クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




ようこそ Blue Sky Label へ!

フルトヴェングラーやトスカニーニ、ワルター、バックハウス、ホロヴィッツ、ハイフェッツなどの偉大な音楽家たちの歴史的名演から1960年代のカラヤンやバーンスタインのステレオ録音まで、4500を超える楽曲がフリーで全曲お聞きいただけます。

最新の更新/リスニングルームの更新履歴

グラナドス:ゴイェスカス・・・[2021-10-15]

アタウルフォ・アルヘンタ指揮 スペイン国立交響楽団 (S)コンスエロ・ルビオ (Ms)アナ・マリア・イリアルテ (T)ヒネス・トラノ (Br)マヌエル・アウセンシ マドリード・シンガーズ

この滅多に上演されることのない、そして今に至るまでも滅多に上演される事の少なかった作品の録音を残してくれたことだけでも感謝しなければいけません。 では、何故にこの作品は上演される機会が少なかったのかと言えば、決して作品そのものが上演に値する価値がなかったわけではありません。 この作品の初演には悲劇がつきまとっています。 このオペラはアメリカからの注文で作曲されたので、初演はアメリカのニューヨークで行われました。その初演のためにグラナドスは大西洋を越えてアメリカに向かいました。そして、諸...続きを読む

名演奏を聞く

パウル・ヒンデミット:交響曲「画家マティス」

ウィリアム・スタインバーグ指揮 ピッツバーグ交響楽団 1956年10月15日~16日録音

この作品の背景として存在したであろう抑圧されたものの感情が痛いほどに聞き手に迫ってきます。聞くものの心臓に突き刺さってくるようなトライアングルの響きがあちこちに明滅する光景は、それはそのまま、苛立ちと不安にさいなまれつつあるナチス政権下のドイツにおけるユダヤ人の日常であるかのようです。
しかし、その事は抑圧されたものの感情ドラマとして演出されるのではなく、ヒンデミットがスコアに託した思いを、何も足さず何も引かず、またオーケストラにも余分な響きを盛ることもせず、ひたすらまっすぐにヒンデミットの代弁者であろうしたことによって成し遂げられています。
そして、その音楽を通して聞き手が様々な感情を抱いてくれるとしたら、それは演奏者である自分ではなくて、音楽を生み出したヒンデミットの貢献だと主張しているような演奏です。



【最近の更新(15件)/リスニングルームの更新履歴



[2021-10-14]

J.S.バッハ:音楽の捧げもの, BWV 1079(B面)
クルト・レーデル指揮:ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団 (Fl)クルト・レーデル (Vn)ヴォルフガング・.マルシュナー (Cello)ヴィルヘルム.シュネラー (Harpsichord)レナード・ホカンソン 1962年5月録音
こういう「緩さ」は何とも言えず救いとなる

[2021-10-13]

J.S.バッハ:音楽の捧げもの, BWV 1079(A面)
クルト・レーデル指揮:ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団 (Fl)クルト・レーデル (Vn)ヴォルフガング・.マルシュナー (Cello)ヴィルヘルム.シュネラー (Harpsichord)レナード・ホカンソン 1962年5月録音
こういう「緩さ」は何とも言えず救いとなる

[2021-10-12]

ヴォーン・ウィリアムズ:「すずめばち」(アリストファネス組曲)序曲
サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団 1953年6月15日~16日録音
イギリス訛りがバルビローリの一つの本性となっている

[2021-10-11]

ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調, Op.92
オットー・クレンペラー指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1962年11月3日録音
フィラデルフィアのクレンペラー

[2021-10-10]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 Op.110
(P)フリードリヒ・グルダ 1953年11月26日録音
見晴らしのいい爽快で新鮮でしかも深いベートヴェン

[2021-10-09]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第5番ニ長調, HWV 323
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音
溢れるほどの活力に溢れた人物でした

[2021-10-08]

コダーイ:「ガランタ舞曲」
フェレンツ・フリッチャイ指揮 RIAS交響楽団 1953年9月14日録音
舞曲という枠をはるかに超えた、堂々たる管弦楽曲

[2021-10-07]

ディーリアス:フロリダ組曲
トマス・ビーチャム指揮:ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1956年11月10日,19日,21日~22日&12月14日録音
唯一、ディーリアスと一体化できた指揮者

[2021-10-06]

リスト:ファウスト交響曲
アタウルフォ・アルヘンタ指揮 パリ音楽院管弦楽団 1955年6月10日~11日&13日~14日録音
解像度の高いバランスの良い響き

[2021-10-05]

J.S.バッハ:チェンバロ協奏曲第4番 イ長調 BWV 1055
(Cembalo)ラルフ・カークパトリック:ルドルフ・バウムガルトナー指揮 ルツェルン音楽祭弦楽合奏団 1960年10月3日~5日録音
時代の分かれ目

[2021-10-04]

モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551「ジュピター」
オットー・クレンペラー指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1962年11月3日録音
フィラデルフィアのクレンペラー

[2021-10-03]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 Op.109
(P)フリードリヒ・グルダ 1953年11月26日録音
見晴らしのいい爽快で新鮮でしかも深いベートヴェン

[2021-10-02]

ハイドン:交響曲101番 ニ長調 「時計」 Hob. I:101
カール・リヒター指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1961年3月17日-20日録音
一点一画も疎かにしない演奏

[2021-10-01]

リムスキー=コルサコフ:「金鶏」組曲
アンタル・ドラティ指揮 ロンドン交響楽団 1959年6月6日録音
録音の良さをアピールするかのようにキッチリと整理された見通しの良い音楽を作り上げている

[2021-09-30]

チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調, Op.36
ロリン・マゼール指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1960年6月録音
奥深い世界にこの若造は入っていけない

リスニングルームの更新履歴

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。


HELP

ご意見・ご感想

MP3データベース

FLACデータベース

リンク集

アンケートのアーカイブ


【ランダム検索】

[2007-03-06]

[2017-01-07]

[2017-10-15]

[2014-07-01]

[2006-05-11]

[2017-10-24]

[2007-10-09]

[2009-07-28]

[2012-02-18]

[2015-07-20]


万葉集を読む



[2019-07-09]

[2019-07-05]

[2019-07-01]

[2019-06-18]

[2019-06-05]


クラシック音楽への第一歩~ここから聞きたい50曲



[2017-09-22]

[2017-09-18]

[2015-11-14]

[2015-09-06]

[2015-09-06]

[2015-08-10]

[2015-06-27]