クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




スーク

Home|作曲家で選ぶ|スーク

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

スーク:弦楽セレナーデ...2003-09-21に追加


Suk...0000-00-00に追加




生涯


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨセフ・スク(Josef Suk, 1874年1月4日 - 1935年5月29日) はチェコの作曲家・ヴァイオリニスト。同名の孫は世界的なヴァイオリニストの一人で、日本ではヨゼフ・スークの名で親しまれている。

クレチョヴィーチェに生まれる。1885年から1892年までプラハ音楽院でドヴォルザークに学ぶ(1898年にドヴォルザークの娘オチルカと結婚)。同級生と共にチェコ四重奏団を結成し、第2ヴァイオリン奏者を勤めた。 1922年から母校プラハ音楽院で教鞭を執り、ボフスラフ・マルティヌーらを指導した。ベネショフにて逝去。

スークの初期作品は、ドヴォルザークとブラームスの影響を示しているが、その半面、のちの作品では、拡張された和声と用いて、より個性的で複雑な様式を生み出している。成熟期の管弦楽曲は、マーラーやリヒャルト・シュトラウスからの影響を示唆している。多くの同郷人とは異なり、チェコの民族音楽はめったに使わなかった。第一次世界大戦に前後して、教育活動に忙殺されるようになると創作のペースが落ちたが、半音階的な書法が複雑になり、全体として晦渋な響きになっている。

主要作品一覧


* ピアノ四重奏曲 イ短調 作品1
* ピアノ三重奏曲 ハ短調 作品2
* 弦楽セレナーデ 作品6(1892年)
* ピアノ曲《愛の歌》作品7-1(作品7は《ピアノ小曲集》)
* 交響曲 第1番 ホ長調 作品14
* 劇付随音楽《おとぎ話》作品16(1900年)
* 管弦楽組曲《りんごの木の下で》作品20
* ピアノ曲集《春》作品22a
* ピアノ曲集《夏の印象》作品22a
* ピアノ三重奏のための《悲歌》 作品23(原曲はハープつき九重奏のための劇付随音楽)
* ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲 ト短調 作品24
* 幻想的スケルツォ 作品25
* 交響詩《プラハ》作品26
* アスラエル交響曲 作品27(1906年)
* ピアノ曲集「母について」作品28(1909年)
* 連作交響詩《夏物語》作品29(1909年)
* ピアノ曲集《命と夢》作品30(1909年)
* 弦楽四重奏曲 第2番 作品31
* ピアノ曲集《子守唄》作品33
* 交響詩]]《人生の実り》作品34(1917年)
* 交響詩《エピローグ》作品37(1929年、合唱つき)がある。
* 愛国的三部作 作品35

1. コラール「聖ヴァーツラフ」の主題による瞑想曲(1914年、op.35-1は弦楽合奏版、op.35aは弦楽四重奏版)
2. 大管弦楽のための伝説曲 op.35-2
3. 祖国新生に向けて(ソコル祭典行進曲) op.35-3



同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-05-27]

[2017-05-26]

[2017-05-25]

[2017-05-24]

[2017-05-23]

[2017-05-22]

[2017-05-21]

[2017-05-20]

[2017-05-19]

[2017-05-18]

[2017-05-17]

[2017-05-16]

[2017-05-15]

[2017-05-14]

[2017-05-13]

[2017-05-09]

[2017-05-08]

[2017-05-07]

[2017-05-06]

[2017-05-05]

[2017-05-04]

[2017-05-03]

[2017-05-02]

[2017-05-01]

[2017-04-30]