クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでバルビローリのCDをさがす
Home|バルビローリ|エルガー:交響曲第1番 変イ長調 作品55

エルガー:交響曲第1番 変イ長調 作品55

サー・ジョン・バルビローリ指揮 ハレ管弦楽団 1956年12月11日~12日録音



Elgar:Symphony No.1 in A-flat major, Op.55 [1. Andante. Nobilmente e semplice]

Elgar:Symphony No.1 in A-flat major, Op.55 [2.Allegro molto]

Elgar:Symphony No.1 in A-flat major, Op.55 [3.Adagio}

Elgar:Symphony No.1 in A-flat major, Op.55 [4.Lento - Allegro]


イギリス最初の交響曲

 イギリスは音楽創作の分野では長く不毛の地でした。それこそ何百年にもわたってイギリスは音楽を消費するだけで、たまに活躍する人が現れてもそれはヘンデルやハイドンなどの外国人でした。そんなイギリスにあって、それこそヘンリー・パーセル以来、久々に登場した世界レベルの作曲家、それがエルガーでした。ですから、イギリス人のエルガーに対する思い入れは大変なものがあります。そして、エニグマ変奏曲や威風堂々等で世界的名声を博したこの作曲家にイギリスの人々が求めたのは「交響曲」でした。何しろ、クラシック音楽の王道とも言うべき交響曲をイギリス人で作曲した人はいなかったのですから。(世界的には通用しないような作品なら作曲した人がいたのかもしれませんが、そんな作品はすでに歴史の彼方に消え去ってしまっています。)
 おそらく、この期待はエルガーにとって大変なプレッシャーであったろうと想像されます。しかし、彼はそのプレッシャーに潰されることなく、ついに50歳を迎えた1907年に創作に着手し、翌08年に完成させます。そして、その年の暮れにハンス・リヒター指揮、ハレ管弦楽団のコンビで初演が行われ、熱狂的な成功をおさめます。指揮棒をとったリヒターも「当代最高の交響曲」と絶賛したことで、翌09年には100回を超える演奏が行われました。
 オペラならば、一度あたれば劇場で繰り返し演奏されるのですが、交響曲の成功でこんなにも演奏されるとは希有のことです。それは、裏返してみれば、いかにイギリス人が自国の作曲家による交響曲を待ちわびていたかの証左だったともいえます。
 しかし、残念ながら、現在からこの作品を眺めてみれば、「えっ?エルガーって交響曲も作曲していたの?」なんて言われるのがオチでしょう。やはり、ドーバー海峡を越えた大陸側で作曲された幾多の交響曲と比べると構成の弱さや後期ロマン派の後追いと言われるオリジナリティの稀薄さが気になります。
 とはいえ、冒頭の主題(全曲を貫くモットーとしての役割を果たしている)が何度も繰り返されながら次第に気分が高揚していく第1楽章はなかなかに感動的ですし、その主題が最後にもう一度現れて作品を締めくくるフィナーレもなかなかに素晴らしいです。そして、静かで美しい叙情性に満ちた第3楽章の風情も聴くものを捉えてはなさい魅力があります。
 「えっ?エルガーって交響曲も作曲していたの?」と言う人は多いと思いますが、決して聞いて損はない作品です。


この音符を愛してください。

「この音符を愛してください。」とバルビローリは常にオーケストラプレイヤーに語りかけていたそうです。エルガーとバルビローリと言えば定番中の定番とも言うべき組み合わせですが、その演奏を聴くたびにこのバルビローリの言葉が思い浮かびます。
どちらかと言えばゆったりとしたテンポで一つ一つの音符を慈しむように、そしてその余韻を確かめ時には振り返るような風情は、まさにエルガーの全ての音符を愛したバルビローリならではの演奏です。
なお、バルビローリは1962年にもフィルハーモニア管でこの交響曲を録音していて、一般的にはそちらの方が世間に流布しています。しかし、このハレ管との間で録音された56年盤もそれに劣ることのないすぐれた演奏です。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



953 Rating: 7.2/10 (212 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2009-05-25:Sammy





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2022-09-26]

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調, Op.18
(P)レフ・オボーリン:アレクサンドル・ガウク指揮 モスクワ・ラジオ交響楽団 1951年10月20日録音

[2022-09-25]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調, Op.59-3 「ラズモフスキー第3番」
レナー弦楽四重奏団:1926年11月7,8&29日録音

[2022-09-24]

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調, Op.33
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:グレゴリー・ストリャーロフ指揮モスクワ放送交響楽団 1953年録音

[2022-09-23]

ブラームス:交響曲第4番 ホ短調, Op.98
カール・シューリヒト指揮:北西ドイツ交響楽団 1958年8月7日録音

[2022-09-22]

ビゼー:子供の遊び(管弦楽版小組曲)
エドドゥアルド・リンデンベルグ指揮 パリ音楽院管弦楽団 1953年6月12日~25日録音

[2022-09-21]

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」, Op. 20
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1960年11月13日録音

[2022-09-20]

バッハ :平均律クラヴィーア曲集 第2巻(BWV 876‐BWV 881)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:1951年9月~1954年3月録音

[2022-09-19]

モーツァルト:木管楽器のための協奏交響曲 変ホ長調K.297b(Anh.C14.01)
ヘンリー・スウォボダ指揮 ウィーン国立歌劇場室内管弦楽団 ウィーン・フィルハーモニー木管グループ 1949年録音

[2022-09-18]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調, Op.59-2 「ラズモフスキー第2番」
レナー弦楽四重奏団:1938年9月15日録音

[2022-09-17]

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調, Op.104
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:ボリス・ハイキン指揮 モスクワ放送交響楽団 1957年録音