クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~





ボロディン

Home|作曲家で選ぶ|ボロディン

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」...2017-02-09に追加


ボロディン:交響曲第2番 ロ短調...2016-08-21に追加


ボロディン:交響曲第2番 ロ短調...2010-09-23に追加


ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」...2009-02-15に追加


ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」...2009-02-08に追加


Borodin...0000-00-00に追加




経歴


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サンクトペテルブルクにて、グルジア皇室の皇太子ルカ・ゲデヴァニシヴィリの非嫡出子として生まれる。ゲデヴァニシヴィリはボロディンを実子として戸籍登録せず、農奴の一人の名を使った。しかしながらボロディンは、ピアノの稽古を含めてすぐれた教育を受け、化学を専攻し、ペテルブルグの医学大学の薬学部に入る。 卒業後、陸軍病院に勤務、24歳の時に医学の会議の出席のためにヨーロッパに長期出張、この頃、ムソルグスキーと知り合い、シューマンの曲を紹介され、興味を持つ。26歳の時、ハイデルベルク大学(化学)入学。元素理論を確立したメンデレーエフと知り合う。卒業後はペテルブルグの医学大学の助教授、教授と進み、生涯有機化学の研究家として多大な業績を残した。 作曲は1863年にミリイ・バラキレフと出会うまで正式に学んだことがなかった。

1869年にバラキレフの指揮によって《交響曲第1番》が上演され、同年ボロディンは《交響曲第2番》に着手する。この新作交響曲は、初演時には失敗したが、1880年にフランツ・リストがヴァイマルでドイツ初演の手筈を整え、ボロディンの名をロシアの外に広めた。

やはり1869年には、歌劇《イーゴリ公》に着手、これはボロディンの最も重要な作品と看做されており、しばしば単独で演奏される。おそらく最も有名なボロディン作品となっている「だったん人の踊り(韃靼人の踊り)」と「だったん人の行進(韃靼人の行進)」は、《イーゴリ公》が出典である。ボロディンは本職や公務に忙殺されて、生前この作品を完成できなかったため、没後にニコライ・リムスキー=コルサコフとアレクサンドル・グラズノフにより補筆と改訂が進められた。

1887年に急死。謝肉祭の週間に、数人の友人を呼んで上機嫌に歌って踊って楽しんでいたが、突然ひどく青ざめて卒倒したのである(動脈瘤の破裂だった)。サンクトペテルブルクのアレクサンドル・ネフスキー大修道院のチフヴィン墓地に葬られている。

化学者としては、ボロディン反応(ハロゲン化アルキルの合成法、ハンスディーカー反応の別名)に名を残している。また、求核付加反応の一つであるアルドール反応を発見したとされる。

主要な作品


オペラ
* 勇者たち
* イーゴリ公(未完)
管弦楽曲
* 交響曲第1番 変ホ長調
* 交響曲第2番 ロ短調
* 交響曲第3番 イ短調(未完)
* 交響詩 中央アジアの草原にて
室内楽
* スペイン風セレナード
* 弦楽四重奏曲第1番 イ長調
* 弦楽四重奏曲第2番 ニ長調
ピアノ曲
* 小組曲(全7曲)
* 変化のない主題によるパラフレーズ
合唱曲
* キリルに栄光あれ、メソディウスに栄あれ(未完)
歌曲
* 慈悲深い神
* 間違った音符

同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-03-29]

[2017-03-28]

[2017-03-27]

[2017-03-26]

[2017-03-25]

[2017-03-24]

[2017-03-23]

[2017-03-22]

[2017-03-21]

[2017-03-20]

[2017-03-19]

[2017-03-18]

[2017-03-10]

[2017-03-09]

[2017-03-08]

[2017-03-07]

[2017-03-06]

[2017-03-05]

[2017-03-04]

[2017-03-03]

[2017-03-02]

[2017-03-01]

[2017-02-28]

[2017-02-27]

[2017-02-26]