クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでミュンシュのCDをさがす
Home|ミュンシュ|ドビュッシー:3つの交響的スケッチ「海」

ドビュッシー:3つの交響的スケッチ「海」

シャルル・ミュンシュ指揮 ボストン交響楽団 1956年12月9日録音



Debussy:La Mer, trois esquisses symphoniques [1.De l'aube a midi sur la mer]

Debussy:La Mer, trois esquisses symphoniques [2.Jeux de Vagues]

Debussy:La Mer, trois esquisses symphoniques [3.Dialogue du Vent et de la Mer]


ドビュッシーの管弦楽作品を代表する作品

「牧神の午後への前奏曲」と並んで、ドビュッシーの管弦楽作品を代表するものだと言われます。
そう言う世間の評価に異議を唱えるつもりはありませんが、率直な感想としては、この二つの作品はたたずまいがずいぶん違います。

いわゆる「印象派」と呼ばれる作品ですが、この「海」の方は音楽に力があります。
そして曖昧模糊とした響きよりは、随分と輪郭線のくっきりとした作品のように思えます。

正直申し上げて、あのドビュッシー特有の茫漠たる響きが好きではありません。
眠たくなってしまいます。(^^;

そんな中でも聞く機会が多いのががこの「海」です。

作曲は1903年から1905年と言われていますが、完成後も改訂が続けられたために、版の問題がブルックナー以上にややこしくなっているそうです。

一般的には「交響詩」と呼ばれますが、本人は「3つの交響的スケッチ」と呼んでいました。
作品の雰囲気はそちらの方がピッタリかもしれません。

描写音楽ではありませんが、一応以下のような標題がつけられています。


  1. 「海の夜明けから真昼まで」

  2. 「波の戯れ」

  3. 「風と海との対話」





キラキラとした色彩感に満ちた波立ちの海ではなくて、ねっとりとしたうねりを伴った海です

退職をしてからオーディオ関係のつながりが増えてきました。つまりはそう言う場に顔を出すことが多くなり、そう言う中で知り合ってお互いのお宅を訪問し会う機会が増えたからです。
そんな中で気づいたのは、ドビュッシーに代表されるようなフランス系の音楽が好きだという人はあまり多くないという事実です。私自身もドビュッシーは苦手だと公言してきたのですが、どうやらそれは私だけではなくて、かなり狭い範囲の中での話であるかもしれないのですが、同じような趣向を持った人は少なくないようなのです。

おそらくは、その茫洋とした響きがオーディオ的にはあまり魅力を感じにくいのかもしれません。
しかしながら、このミュンシュ&ボストン響による録音を聞くと、それはドビュッシーの責任と言うよりは、それを演奏した側に原因があるのではないかと思わせられます。

はっきり言って、ミュンシュが描き出す「海」は軽やかに燦めく「海」ではありません。
オーディオ的に「海」が今ひとつ面白く感じられないのは、それが何処までいっても薄めの響きであまり大きな変化が感じられないからです。いや、それはドビュッシーのせいではなくて、そのスコアをひたすら精緻に再現しようとした結果としてそうなってしまっている場合が多いのです。
しかしながら、このミュンシュの「海」はかなり重みのある「海」になっています。それは、キラキラとした色彩感に満ちた波立ちの海ではなくて、ねっとりとしたうねりを伴った海なのです。ただし、そのうねりの中に内部の細かい見通しは埋没していないので、ドビュッシーが念入りに書き込んだであろう響きの多様性は見事に再現されています。しかし、再現はされていても、それは昨今よく耳にする「精緻」さとは本質的に異なった演奏であることも事実です。

この録音を聞いていて気づいたのは、私がどこかでこの作品が気に入らなかったのは、そう言う本来はしっかりと書き込まれていたであろう多彩な響きが、精緻さを追求した結果として、その多彩さが軽やかな燦めきの中に全てが埋没してしまっているものが多かったからかもしれません。
しかしながら、ミュンシュの録音からは軽さと重さ、暗さと燦めき、柔らかさと硬質なものというが見事に表現されていることに気づきますし、それに気づくためにはオーディオ的には結構挑戦のしがいがある録音であることにも気づかされます。

1956年という古い録音なのですが、このステレオ初期にRCAがどれほど高いレベルを実現していたかがよく分かる録音でもあります。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3963 Rating: 5.6/10 (34 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2022-10-03]

ベルリオーズ:ヴィオラ独奏付き交響曲 「イタリアのハロルド」
コリン・デイヴィス指揮:(Viola)ユーディ・メニューイン フィルハーモニア管弦楽団 1962年10月16日&22日~23日録音

[2022-10-02]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調, Op.74 「ハープ」
レナー弦楽四重奏団:1932年3月10日&14日録音

[2022-10-01]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K.216
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:ハンス・ミュラー=クライ指揮 南ドイツ放送交響楽団 1953年録音

[2022-09-30]

ハイドン:ピアノ三重奏曲第39番 ト長調, Hob.XV:25「ジプシー」
(Cell)パブロ・カザルス:(P)アルフレッド・コルトー (Vn)ジャック・ティボー 1927年6月20日録音

[2022-09-29]

リヒャルト・シュトラウス:楽劇「サロメ」より7つのヴェールの踊り
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1962年11月15日録音

[2022-09-28]

ヘンデル:フルート・ソナタ イ短調 「ハレ・ソナタ第1番」 HWV 374
(Fl)ジョン・ウンマー:(Harpsichord)フェルナンド・ヴァレンティ (Cello)アルド・パリゾット 1954年録音

[2022-09-27]

バッハ :平均律クラヴィーア曲集 第2巻(BWV 882‐BWV 887)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:1951年9月~1954年3月録音

[2022-09-26]

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調, Op.18
(P)レフ・オボーリン:アレクサンドル・ガウク指揮 モスクワ・ラジオ交響楽団 1951年10月20日録音

[2022-09-25]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調, Op.59-3 「ラズモフスキー第3番」
レナー弦楽四重奏団:1926年11月7,8&29日録音

[2022-09-24]

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調, Op.33
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:グレゴリー・ストリャーロフ指揮モスクワ放送交響楽団 1953年録音