クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~





ロッシーニ

Home|作曲家で選ぶ|ロッシーニ

カテゴリで絞り込む



新着順(50件)

ロッシーニ:ウィリアムテル序曲...2001-11-26に追加


ROSSINI...0000-00-00に追加




経歴


1792年2月29日(そう、とっても珍しい誕生日です。彼はまだ52才です)、ペーザロに生まれる。
 1802年に一家はルーゴの町に移り、ロッシーニはここで専門的な音楽教育を受ける。その後ボローニャに移り住んでさらに勉学を続け、14才で歌手として楽友教会への入会を認められる。
 1809年にははじめてのオペラを作曲し、翌10年にはヴェネティアの劇場からの委嘱で一幕物のオペラ・ブッファを作曲して劇場の世界に登場する。
 1812年にはミラノ・スカラ座でも成功をおさめ、その後はイタリア各地の劇場で次々とオペラを上演する。
 そして、1816年、ローマのアルジェンティーナ劇場で「セビリャの理髪師」を成功させてその名声を不動のものとする。

 1824年にはパリに移り住んで歌劇場の指揮活動を行い、いくつかのフランス語によるオペラを作曲するが、それ以後は新しいオペラの作曲は行わず、また1836年には歌劇場の活動からも身を引きボローニャに帰る。
 その後は音楽学校の顧問なども行ったが目立った音楽活動は行わず、1855年には再びパリに移り住んで、1868年11月13日、パリ近郊のパシにある別荘で恵まれた一生を終える。

ユング君の一言


こういう人を人生の達人というのでしょうか。
 人生の前半は売れっ子のオペラ作曲家としてばりばり働き、十分に稼いだあとはそんな名声などには何の未練も残さずにあっさりと足を洗って悠々自適の人生を送りました。
 あまりご存知ない方もおられると思いますが、ロッシーニは音楽界でも有名人ですが、料理の世界でも大変な有名人で、オペラの世界から足を洗ったロッシーニがその後半生をかけた道楽が料理でした。
 聞くところによると、ロッシーニの名を冠した料理もあるそうですから、ロッシーニにとって料理は片手間の余技などではなく、音楽と同じほどに重要性をもった対象であったようです。
 音楽家としてこういう人生を送った人はちょっと他には思い当たりません。

 その理由として当然料理への愛好もあったでしょうが、それ以外に彼の音楽のあり方が次第に時代とあわなくなってきたことも重要な一因ではなかったかと考えます。
 ロッシーニが生きた時代はロマン派の時代ですが、彼の音楽は基本的には古典派的なものです。
 例えば、一連のオペラ序曲に聞くことが出来る「この上もなく明るく弾むような音楽」はロマン派的なものとはあまりにもかけ離れているように思います。いかがなものでしょうか?(^^)
 もしそのような「自分の本質」と「時代の流れ」を冷静に見きってこのような選択をしたのなら、実にもう大したものです。
 そして、数は少ないですがいくつかの宗教音楽に聞くことの出来る深い祈りに接すると、決してエンターテーメントだけの人でなかったことも明らかです。
 いろんな意味で、それこそ人生の達人と言わなければなりません。

同時代の作曲家を選択する



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-01-24]

[2017-01-23]

[2017-01-22]

[2017-01-21]

[2017-01-21]

[2017-01-20]

[2017-01-19]

[2017-01-18]

[2017-01-17]

[2017-01-16]

[2017-01-15]

[2017-01-14]

[2017-01-13]

[2017-01-12]

[2017-01-11]

[2017-01-10]

[2017-01-09]

[2017-01-08]

[2017-01-07]

[2017-01-06]

[2017-01-05]

[2017-01-05]

[2017-01-04]

[2017-01-04]

[2017-01-03]