クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




ようこそ Blue Sky Label へ!

フルトヴェングラーやトスカニーニ、ワルター、バックハウス、ホロヴィッツ、ハイフェッツなどの偉大な音楽家たちの歴史的名演から1960年代のカラヤンやバーンスタインのステレオ録音まで、4500を超える楽曲がフリーで全曲お聞きいただけます。

最新の更新/リスニングルームの更新履歴

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第10番 ト長調 Op.14-2・・・[2021-05-16]

(P)フリードリヒ・グルダ 1953年10月22日録音

ブレンデルのソナタ全集を紹介したときにグルダの全集に関しても少しばかりふれました。 一般的にグルダによるベートーベンのピアノ・ソナタ全集は1967年に集中的に録音されたAmadeoでのステレオ録音と、1954年から1958年にかけてモノラル・ステレオ混在で録音されたのDecca録音の二つが知られていました。しかし、最近になってその存在が知られるようになったのがここで紹介しているた1953年から1954年にかけてウィーンのラジオ局によってスタジオ収録された全曲録音です。 この録音は、きちん...続きを読む

名演奏を聞く

シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43

ロベルト・カヤヌス指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1930年5月27日~28日録音

今さらこんな古い時代の録音なんか止しにしてくれ!という言葉が聞こえてきそうです。
しかし、あらゆるシベリウス演奏はここから始まります。それは「スタンダード」などというものではなく、それ以上の「原点(origin)」とも言うべき存在なのです。大仰な言い方になりますが、どれほど古い録音であっても、シベリウスを愛するものであるならば、これは聞かなければいけない「義務」があるのです。



【最近の更新(15件)/リスニングルームの更新履歴



[2021-05-15]

ヨハン・シュトラウス II:ワルツ「千夜一夜物語」 Op.346
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1961年12月28日録音
端正であると同時に豊満

[2021-05-14]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」 嬰ハ短調 Op.27-2
(P)ウラディミール・ホロヴィッツ:1946年11月21&26日録音
論理を乗りこえる感情の発露

[2021-05-13]

シベリウス:「カレリア」組曲, 作品11
トマス・イェンセン指揮 デンマーク国立放送交響楽団 1952年6月録音
暖色系のシベリウス

[2021-05-12]

ハイドン:交響曲第94番 ト長調 Hob.I:94 「驚愕」
フルトヴェングラー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1950年9月5日録音
ハイドンのベートーベン化

[2021-05-11]

R.シュトラウス:メタモルフォーゼン
クレメンス・クラウス指揮:バンベルク交響楽団 1953年1月録音
まるでウィーンのオーケストラのような響き

[2021-05-10]

マーラー:交響曲第2番 ハ短調「復活」
ゲオルグ・ショルティ指揮 ロンドン交響楽団 ロンドン交響合唱団 (S)ヘザー・ハーパー (A)ヘレン・ワッツ 1966年5月録音
もう一つのマーラー・ルネサンス

[2021-05-09]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第9番 ホ長調 Op.14-1
(P)フリードリヒ・グルダ 1953年10月22日録音
見晴らしのいい爽快で新鮮でしかも深いベートヴェン

[2021-05-08]

チャイコフスキー:くるみ割り人形 組曲(selected by Anatole Fistoulari)
アナトール・フィストゥラーリ指揮 パリ音楽院管弦楽団 1951年6月21日~23日録音
本当にバレエという芸術を本当に愛していたのだな

[2021-05-07]

ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」より「前奏曲と愛の死」
シャルル・ミュンシュ指揮:(S)アイリーン・ファーレル ボストン交響楽団 1957年11月25日録音
ワーグナーの持つ「毒」を解毒した演奏

[2021-05-06]

ヘンデル:組曲第2番(第1巻) ヘ長調 HWV 427
(P)エリック・ハイドシェック:1957年9月30日&10月1日~2日録音
ハイドシェックにとってはお気に入りの作品だった

[2021-05-05]

バルトーク:管弦楽のための協奏曲, Sz.116
カレル・アンチェル指揮:チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1963年3月録音
このコンビならではの純度の高い響が魅力

[2021-05-04]

クレメンティ:ソナタ ヘ短調 Op.14-3
(P)ウラディミール・ホロヴィッツ:1954年10月16&21日録音
自らの感興の趣くままに「ネコ」のように楽しんだ

[2021-05-03]

R.シュトラウス:フランソワ・クープランのクラヴサン曲によるディヴェルティメント, Op.86
クレメンス・クラウス指揮:バンベルク交響楽団 1954年4月録音
まるでウィーンのオーケストラのような響き

[2021-05-02]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」 ハ短調 Op.13
(P)フリードリヒ・グルダ 1953年10月22日録音
見晴らしのいい爽快で新鮮でしかも深いベートヴェン

[2021-05-01]

モーツァルト:セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」K.525
シモン・ゴールドベルク指揮:ネーデルラント室内管弦楽団 1958年4月録音
底に流れる「風格」のようなものを感じとってほしい

リスニングルームの更新履歴

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。


HELP

ご意見・ご感想

MP3データベース

FLACデータベース

リンク集

アンケートのアーカイブ


【ランダム検索】

[2011-02-06]

[2009-05-02]

[2017-09-15]

[2019-12-26]

[2017-11-30]

[2016-10-20]

[2018-08-07]

[2001-11-20]

[2018-12-07]

[2018-12-19]


万葉集を読む



[2019-07-09]

[2019-07-05]

[2019-07-01]

[2019-06-18]

[2019-06-05]


クラシック音楽への第一歩~ここから聞きたい50曲



[2017-09-22]

[2017-09-18]

[2015-11-14]

[2015-09-06]

[2015-09-06]

[2015-08-10]

[2015-06-27]