クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




ようこそ Blue Sky Label へ!

フルトヴェングラー、ワルター、バックハウス、ホロヴィッツなどの偉大な指揮者、ピアニストによる歴史的名演から1960年代のカラヤンやバーンスタインのステレオ録音まで、3000を超える楽曲がフリーで全曲お聞きいただけます。

【リスニングルームの更新履歴】

【新着情報(最近の10件)】

[2017-11-22]

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番 変ロ長調 Op.83
(P)ジュリアス・カッチェン ヤーノシュ・フェレンチク指揮 ロンドン交響楽団 1960年4月12日~13日録音
安全運転に徹したフェレンチクに引っ張られてカッチェンもまたいささかおとなしめの演奏になっています

[2017-11-21]

ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 作品90
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1950年11月録音
第2次大戦の終結を折り目としてみれば、44年の録音が「ネガ」であり50年の録音は「ポジ」の関係にあります。

[2017-11-20]

ブルックナー:交響曲第5番 変ロ長調
エドゥアルト・ファン・ベイヌム指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1959年3月12日録音
精緻につくり出されたブルックナーのミニチュアを外の世界から眺めているような感覚

[2017-11-19]

グリーグ:ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
(P)ゲザ・アンダ:ラファエル・クーベリック指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1963年9月23日録音
アンダの粒立ちのよい透明感あふれる響きは「極上」という形容詞を与えても間違いとは言われないでしょう

[2017-11-19]

ブラームス:交響曲第3番 ヘ長調 作品90
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1944年9月9日録音
哀切極まる第3楽章はそのままドイツという国と民族に対するレクイエムであるかのように響きます

[2017-11-18]

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15
(P)ジュリアス・カッチェン ピエール・モントゥー指揮 ロンドン交響楽団 1959年5月24日~25日録音
モントゥーという枠組みの中で、カッチェンもまたより自由にイマジネーションを広げている演奏

[2017-11-17]

ブラームス:弦楽六重奏曲第2番 ト長調 作品36
(vn)ヤッシャ・ハイフェッツ&イスラエル・ベイカー (va)ウィリアム・プリムローズ&ヴァージニア・マジェフスキ (vc)グレゴール・ピアティゴルスキ&ガーボル・レイト 1961年8月28日~29日録音
主観的な領域にまで踏み込んでいると思えるほどに変形させられた超辛口の語り口

[2017-11-16]

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
(P)ジュリアス・カッチェン エードリアン・ボールト指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1954年5月10日録音
カッチェンの初期の録音には奔馬のようにたぎり立つ炎のようなモノが刻み込まれています

[2017-11-16]

J.S. バッハ/無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調 BWV1006
(Vn)イェフディ・メニューイン 1936年2月3日録音
過信もなければ不必要な謙遜もなく、ひたすら己の信じるバッハを何の疑いも衒いもなく演奏しきったやんちゃ坊主によるバッハ

[2017-11-13]

ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー
(P)ジュリアス・カッチェン マントヴァーニ楽団 1955年5月5日&7日録音
あざといマントヴァーニと生真面目すぎるカッチェンが組み合わさった希有の価値がある録音


クラシック音楽への第一歩~ここから聞きたい50曲

[2017-09-22]

[2017-09-18]

[2015-11-14]

[2015-09-06]

[2015-09-06]

[2015-08-10]

[2015-06-27]

[2015-05-16]

[2015-05-09]

[2015-05-04]





HELP

ご意見・ご感想

MP3データベース

FLACデータベース

リンク集

アンケートのアーカイブ


歴史的音源の紹介

[2017-11-21]

[2017-11-20]

[2017-11-19]

[2017-11-18]

[2017-11-11]


【ランダム検索】

[2015-02-07]

[2016-07-23]

[2016-03-30]

[2015-09-17]

[2012-10-23]

[2017-10-27]

[2012-05-12]

[2014-03-26]

[2015-06-02]

[2009-01-06]