイ指揮 ベルリン放送交響楽団 1958年10月14日~17日録音
アメリカとヨーロッパを「欧米」などと言う言葉で一括りにしてしまうことのいかがわしさをお思い知らせてくれる

[2019-05-13]

スッペ:「スペードの女王」序曲
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音
最後の名残とばかりに思いっきり自らの流儀をぶつけてみた

[2019-05-12]

シベリウス:交響曲第1番 ホ短調 Op. 39
ロベルト・カヤヌス指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1930年5月21日~23日録音
あらゆるシベリウス演奏の「原点(origin)」とも言うべき存在

[2019-05-11]

シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43
ロベルト・カヤヌス指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1930年5月27日~28日録音
あらゆるシベリウス演奏の「原点(origin)」とも言うべき存在

[2019-05-10]

バッハ:無伴奏チェロ組曲第6番 ニ長調 BWV1012
(Cell)ガスパール・カサド 1957年録音
「ごうごうひびくと」という表現がこれほどピッタリくるチェロの響きは他にはないかもしれません

[2019-05-09]

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 「雨の歌」 Op. 78
(Vn)レオニード・コーガン:(P)アンドレイ・ムイトニク 1955年録音
女々しくないブラームス

[2019-05-08]

ドヴォルザーク:序曲「自然の王国で」 Op.91
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1961年11月17日録音
深いところでチェコの地に根をはりめぐらせていたのかもしれない

[2019-05-07]

シューベルト(ウィルヘルミ編):アヴェ・マリア
(Vn)エリカ・モリーニ (P)レオン・ポマーズ 1956年録音
古き良きヨーロッパの象徴のような女性の目に映じた「滅び行くヨーロッパの姿」

[2019-05-06]

メンデルスゾーン:交響曲第4番 イ長調 作品90 「イタリア」
ヨーゼフ・クリップス指揮 ロンドン交響楽団 1953年10月録音
絶妙なバランス感覚に支えられた自然な音楽の流れ

[2019-05-05]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」 嬰ハ短調 Op.27-2
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1965年1月11日~12日録音
神から与えられた恩寵がケンプというエオリアンハープを通して鳴り響く演奏

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。