クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでミュンシュのCDをさがす
Home|ミュンシュ|シューマン:マンフレッド序曲 作品115

シューマン:マンフレッド序曲 作品115

シャルル・ミュンシュ指揮 ボストン交響楽団 1959年10月5日録音



Schumann:Manfred Overture, Op115


流浪の旅を続けるマンフレッド

バイロンの詩劇「マンフレッド」に触発されて作曲されたもので、序曲と15の場面かな成り立っています。しかし、序曲だけは非常に有名であるのに対して、それに続く15の音楽が演奏されることはほとんどありません。
やはり、オペラでもなければオラトリオでもない、「詩劇」というスタイルが今の時代にはマッチしないのでしょうか。

また、バイロンの「マンフレッド」も、今ではどの程度のポピュラリティがあるのかも疑問です。少なくとも、日本でこの題名を聞いてシューマンの序曲を思い出す人はいても、バイロンの作品を思い出せる人は少数でしょう。
流浪の旅を続けるマンフレッドが、かつて捨て去った女性(アスタルテ)の霊と地下の国で会い、その許しを得ることで救われるという話です。

そして、このバイロンの作品全体を総括するような音楽がこの序曲なのですが、それはストーリーを標題音楽的にまとめるのではなくて、物語の中でシューマンが感じとったマンフレッドの姿を純粋器楽の形式で表現したものになっています。


オケが完璧に鳴りきっているがゆえに他の指揮者では聞けない「熱さ」に満ちあふれている

シューマン:交響曲第1番 変ロ長調 「春」作品38の演奏へのコメントです
第1楽章の導入部はミンシュにしてはゆったりとした感じで入ってくるのですが、主部に入るやいなや、まってましたとばかりの快速テンポで駆けだしていきます。
しかし、その後はどちらかと言えば真っ当なテンポと造形で、続く第2楽章のラルゲットもしみじみと入念に歌い上げています。

そして、その流れは続く楽章にも引き継がれ、全体としては非常に真っ当なシューマンに仕上がっています。
考えてみれば、第1楽章冒頭の導入部は「Andante un poco maestoso」で、それに続く主部は「Allegro molto vivace」です。

少しばかり荘重な足取りでゆったりと歩んできたものが、一気にかけ出せと指示しているのですから、このミュンシュのやり方が真っ当だと言うことになります。しかし、ここまで見事にギアを入れ替えて風景を一変させる演奏も珍しいのではないでしょうか。

しかしながら、このミュンシュの処理が作曲家の指示に従った真っ当なものだとすると、音楽全体も全てが真っ当な仕上げになっていると言うことになります。スコアを見ながらキッチリと確認したわけではないですが、奇異なことは一切していないように思います。
ただし、シューマンらしい少しばかりくすんだ響きでありながら、オケは完璧に鳴りきっています。
その完璧に鳴りきっているがゆえに、音楽には他の指揮者では聞けない「熱さ」に満ちあふれることになります。そして、そう言うミュンシュの指揮に余裕でついて行くボストン響の上手さにはあらためて感心させられます。

シューマンの交響曲というのはオケにとっては難物らしいですが、そう言う危うさは微塵も感じさせません。

随分昔の話になるのですが、知人が所属していた市民オケが何を間違ったのか定期公演でこの作品を取り上げた事があったそうです。その演奏会は、そのオケの黙示録に長く刻み込まれる「地獄絵図」となったそうです。
それ以後、そのオケではシューマンの交響曲は永遠に封印されることになったとか・・・。。

まあ、較べるのが間違いなのですが・・・。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



4137 Rating: 3.7/10 (22 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2022-10-03]

ベルリオーズ:ヴィオラ独奏付き交響曲 「イタリアのハロルド」
コリン・デイヴィス指揮:(Viola)ユーディ・メニューイン フィルハーモニア管弦楽団 1962年10月16日&22日~23日録音

[2022-10-02]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調, Op.74 「ハープ」
レナー弦楽四重奏団:1932年3月10日&14日録音

[2022-10-01]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:ハンス・ミュラー=クライ指揮 南ドイツ放送交響楽団 1953年録音

[2022-09-30]

ハイドン:ピアノ三重奏曲第39番 ト長調, Hob.XV:25「ジプシー」
(Cell)パブロ・カザルス:(P)アルフレッド・コルトー (Vn)ジャック・ティボー 1927年6月20日録音

[2022-09-29]

リヒャルト・シュトラウス:楽劇「サロメ」より7つのヴェールの踊り
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1962年11月15日録音

[2022-09-28]

ヘンデル:フルート・ソナタ イ短調 「ハレ・ソナタ第1番」 HWV 374
(Fl)ジョン・ウンマー:(Harpsichord)フェルナンド・ヴァレンティ (Cello)アルド・パリゾット 1954年録音

[2022-09-27]

バッハ :平均律クラヴィーア曲集 第2巻(BWV 882‐BWV 887)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:1951年9月~1954年3月録音

[2022-09-26]

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調, Op.18
(P)レフ・オボーリン:アレクサンドル・ガウク指揮 モスクワ・ラジオ交響楽団 1951年10月20日録音

[2022-09-25]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調, Op.59-3 「ラズモフスキー第3番」
レナー弦楽四重奏団:1926年11月7,8&29日録音

[2022-09-24]

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調, Op.33
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:グレゴリー・ストリャーロフ指揮モスクワ放送交響楽団 1953年録音