クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~





フランク

Home|作曲家で選ぶ|フランク

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調...2016-10-02に追加


フランク:交響曲 ニ短調 FWV 48...2016-04-30に追加


フランク:ヴァイオリン・ソナタ イ長調 ...2016-03-02に追加


フランク:交響曲 ニ短調...2015-10-27に追加


フランク:ピアノ五重奏曲 ヘ短調...2015-06-21に追加


フランク:交響曲 ニ短調 ...2015-05-01に追加


フランク:ヴァイオリンソナタ イ長調...2015-04-14に追加


フランク:交響曲ニ短調...2015-03-07に追加


フランク:交響曲 ニ短調...2012-09-09に追加


フランク:交響曲 ニ短調...2012-09-09に追加


フランク:交響的変奏曲...2012-02-07に追加


フランク:交響曲ニ短調...2009-02-10に追加


フランク:交響曲ニ短調...2006-11-02に追加


フランク:ヴァイオリンソナタ...2005-08-06に追加


フランク:ヴァイオリンソナタ...2003-12-29に追加


フランク:交響曲ニ短調...2002-05-27に追加


フランク:ヴァイオリンソナタ...2001-12-31に追加


FRANCK...0000-00-00に追加




経歴


1822年12月10日、リエージュに生まれる。画家の家系ではあったが幼い頃から音楽に興味を示し、11才の時には父に伴われて国内を演奏旅行する。
 1835年、パリに移住し、37年にはパリ音楽院に入学する。42年には音楽院を退学して一度ベルギーに帰国するが、44年再びパリに戻り作曲生活をはじめる。
 しかし、48年の革命で生活の糧(?)であった多くの弟子がパリを去るという困難に直面し、ついに1853年には過労のために健康を害して作曲活動を断念する。
 1858年、サン・クロティルド教会の合唱長、60年にはオルガン奏者の地位を得て、再び作曲活動をはじめる。
 66年、彼の演奏を聞いたリストによって「バッハ以外にならぶもののないオルガン奏者」と讃えられる。
 しかし作曲家としてはなかなか認められず、自作の演奏会を行っては惨めな失敗を繰り返した。
 1887年には、フランクがその力に相応しい評価が与えられないことを残念に思った弟子たちがフランクの作品のみの演奏会を行うが、これもまたあまり大きな関心はよばなかった。89年には交響曲ニ短調を完成して初演を行うも、これもまた評判は悪かった。
 しかし、90年4月19日に初演された弦楽四重奏曲ははじめて大きな喝采をもって迎えられ、「みんなはようやく私を理解しはじめた」と語ったという。
 ところが、それから日をおかずして、弟子のもとに向かう途中馬車のかじ棒に脇腹を打たれて意識を失い、そのまま健康が回復しないまま、11月8日、パリにおいて亡くなる。

ユング君の一言


作曲家としては珍しくスタートの遅い人でした。本格的に作曲活動をはじめたのは教会のオルガン奏者としての地位を獲得してからなので、すでに40才に近い年齢でした。その後も、オルガニストとしては高い評価を受けながら、作曲家としては全く無名の存在でありつつづけました。
 一つにはパリの聴衆の無理解もありました。その頃パリの町に鳴り響いていたのはオッフェンバックに代表されるような、色彩感にあふれた、激しいリズムと流行の舞曲を満載した軽い音楽でした。
 しかし、教会のオルガニストとして静かな宗教的雰囲気の中で生涯をすごしたために、音楽界の中で隠れた存在であったことも大きな原因と考えられます。
 そのため残された作品の数はあまり多くありません。
 しかし、ドイツ的ながっしりした構成の中にフランス的な繊細さを融合させた音楽は、その後のフランス音楽に「誠実」さを取り戻したものとして高く評価できると言えます。
 
 それにしても、結果論かもしれませんが、パリは才能ある音楽には冷たかった町です。でも、これはウィーンも同じだな。
 いつの時代も流行ほどあてにならないものはありません。(^^)

同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-03-29]

[2017-03-28]

[2017-03-27]

[2017-03-26]

[2017-03-25]

[2017-03-24]

[2017-03-23]

[2017-03-22]

[2017-03-21]

[2017-03-20]

[2017-03-19]

[2017-03-18]

[2017-03-10]

[2017-03-09]

[2017-03-08]

[2017-03-07]

[2017-03-06]

[2017-03-05]

[2017-03-04]

[2017-03-03]

[2017-03-02]

[2017-03-01]

[2017-02-28]

[2017-02-27]

[2017-02-26]