クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでモントゥーのCDをさがす
Home|モントゥー|ヴァンサン・ダンディ:交響的変奏曲「イスタール」 作品42

ヴァンサン・ダンディ:交響的変奏曲「イスタール」 作品42

ピエール・モントゥー指揮 サンフランシスコ交響楽団 1945年1月27日録音



d'Indy:Istar, Op.42


古代アッシリアの叙事詩に基づく音楽

これもまた珍しいダンディの作品です。
そして、この作品について調べていて気づいたのですが、2015年に録音されたジャン=リュック・タンゴー指揮 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団によるCDの内容が、モントゥーの初期録音とピッタリ重なるのです。

  1. 交響曲第2番変ロ長調 作品57

  2. 交響的変奏曲「イスタール」 作品42

  3. 歌劇「フェルヴァル」第1幕への序奏


つまりは、モントゥーが最初期に録音したダンディのマイナー作品がそっくりそのままこの一枚に収められているのです。
おそらくは偶然だと思うのですが、それがモントゥーへのオマージュだとすれば随分と粋な行いだと言えます。

なお、この「イスタール」とは古代アッシリアの叙事詩に基づく音楽のようで、古代メソポタミアで崇拝された豊穣・性愛・戦争の女神イシュタールを標題化しています。
とは言え、聞けば分かるように標題性をもった交響詩ではなくて、タイトルのように変奏曲として構成されています。
実際に聞いてみれば、実に美しい旋律と響きにあふれた音楽なので、もっと聞かれてもいいのではないかと思います。


フランス音楽をこのように指揮できる指揮者は貴重だったのでしょう

ピエール・モントゥーと言えばこのサンフランシスコ交響楽団と強く結びついています。
ヨーロッパ時代にはディアギレフのロシア・バレエ団で指揮を担当し、その後はパリ交響楽団の創立時の常任指揮者を務めたりもするのですが、腰を据えて指揮活動に取り組めたのは1935年にサンフランシスコ交響楽団の常任指揮者になってからでした。

そして、私の知る限りでは、1941年からRCAでの録音活動が開始されます。
おそらく、メジャー・レーベルからこういう形で録音のオファーが来るというのは、それなりにこの両者の名声が高まってきたからでしょう。そして、その録音クレジットを眺めていると、その名声はフランス音楽によって形づくられてきたことが分かります。

当時のアメリカにおいては、フランス音楽をこのように指揮できる指揮者は貴重だったのでしょうし、カタログ的にも補充したい作品が多かったのかも知れません
面白いのは、今日でも殆ど録音される機会の少ないヴァンサン・ダンディの作品をこの最初期に数多く取り上げていることです。ちなみに、この機会にモントゥはダンディの以下の4作品を取り上げて録音しています。

  1. フランスの山人の歌による交響曲 作品25

  2. 交響曲第2番変ロ長調 作品57

  3. 交響的変奏曲「イスタール」 作品42

  4. 歌劇「フェルヴァル」第1幕への序奏


ダンディと言えば「フランスの山人の歌による交響曲」くらいいしか思い浮かびませんから、この時期にこのようにまとめて取り上げたことは画期的といるでしょう。

ただ、驚くのは、40年年代とは信じがたいほどに録音のクオリティが高いことです。
このクオリティの高さは保存状態のよいSP盤が残っていたというレベルではないので、おそらくは金属原盤そのものが残っていたのでしょう。

改めてSP盤のクオリティがいかなるものであったかを思い知らされます。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



4722 Rating: 5.3/10 (6 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2021-10-23:コタロー





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-12-02]

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
(P)ジャンヌ=マリー・ダルレ:ルイ・フーレスティエ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1956年録音

[2021-12-01]

ファリャ:三角帽子
アタウルフォ・アルヘンタ指揮 スペイン国立交響楽団 1958年録音

[2021-11-30]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調, Op.35
(Vn)ブロニスラフ・ギンベル:ヨハネス・シュラー指揮 バンベルク交響楽団 1960年初出

[2021-11-29]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調, K.219
(Vn)ヴォルフガング・シュナイダーハン:フェルディナンド・ライトナー指揮 ウィーン交響楽団 1952年11月録音

[2021-11-28]

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第6番 変ロ長調, BWV1051
クルト・レーデル指揮 ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団 1962年5月録音

[2021-11-27]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第12番ロ短調, HWV 330
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音

[2021-11-26]

モーツァルト:3つのドイツ舞曲, K.605
コリン・デイヴィス指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1959年5月21日~22日録音

[2021-11-25]

ベートーベン:チェロソナタ第1番 ヘ長調, Op.5-1
(Cell)アントニオ・ヤニグロ (P)カルロ・ゼッキ 1952年録音

[2021-11-24]

ヴィヴァルディ:2つのトランペットのための協奏曲 ハ長調, RV.537
ジャン=フランソワ・パイヤール指揮:(Org)マリー=クレール・アラン パイヤール室内管弦楽団 1965年初出

[2021-11-23]

ブラームス:交響曲第2番 ニ長調, 作品73
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年3月4日~8日録音