クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~





サン・サーンス

Home|作曲家で選ぶ|サン・サーンス

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調 作品33...2016-11-03に追加


サン=サーンス:第3番ハ短調 Op.78「オルガン付き」...2016-06-29に追加


サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28...2016-04-17に追加


サン=サーンス:交響曲第3番ハ短調 Op.78「オルガン付き」...2015-11-08に追加


サン=サーンス:クラリネットソナタ 変ホ長調 OP.167...2014-09-23に追加


サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3 ロ短調 作品61...2012-12-14に追加


サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28...2011-04-23に追加


サン=サーンス:ハバネラ 作品83...2011-04-23に追加


サン=サーンス:ハバネラ 作品83...2011-03-20に追加


サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28...2011-03-19に追加


サン=サーンス:第3番ハ短調 Op.78「オルガン付き」...2010-03-07に追加


サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28...2009-05-17に追加


サン=サーンス:第3番ハ短調 Op.78「オルガン付き」...2008-08-20に追加


サン=サーンス:ピアノ協奏曲第4番...2003-07-26に追加


Saint-Sae"ns...0000-00-00に追加




経歴


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1835年に官吏の家庭に生まれる。モーツァルトと並び称される神童タイプで、2歳でピアノを弾き、3歳で作曲をしたと言われている。また、10歳でバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンの演奏会を開き、16歳ではじめての交響曲を書いている。1948年に13歳でパリ音楽院に入学して作曲とオルガンを学ぶ。やがて作曲家兼オルガニストとして活躍。とくにオルガンの即興演奏に素晴らしい腕を見せた彼は1857年に、当時のパリのオルガニストの最高峰といわれたマドレーヌ教会のオルガニストに就任する。1871年にはフランス音楽普及のために、フランク、フォーレらとともにフランス国民音楽協会を設立した。

1921年に旅行先のアルジェリアで亡くなっている。

作風と評価


音楽家として、作曲家、ピアニスト、オルガニストとして活躍したほか、彼は少年のころからさまざまな分野に興味を持ち、その才能を発揮した。一流のレベルとして知られるのは詩人、天文学者、数学者、画家などである。特に詩人としての活動は多岐にわたり、彼が作曲した声楽・合唱作品のほとんどは彼の詩による。

その博識ゆえの嫌味な性格は人々の良く知るところであり、アルフレッド・コルトーに向かって「へぇ、君程度でピアニストになれるの?」といった話は有名である。これは彼が超一流しか眼中になかったことを示すエピソードでもあった。実際にサン=サーンスが完璧と評した生徒の中に、ピアニストのレオポルド・ゴドフスキーがいる。

晩年、印象主義の台頭の中で、近代音楽を批判してロマン主義を貫いたことも彼の孤立を強めた。このため、楽界の大御所としての世間的な評価は不遇であった。若き日のドビュッシーは、サン=サーンスの典型的な批判者であった。もちろんこのことは、彼とドビュッシーの目指す音楽に、あまりに大きな差があったというのも一つの原因であろう。当のサン=サーンスはドビュッシーの交響組曲『春』に対して嬰ヘ長調であることを理由に管弦楽に適さないとして酷評しているし、ミヨーに至ってはその複調による不協和音の衝突に対し「精神病院行きの代物」と切り捨てている。

しかし、彼は必ずしも古典音楽に隷属していたわけではなく、むしろロマン主義の枠内で新しい形の音楽を創造しようとした、といえるだろう。もし彼の出生が30年早ければ、全く違う評価がされたともいわれている。そういう意味で、彼は歴史の転換点における一人の犠牲者でもある。音楽史における彼の最も重要な役割は、ロマン主義と現代音楽の過渡期に於いて、その例を提示したことであり、結果として当時のフランスには受け入れられなかった。しかし最近になってようやく、フランス国内でも彼の果たした役割を再評価する動きも出始めている。

同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-01-22]

[2017-01-21]

[2017-01-21]

[2017-01-20]

[2017-01-19]

[2017-01-18]

[2017-01-17]

[2017-01-16]

[2017-01-15]

[2017-01-14]

[2017-01-13]

[2017-01-12]

[2017-01-11]

[2017-01-10]

[2017-01-09]

[2017-01-08]

[2017-01-07]

[2017-01-06]

[2017-01-05]

[2017-01-05]

[2017-01-04]

[2017-01-04]

[2017-01-03]

[2017-01-03]

[2017-01-02]