クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~





ガーシュイン

Home|作曲家で選ぶ|ガーシュイン

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー...2011-08-26に追加


ガーシュイン:パリのアメリカ人...2011-08-26に追加


ガーシュイン:パリのアメリカ人...2011-08-26に追加


ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー...2011-03-07に追加


ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー...2002-03-30に追加


GERSHWIN...0000-00-00に追加




経歴


1898年ニューヨークに生まれる。
 音楽的な環境に恵まれた家庭ではなかった。しかし、幼い頃に耳にした自動演奏ピアノに心を奪われて音楽に目覚めたと言われている。
 しかし、家にピアノがなかったために友達の家に通って独学でピアノの腕を磨き、その後、兄のために買い与えられたピアノがガーシュインの才能を見いだすきっかけとなり、ピアノのレッスンを受けられるようになる。

 しかし、勉強の方は思わしくなく、15才で高校を中退して音楽出版社の「ソング・ブラッガー」(楽譜を買いに来た人にこんな曲ですよと弾いて聞かせるピアニスト。昔はこんな仕事があったんですね。)の職に就く。
 しかしこの仕事を通して音楽関係者の知己を得るようになり、やがて劇場のリハーサルピアニストから有名歌手の伴奏、そして数々の作曲活動も行うようになっていく。
 そして、1919年"SWANEE(スワニー)"という歌が大ヒットし、名声を確立する。
 その後は、ポピュラーだけにとどまらず、クラシック、オペラ、映画音楽といった幅広いジャンルにわたって作曲活動を展開し、1937年に死去。
 代表作は「ボギーとベス」「ラプソディー・イン・ブルー」「パリのアメリカ人」など

ユング君の一言


作曲家としての名声を確立したあともガーシュインは自分に専門的知識が乏しいことに劣等感も感じていました。そのためある時、ガーシュインは意を決してフランスに渡りラヴェルの門をたたきます。
 しかし、ガーシュインの才能を高く評価していたラヴェルは、「君はすでに一流のガーシュインなのだから、何も二流のラヴェルになる必要はない」といって励ましたのは有名なエピソードです。
 後期ロマン派の音楽がすでに黄昏をむかえ、その突破口を探っていたヨーロッパの人々には、そんな専門的悩みなどお構いなしに軽々と新しい地平を切りひらいたガーシュインがどのように映じたかを語るエピソードでしょう。
 そして、ガーシュインも一流のガーシュインとして数々の優れた作品を残してその短い人生を終えました。
 20世紀が終わろうとする今、無調の音楽の大部分は今や誰からも見向きもされませんが、ガーシュインの歌は今も多くの人に親しまれています。
 色々と考えさせられるエピソードです。


同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-01-20]

[2017-01-19]

[2017-01-18]

[2017-01-17]

[2017-01-16]

[2017-01-15]

[2017-01-14]

[2017-01-13]

[2017-01-12]

[2017-01-11]

[2017-01-10]

[2017-01-09]

[2017-01-08]

[2017-01-07]

[2017-01-06]

[2017-01-05]

[2017-01-05]

[2017-01-04]

[2017-01-04]

[2017-01-03]

[2017-01-03]

[2017-01-02]

[2017-01-02]

[2017-01-02]

[2017-01-02]