クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




ようこそ Blue Sky Label へ!

フルトヴェングラーやトスカニーニ、ワルター、バックハウス、ホロヴィッツ、ハイフェッツなどの偉大な音楽家たちの歴史的名演から1960年代のカラヤンやバーンスタインのステレオ録音まで、3500を超える楽曲がフリーで全曲お聞きいただけます。

【今日の一枚】

【 2019-02-22追加】・・・チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35

(Vn)ジノ・フランチェスカッティ:ディミトリ・ミトロプーロス指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック 1954年3月27日録音

フランテェスカッティにはモノラルとステレオによる2種類の録音があります。モノラルはミトロプーロス指揮によるもので、ステレオ録音の方はシッパーズ、オケはともにニューヨーク・フィルハーモニックです。 モノラルとステレオという違いの為か、モノラルの方は分が悪いと言わざるを得ません。 さらに、同じ60年代にフランチャスカッティはバーンスタインとのコンビでブラームスやシリウスの協奏曲、ショーソンやラヴェル、...続きを読む


【名演奏を聴く~今週の一枚】

マーラー:交響曲第9番

サー・ジョン・バルビローリ指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 1964年1月10,11,14&18日録音

当時のベルリンフィルのレパートリーにマーラーは存在していませんでした。
その理由を遡ればいささか剣呑な話になるのですが、そう言うベルリンフィルを相手にマーラー演奏の金字塔とも言うべき録音が為されたことはある種の「奇蹟」とも言えます。
さらに着目すべきは、その驚くべき録音クオリティの高さです。「TAS Super LP List」の最高評価である「BEST OF THE BUNCH」を与えられている一枚でもあります。


【優秀録音を聴く~今週の一枚】

リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 Op.34

アンタル・ドラティ指揮 ロンドン交響楽団 1959年6月録音

玩具箱をひっくり返したような楽しい音楽です。
そして、評価の高い「Living Presence」の録音の中でも、これこそはとびきりの優秀録音です。
おそらく、このレベルを凌駕するような録音は、その後半世紀以上の時間が経過したにもかかわらずほとんど存在しないのではないでしょうか。



Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでも毎日アップしていますので、是非チャンネル登録してください。
チャンネル登録って何ですか?


【最近の更新(10件)/リスニングルームの更新履歴



[2019-02-21]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
(P)エミール・ギレリス:レオポルト・ルートヴィヒ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1957年4月30日~5月1日録音
一人の演奏家の変化を辿るというのも「また面白からずや」

[2019-02-20]

コダーイ:「ハーリ・ヤーノシュ」組曲 作品35a
ゲオルク・ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1955年2月21日~25日録音
与えられた仕事に対して期待された以上の結果を返すことでキャリを積み上げている

[2019-02-19]

クープラン:コンセール小品集
(Cello)ピエール・フルニエ:ルドルフ・バウムガルトナー指揮 ルツェルン音楽祭弦楽合奏団 1963年12月20日~21日録音
ピリオド演奏による騒々しい演奏と較べると別の星の住人のようです

[2019-02-18]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第9番 ホ長調 Op.14-1
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年11月12日~13日録音
神から与えられた恩寵がケンプというエオリアンハープを通して鳴り響く演奏

[2019-02-17]

マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1964年12月録音
マーラーの音楽の中にある不純物を沈めていって、残された結晶だけをすくい取ってきたような演奏

[2019-02-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV1047
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音
「夢」だけは抱えきれないほど持つことが出来た時代の「幸せ」の一断面

[2019-02-15]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
(P)エミール・ギレリス:アンドレ・ヴァンデルノート指揮 パリ音楽院管弦楽団 1957年6月19日~20日録音
一人の演奏家の変化を辿るというのも「また面白からずや」

[2019-02-14]

R.シュトラウス:交響詩「ドンファン」 作品20
カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1963年4月録音
オケの隅々にまで己の意志を貫徹させているベームの姿が浮かび上がってきます

[2019-02-13]

J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 BWV.1068 より エアー(G線上のアリア)
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ベルリンフィル 1929年録音
ゆったりとしたテンポで音楽が進んでいくので何処かいい知れない凄みのようなものがわき上がってくる

[2019-02-12]

モーツァルト:「魔笛」 K.620 「第2幕」
オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団&合唱団 (T)ニコライ・ゲッダ (S)グンドゥラ・ヤノヴィッツ (Bass)ワルター・ベリー (S)ルチア・ポップ他 1964年3月~4月録音
怒りをパワーにした歴史的名演だったのでしょうか。

>>> リスニングルームの更新履歴

HELP

ご意見・ご感想

MP3データベース

FLACデータベース

リンク集

アンケートのアーカイブ


クラシック音楽への第一歩~ここから聞きたい50曲



[2017-09-22]

[2017-09-18]

[2015-11-14]

[2015-09-06]

[2015-09-06]

[2015-08-10]

[2015-06-27]

[2015-05-16]

[2015-05-09]

[2015-05-04]

[2015-04-18]

[2015-04-12]


【ランダム検索】

[2012-09-29]

[2018-12-27]

[2002-04-29]

[2007-05-28]

[2002-05-11]

[2012-05-19]

[2016-01-30]

[2014-02-15]

[2012-09-02]

[2017-03-09]

[2016-11-20]

[2016-12-04]