ようこそ Blue Sky Label へ!

フルトヴェングラー、ワルター、バックハウス、ホロヴィッツなどの偉大な指揮者、ピアニストによる歴史的名演から1960年代のカラヤンやバーンスタインのステレオ録音まで、3500を超える楽曲がフリーで全曲お聞きいただけます。

作曲家で選ぶ

演奏家で選ぶ

【最近の更新(15件)/リスニングルームの更新履歴



[2021-09-18]

シベリウス:交響曲第7番 ハ長調, Op.105
ロリン・マゼール指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1966年3月録音
歌謡性を極限までひきだしている

[2021-09-17]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第4番イ短調, HWV 322
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音
溢れるほどの活力に溢れた人物でした

[2021-09-16]

ヘンデル:組曲第10番(第2巻) ニ短調 HWV 436
(P)エリック・ハイドシェック:1964年9月18日~21日&30日録音
ハイドシェックにとってはお気に入りの作品だった

[2021-09-15]

アルベニス:イベリア、12の新しい印象 第3集
(P)アリシア・デ・ラローチャ:1962年初出
小さな手がもたらす凝縮された情熱

[2021-09-14]

ヨハン・シュトラウス II:ワルツ「酒、女、歌」, Op.333
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1961年12月28日録音
端正であると同時に豊満

[2021-09-13]

ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調, op. 90
オットー・クレンペラー指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1962年10月27日録音
フィラデルフィアのクレンペラー

[2021-09-12]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第27番 ホ短調 Op.90
(P)フリードリヒ・グルダ 1953年11月20日録音
見晴らしのいい爽快で新鮮でしかも深いベートヴェン

[2021-09-11]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第3番ホ短調, HWV 321
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音
溢れるほどの活力に溢れた人物でした

[2021-09-10]

ドヴォルザーク:交響曲第7番 ニ短調, Op.70
アンタル・ドラティ指揮 ロンドン交響楽団 1963年7月17日~18日録音
伝説の名録音~マーキュリー・レーベル

[2021-09-09]

ビクトリア:レクイエム
ロバート・ジマーマン指揮 ポートランド交響合唱団 マウントエンジェル修道院聖歌隊 1958年5月8日~9日録音
天国的な美しさ

[2021-09-08]

アルベニス:イベリア、12の新しい印象 第2集
(P)アリシア・デ・ラローチャ:1962年初出
小さな手がもたらす凝縮された情熱

[2021-09-07]

ヴァンサン・ダンディ:交響的変奏曲「イスタール」 作品42
ピエール・モントゥー指揮 サンフランシスコ交響楽団 1945年1月27日録音
フランス音楽をこのように指揮できる指揮者は貴重だったのでしょう

[2021-09-06]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第2番ヘ長調, HWV 320
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音
溢れるほどの活力に溢れた人物でした

[2021-09-05]

ベートーベン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 作品81a 「告別」
(P)フリードリヒ・グルダ 1953年11月27日録音
見晴らしのいい爽快で新鮮でしかも深いベートヴェン

[2021-09-04]

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」
セルゲイ・クーセヴィツキー指揮 ボストン交響楽団 1946年2月9日録音
音楽に民主主義はいらない。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。