クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでカラヤンのCDをさがす
Home|カラヤン|ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92

ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92

カラヤン指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1951年11月28〜30日録音



Beethoven:交響曲第7番 「第1楽章」

Beethoven:交響曲第7番 「第2楽章」

Beethoven:交響曲第7番 「第3楽章」

Beethoven:交響曲第7番 「第4楽章」


深くて、高い後期の世界への入り口

 「不滅の恋人」は「アマデウス」と比べるとそれほど話題にもなりませんでしたし、映画の出来そのものもいささか落ちると言わなければなりません。しかし、いくつか印象的な場面もあります。(ユング君が特に気に入ったのは、クロイツェル・ソナタの効果的な使い方です。ユング君はこの曲が余りよく分からなかったのですが、この映画を見てすっかりお気に入りの曲になりました。これだけでも、映画を見た値打ちがあるというものです。)

 それにしても、「アマデウス」でえがかれたモーツァルトもひどかったが、「不滅の恋人」でえがかれたベートーベンはそれに輪をかけたひどさでした。
 第9で、「人類みな兄弟!!」と歌いあげた人間とは思えないほどに、「自分勝手」で「傲慢」、そしてどうしようもないほどの「エキセントリック」な人間としてえがかれていました。一部では、あまりにもひどすぎると言う声もあったようですが、ユング君は実像はもっとひどかったのではないかと思っています。
 
 偉大な音楽家達というものは、その伝記を調べてみるとはっきり言って「人格破綻者」の集まりです。その人格破綻者の群の中でも、とびきりの破綻者がモーツァルトとベートーベンです。
 最晩年のぼろ屑のような格好でお疾呼を垂れ流して地面にうずくまるベートーベンの姿は、そのような人格破綻者のなれの果てをえがいて見事なものでした。

 不幸と幸せを足すとちょうど零になるのが人生だと言った人がいました。これを才能にあてはめると、何か偉大なものを生み出す人は、どこかで多くのものを犠牲にする必要があるのかもしれません。

 この交響曲の第7番は、傑作の森と言われる実り豊かな中期の時期をくぐりぬけ、深刻なスランプに陥ったベートーベンが、その壁を突き破って、後期の重要な作品を生み出していく入り口にたたずむ作品です。
 ここでは、単純きわまるリズム動機をもとに、かくも偉大なシンフォニーを構築するという離れ業を演じています。(この課題に対するもう一つの回答が第8交響曲です。)
 特にこの第2楽章はその特徴のあるリズムの推進力によって、一つの楽章が生成発展してさまをまざまざと見せつけてくれます。

 この楽章を「舞踏の祝祭」と呼んだのはワーグナーですが、やはり大したものです。

そしてベートーベンはこれ以後、凡人には伺うこともできないような「深くて」「高い」後期の世界へと分け入っていくことになります。


ベートーベンの交響曲全集を軸にカラヤンを振り返ってみれば・・・

まず始めに断っておきますが、私はカラヤンの良い聞き手とは到底言えません。おそらく家中探してもカラヤンのレコードは50枚に満たないでしょう。それも、大部分が60年代までの古い録音ばかりで、70年代以降のものとなると数えるほどしかないはずです。
最近になってようやくにして彼の業績をきちんと振り返ってみようという気になり、まずは50年代のフィルハーモニア管弦楽団との仕事を聞き込んでいる段階です。ですから、以下述べることは長く彼を聞き続けてきた人にとっては何を今さら!!と言う内容でしょうが、長年のアンチ・カラヤンによる再評価の戯言としてお聞き流しください。

さて、アンチ・カラヤン派からは、「星の屑」ほど録音を残した冷やかされるカラヤンですからベートーベンの交響曲全集もたくさん残しています。
調べてみると、以下の6回です。
1951〜1955年:フィルハーモニア管弦楽団
1961〜1962年:ベルリンフィル
1971〜1973年:ベルリンフィル(映像作品)
1975〜1977年:ベルリンフィル
1982〜1984年:ベルリンフィル
1982〜1964年:ベルリンフィル(映像作品)

このうち映像作品に関しては全くの未聴ですし、80年代の全集も他人様のCDを借りて聞いたことがあるだけです。しかし、残りの全集は一応手元にありますし、特に60年代の全集は私が初めて購入したベートーベンの交響曲全集なので、若い頃にかなり聞き込んでいます。
その経験からまず気づくのは、少なくとも最初の3種類の全集はそれぞれに存在価値を持っていると言うことです。もしも、80年代の老醜をさらすような全集さえリリースしていなければ、彼はベートーベンに関しては実に意味のある活動を展開したと言えたはずです。
しかし、最晩年に老醜をさらすような業績を残してしまうのは何もカラヤンに限ったことではありませんし、ベー○や朝○奈なんかと比べればまだしも落ち込みは少なかった方だとは言えます。
しかし、私には老醜としか思えないような80年代の録音も含めて概観してみれば、彼は10年ごとに己のベートーベン像を問うていたと言えます。

まずは、彼が初めてベートーベンに挑戦したのがレッグとのコンビによって成し遂げられたフィルハーモニア管弦楽団との全集です。
私がこの録音を聞いたのはベルリンフィルによる3種類の全集を全て聞いてからのことでした。つまり、カラヤンにとっては最初のチャレンジだったこの録音を、私個人としては一番最後に聞いたことになります。
私はベートーベンの全集を聞くときは必ず「エロイカ」から聞くことにしています。そして、冒頭の和音が鳴り響いて低弦が第1主題を提示する部分を聞いただけで、すっかり驚かされてしまいました。それは、私の予想に反してあまりにも当たり前すぎるほどのテンポで始められたからです。
ベルリンフィルを相手に初めて完成させた60年代の全集ではまさに「若きカラヤン」という感じの颯爽たる快速テンポで全曲が貫かれていました。ですから、私の中になんの根拠もなく50年代のフィルハーモニア管との録音ではさらに若さにあふれた演奏が展開されていると思っていたのです。
ところが、スピーカーから流れ出した音楽は、あまりにもありふれた「スタンダードなベートーベン像」です。
部分的にはオケを煽り立てていくようなところもあるのですが、それは作品そのものがその様な面をもっているからであって、決してあざとさは感じさせません。
カラヤンと言えば「俺が俺が」という自己主張が前面に出て、どんな作品を振っても全てがカラヤン色に染められてしまうものだと思っていただけに、このあまりにも謙虚なスタンスには正直言って驚かされました。そこには「帝王カラヤン」のおごりは微塵もなく、ひたすらベートーベンの音楽に仕える真摯な姿がうかがえるだけです。

そう言えば、この時代のカラヤンは「ドイツのトスカニーニ」と呼ばれたこともあるそうですが、この50年代の録音を聞くとトスカニーニよりはワインガルトナーなんかの方がより近しいのではないかと思ってしまいます。奇をてらわず音楽を自然な形で構築していく姿はそう言う先人たちの姿にだぶるものがあります。しかし、音楽の造形という点では、オケの力量に開きがありすぎるからでもありますが、より引き締まった筋肉質な作りにはなっています。
ぼんやり聞いていると、この50年代のフィルハーモニア管弦楽団との録音は特徴のない面白味のないものに聞こえるかもしれません。しかし、一切のはったりを排して音楽をあるがままに造形することでこれほども説得力の強いものを作っていくというのはなかなかどうして、並大抵の力量ではありません。
そして、60年代の全集を貫いているあの快速テンポが、あまりにも正統的なチャレンジで完成させた50年代の全集に対する新たな挑戦であったことにも気づかされます。
おそらく、何も聞かされずにこの2つの全集を提示されれば、ほとんどの人が60年代の録音の方が若い時代の録音だと答えるでしょう。それほどまでに、颯爽たる若さを積極的に演出したのが60年代のベルリンフィルを相手に完成させた全集だったといえます。

そして、70年代の録音は私たちがよく知っているカラヤン美学に貫かれたベートーベン像が提示されています。
カラヤン美学とは徹底したレガート奏法と、ピッチを高めに調整した弦楽器群の輝かしい響きによって聞き手を陶酔させることを何よりも大切にした美学だったと言えます。(うーん、ちょっと大雑把すぎるかな・・・?)
ですから、ベルリンフィルを完全に手中に収めて全ての録音にその美学を徹底させてからは、どんな作品を演奏してもその美学が前面出てしまっているように聞こえました。その事が少なくない人をカラヤンを嫌いにした理由ともなりましたし、逆に彼を「帝王カラヤン」に祭り上げていった原動力ともなりました。
そして、70年代の全集はベートーベンに対してもその様な美学を適用したらどうなるかを問うたものでした。
ですから、70年代以降のカラヤン美学に惚れ込んだ人にとってはこの全集こそがベストだと断ずるでしょうし、私のような者にとっては出来れば敬遠したい録音だと言うことになります。
しかし、そう言うアプローチへの評価はいろいろ分かれるかもしれませんが、全く何の意味もなく同じ作品を「星の屑」ほど録音したという批判はこの3種類の録音に対してはあてはまりません。

そして最後の80年代における最晩年の全集です。
こればかりは、いったいどの様な意味があって録音したのかは全くもって私には図りかねます。おそらくは己の美学をより徹底した形で残したかったのでしょうが、その緩みきった演奏を聴かされると成功しているとは言い難いです。何よりもその方向性であれば70年代の仕事で十分やりきっているわけですから、出来れば誰か止める人がいれば良かったと思ってしまいます。もっとも、それが止められないのが老いの悲しさなのかもしれません。

と言うことで、個人的には50年代のフィルハーモニア管弦楽団との全集か、60年代のベルリンフィルとの全集が好ましく思えます。もしどちらか一つと言われれば録音の問題もありますので一般的にはベルリンフィルとの全集を選ぶんでしょうか。そう言えば、グラモフォンがSA-CD化にあたって選んだのもこの 1回目の全集でした。
もし、録音の問題にこだわらないのであれば、このフィルハーモニア管弦楽団との全集がもっとも好ましく思えます。しかし、ベートーベンの交響曲という巨峰に対してかくも多様なアプローチを試みて、それぞれで高い完成度を示したと言うことは、やはりカラヤン恐るべしと言わざるを得ません。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



822 Rating: 5.8/10 (156 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2012-11-01:イクコ


2012-12-30:ベートーヴェン


2013-01-05:カラヤン・ファン





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-11-22]

ベートーベン:ピアノ三重奏曲 変ロ長調 WoO.39(第8番)
ボザール・トリオ 1964年録音

[2019-11-21]

シベリウス:交響詩「タピオラ」 Op. 112
ロベルト・カヤヌス指揮 ロンドン交響楽団 1932年6月29日&30日録音

[2019-11-20]

グリーグ:ノルウェー舞曲 Op.35
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1951年1月3日~5日録音

[2019-11-19]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第4番ト長調 , K.41
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1966年9月10日~19日録音

[2019-11-18]

グリーグ:ペール・ギュント組曲 第2番 Op.55
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1950年12月30日録音

[2019-11-17]

シューベルト:交響曲第8(9)番 ハ長調 「ザ・グレート」 D.944
ルネ・レイボヴィッツ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1962年1月16日~17日録音録音

[2019-11-16]

グリーグ:ペール・ギュント組曲 第1番 Op.46
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1950年12月30日録音

[2019-11-15]

ベートーベン:ヴァイオリンソナタ第10番 ト長調 Op.96
(Vn)ジノ・フランチェスカッティ (P)ロベール・カサドシュ 1958年5月12日~17日録音

[2019-11-14]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年1月26日録音

[2019-11-12]

ラヴェル:弦楽四重奏曲 ヘ長調
パレナン弦楽四重奏団:1950年代初頭録音