クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


AmazonでCDをさがすAmazonでセルのCDをさがす

Home|セル|ベートーベン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」

ベートーベン:交響曲第3番 変ホ長調 作品55「英雄」


セル指揮 クリーブランド管弦楽団 1957年2月22日〜23日録


無人島の一枚

こういうサイトを運営しているとお正月というのは特別な意味があります。それは、50年という時の流れによって、著作権という檻から解き放たれた作曲家や録音がパブリックドメインの仲間入りをするからです。
ですから、お正月には、その一年を象徴するような歴史的な意味のある録音をアップすることにしています。
昨年はグールドによるゴルドベルグ変奏曲をアップすることができました。
さて、今年はどうするかです。
まずは、ユング君にとっては特別な意味のあるセル&クリーブランド管弦楽団によるエロイカがパブリックドメインの仲間に入りました。よくある「無人島の1枚」という質問があれば、ユング君は躊躇うことなくこの一枚を選びます。ですから、普通ならこれで即決なのですが、今年は強力な対抗馬が存在します。
シベリウスです。
フィンランドの作曲家であるシベリウスはいわゆる「戦時加算」とは無縁で、死後50年ですっきりとパブリックドメインの仲間入りです。(世間では著作権の保護期間の延長をめぐって喧しいですが、クラシック音楽の世界ではシベリウスがこちら側に来れば、後は意味のある作曲家は片手ぐらいです。シェーンベルク、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィッチ・・・くらいかな?)
さて、このどちらを年明けの先頭バッターに選ぶべきかで少しばかり悩んだのですが、やはりユング君にとって特別な意味のあるセルのエロイカを選ぶことにしました。シベリウスの作品は2番バッターとして登場してもらうことにしましょう。

セルとクリーブランドはモノラルの時代にも4番・5番・6番を録音していますが、ベートーベンの交響曲を本格的に世に問うたのはステレオの時代になってからです。
少し整理してみますと、以下のようになります。

交響曲第3番 op.55 1957年2月22〜23日録音
交響曲第7番 op.92 1959年10月30日録音
交響曲第8番 op.93 1961年4月15日録音
交響曲第6番 op.68 1962年1月19〜20日録音
交響曲第4番 op.60 1963年4月5〜6日録音
交響曲第1番 op.21 1964年10月2日録音
交響曲第5番 op.67 1964年10月11&25日録音
交響曲第2番 op.36 1964年10月23日録音
交響曲第5番 op.67 1966年9月22日録音
交響曲第9番 op.125 1967年8月25日録音

最近は随分と手軽に「全集」を仕上げる指揮者が多いのですが、こうしてみると、セルとクリーブランドのコンビは一つ一つの作品を丁寧に取り組んでいって、その結果として全集に仕上がったことがよく分かります。それ故に、全ての作品がこの上もなく高い完成度を保持しています。
そして、その中でも最高の出来を示しているのがこのエロイカです。聞くところによると、この録音がエピックレーベルにとっても初めてのステレオによる録音だったようで、録音のクオリティに関しては不満が残る部分もあります。その事はセル自身も感じていたと思うのですが、結果的には全集として完成させるときに録りなおしはしていません。
理由はかんたんです。録音に少しの不満はあっても、演奏そのものは完璧だったからです。そして、その完成度はその後のこのコンビをしても凌駕することが不可能なレベルにまで達していたからです。
自己批判力の弱い指揮者というのはいとも簡単に再録音を行いますが、セルはその様なタイプの指揮者とは最も遠く離れた場所にいた指揮者でした。

エロイカという作品の魅力は、整理されきっていないが故の「巨大」さがあることです。その整理されきっていない部分を整理されないままに放り出して巨大さを演出したのがフルトヴェングラーだとすれば、整理されきっていない部分を徹底的に整理して、鋼鉄の肉体をもった英雄像を構築して見せたのがセルのエロイカでした。この両者を聞けば、とても同じ作品とは思えないほどです。
ですから、フルヴェンを最高と思う人にはセルのエロイカは我慢できない代物でしょうし、セルのエロイカが最高だと思う人にとっては、フルトヴェングラーは言うまでもなく、それ以外のいかなるエロイカをもってしても不満に感じることでしょう。
こういう演奏の聞き比べでナンバーワンを捜すことは愚かなことです。エロイカという巨大な作品に向き合ってそれぞれの指揮者とオケがいかに格闘したのかが重要です。
それにしても、セルのことを正確さだけを追求する「冷たい機械」などと誰が言い始めたのでしょうか。このエロイカの第1楽章の驀進するベートーベンを聴けば、彼の中にどれほどのパッションがたぎっていたかはすぐに分かるはずです。さらに、それに続く第2楽章、葬送行進曲の深い感情は大袈裟な身振りとは全く無縁ですが、まさに世阿弥が語った「秘すれば花」なりの世界が存在します。そして、圧巻なのは、鞭が撓るような鋼鉄の響きで構築されていく巨大な変奏曲形式による最終楽章です。
ここにこそ疑いもなく20世紀におけるオーケストラ芸術の頂点があります。ユング君はそう確信してきましたし、その確信は今後も揺らぐことはないでしょう。

音楽史における最大の奇跡


今日のコンサートプログラムにおいて「交響曲」というジャンルはそのもっとも重要なポジションを占めています。しかし、この音楽形式が誕生のはじめからそのような地位を占めていたわけではありません。
 浅学にして、その歴史を詳細につづる力はありませんが、ハイドンがその様式を確立し、モーツァルトがそれを受け継ぎ、ベートーベンが完成させたといって大きな間違いはないでしょう。

 特に重要なのが、この「エロイカ」と呼ばれるベートーベンの第3交響曲です。
 ハイリゲンシュタットの遺書とセットになって語られることが多い作品です。人生における危機的状況をくぐり抜けた一人の男が、そこで味わった人生の重みをすべて投げ込んだ音楽となっています。

 ハイドンからモーツァルト、そしてベートーベンの1,2番の交響曲を概観してみると、そこには着実な連続性をみることができます。たとえば、ベートーベンの第1交響曲を聞けば、それは疑いもなくモーツァルトのジュピターの後継者であることを誰もが納得できます。
 そして第2交響曲は1番をさらに発展させた立派な交響曲であることに異論はないでしょう。

 ところが、このエロイカが第2交響曲を継承させ発展させたものかと問われれば躊躇せざるを得ません。それほどまでに、この二つの間には大きな溝が横たわっています。

 エロイカにおいては、形式や様式というものは二次的な意味しか与えられていません。優先されているのは、そこで表現されるべき「人間的真実」であり、その目的のためにはいかなる表現方法も辞さないという確固たる姿勢が貫かれています。
 たとえば、第2楽章の中間部で鳴り響くトランペットの音は、当時の聴衆には何かの間違いとしか思えなかったようです。第1、第2というすばらしい「傑作」を書き上げたベートーベンが、どうして急にこんな「へんてこりんな音楽」を書いたのかと訝ったという話も伝わっています。

 それほどまでに、この作品は時代の常識を突き抜けていました。
 しかし、この飛躍によってこそ、交響曲がクラシック音楽における最も重要な音楽形式の一つとなりました。いや、それどことろか、クラシック音楽という芸術そのものを新しい時代へと飛躍させました。
 事物というものは着実な積み重ねと前進だけで壁を突破するのではなく、時にこのような劇的な飛躍によって新しい局面が切り開かれるものだという事を改めて確認させてくれます。

 その事を思えば、エロイカこそが交響曲というジャンルにおける最高の作品であり、それどころか、クラシック音楽という芸術分野における最高の作品であることをユング君は確信しています。それも、「One of the Best」ではなく、「The Best」であると確信しているユング君です。


関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



886 Rating: 8.7/10 (328 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2009-08-19:山上士


2010-05-11:あきちゃん


2010-06-24:愛知 大島


2010-10-15:onchan


2010-10-16:Joshua


2010-10-18:Joshua


2010-12-11:たつほこ


2011-04-09:クライバーファン


2012-10-06:エロイカ大好き


2012-10-12:エリ


2012-12-06:マオ


2013-01-06:Duke


2013-07-17:弥彦山


2014-03-26:nakamoto


2013-10-02:フランツ


2016-01-24:ヨシ様


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-08-23]

[2017-08-22]

[2017-08-21]

[2017-08-20]

[2017-08-19]

[2017-08-18]

[2017-08-17]

[2017-08-16]

[2017-08-15]

[2017-08-14]

[2017-08-13]

[2017-08-12]

[2017-08-11]

[2017-08-10]

[2017-08-09]

[2017-08-08]

[2017-08-07]

[2017-08-06]

[2017-08-05]

[2017-08-04]

[2017-08-03]

[2017-08-02]

[2017-08-01]

[2017-07-31]

[2017-07-30]