クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home|ジャケット聞き

ジャケット聞き

「ジャケット買い」という言葉がありました。
店頭に並べられているレコードのジャケットに引きつけられて、中味は全く分からないままに買ってしまうことです。

残念な事に、一辺30㎝のLPレコードと一辺が12㎝しかないCDとではジャケットの魅力には本質的な差が生じてしまいました。それが、ファイル音源になってしまうとジャケットそのものがなくなってしまいました。
それ故に「ジャケット買い」という言葉は既に「死語」になってしまっていたのですが、ジワジワとアナログレコードが復権してくるにつれて、再び一辺30㎝の「芸術」とも言うべきレコードジャケットに注目が集まり始めました。

「Blue Sky Label」でもその様な流れを受けて、2017年の夏頃からジャケットを表示するようにしました。
そして、気がつけば1年の時が経過して、それなりのレコードジャケットを表示できるようになってきました。(ただし、どうしてもジャケットの画像が入手できないときはその代わりに演奏家の写真を表示しています。)

そうなれば、「ジャケット買い」ならぬ「ジャケット聞き」といものがあってもいいものだろうと考えた次第です。
アルバムの中味はよく分からなくても、ジャケットの魅力から聞いてみようというのも有りだろう!!と言う次第です。

他のジャケットをもっと見る



ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1953年12月4日録音
この作品に「暑苦しさ」を感じる人にはお勧めかもしれません

ハイドン:交響曲第108番 変ロ長調 Hob.I-108
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音
ミュージカルの世界で人気を博してきたゴバーマンには明るく軽やかに振る舞うというスタイルが身にしみついていたのかもしれません

ベートーベン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
(P)エミール・ギレリス:レオポルト・ルートヴィヒ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1957年4月30日~5月1日録音
一人の演奏家の変化を辿るというのも「また面白からずや」

モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581
(Clarinet)レオポルド・ウラッハ シュトルス四重奏団 1954年録音
ウラッハは相方のカルテットがかわったからといって何も変わることはありません

ハイドン:交響曲第52番 ハ短調 Hob.I:52
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音
全集として完成していれば、それは疑いもなく20世紀の録音史に残る金字塔になったはずです

バッハ:無伴奏チェロ組曲第4番 変ホ長調 BWV1010
(Cello)エンリコ・マイナルディ:1954年録音
全てが実にゆったりとした流れの中で時が過ぎていきます

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
(Vn)ゲオルク・クーレンカンプ:ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1935年録音
ナチスを激怒させた録音

チャールズ・ローゼン ショパン・リサイタル
(P)チャールズ・ローゼン:1960年2月3日~5日録音
衣装を美しくまとわせてほしい

ハイドン:交響曲第20番 ハ長調 Hob.I:20
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音
全集として完成していれば、それは疑いもなく20世紀の録音史に残る金字塔になったはずです

R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 作品35
ウィリアム・スタインバーグ指揮 ピッツバーグ交響楽団 1955年1月11日録音
スタインバーグらしい隅から隅まで注意の行き届いた端正な演奏

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
(Cello)ヤーノシュ・シュタルケル:アンタル・ドラティ指揮 ロンドン交響楽団 1962年7月6日~7日録音録音
室内楽的な精緻さとハーモニーの美しさのようなものを求めている

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1963年2月3日録音
オーケストラの機能性を極限まで追求するラヴェル作品は、このコンビにとっては相性がいいようです。

ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲 変ロ長調 op.56a
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 ウィーン交響楽団 1959年11月録音
美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに写ります

ヴィヴァルディ:チェロ・ソナタ第6番 変ロ長調 RV 46
(Cello)アントニオ・ヤニグロ:(Cemalo)ロベール・ヴェイロン=ラクロワ 1950年代前半録音
ヴィヴァルディへのリスペクトを持って真剣に向き合っている

マリア・カラス~狂乱の場
(S)マリア・カラス:ニコラ・レッシーニョ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 フィルハーモニア合唱団 1958年9月24~ 25日録音
ドラマティックな悲劇を演じる力

他のジャケットをもっと見る








[2020-08-12]

モーツァルト:交響曲第35番 ニ長調 "ハフナー" K.385
オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1960年10月録音

[2020-08-11]

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1963年1月11日~12日録音

[2020-08-10]

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番変ロ長調 BWV1051
アドルフ・ブッシュ指揮 ブッシュ・チェンバー・プレイヤーズ 1935年9月9日~17日録音

[2020-08-09]

J.S.バッハ:教会カンタータ 「まじりけなき心」 BWV 24
ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 トーマス教会少年合唱団 (Org)Hannes Kastner (A)Eva Fleischer (T)Gert Lutze (Bass)Hans Hauptmann 1952年6月20日録音

[2020-08-08]

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
(Vn)ハイメ・ラレード:シャルル・ミュンシュ指揮 ボストン交響楽団 1960年12月24,&26日録音

[2020-08-07]

サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 Op.78「オルガン付き」
アルトゥーロ・トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1952年11月15日録音

[2020-08-06]

ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲 イ短調 作品53
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北西ドイツ放送交響楽団 1950年ライヴ録音

[2020-08-05]

Pieces by Rene Leibowit(2)~ボロディン:歌劇「イーゴリ公」・だったん人の踊り」/モーツァルト:「フィガロの結婚」序曲
ルネ・レイボヴィッツ指揮 パリ・コンセール・サンフォニーク協会管弦楽団 1960年録音

[2020-08-04]

ベートーベン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」
ピエール・モントゥー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年録音

[2020-08-03]

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第5番ニ長調 BWV1050
アドルフ・ブッシュ指揮 (P)ルドルフ・ゼルキン (Flute)マルセル・モイーズ ブッシュ・チェンバー・プレイヤーズ 1935年9月9日~17日録音