クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでヴァルヒャのCDをさがす
Home|ヴァルヒャ|バッハ:アラ・ブレーヴェ ニ長調 BWV589

バッハ:アラ・ブレーヴェ ニ長調 BWV589

ヴァルヒャ:1952年9月16日録音



Bach:アラ・ブレーヴェ ニ長調 BWV589


荘重様式

普通、<アラ・ブレーヴェ>というのは「二分音符を1拍と数える」ことを示す言葉ですが、バッハの時代には古い様式で書かれていることを示すためにこの<アラ・ブレーヴェ>という言葉が使われることもあったようです。この古い様式というのは<アラ・ブレーヴェ>と言う言葉から想像される速いテンポではなくて、ゆったりとした荘重な音楽をイメージしていました。ですから、この作品も音楽の切れ目がハッキリとしないで、音が次から次へとつながっていきます。それがいわゆる「荘重な雰囲気」を醸し出しているといえます。また、4声からなるこの作品は、それぞれの声部に主題を構成している動機が顔を出すために、帰って主題が浮かび上がりにくいという不思議な雰囲気を持っていて、その事が作品全体に「荘重な雰囲気」をただよわせる一因ともなっています。
と、ここまで書いておきながら、実は最近の研究ではこの作品はバッハの真作ではないという見方が有力になってきています。もちろん、ヴァイマール時代の若き日の作品のと言う見方も否定されてはいないのですが、何とも言えない取り留めのなさゆえにか、偽作派が最近は有力なようです。


ヴァルヒャ略歴

ライプチヒで1907年に生まれています。16才で失明するものの、ライプチヒ音楽院でギュンター・ラミーンに師事して1924年にオルガニストとしてデビューします。さらに、1926年には聖トーマス教会のオルガニストにも就任します。
第2次大戦後には三王教会のオルガニストにも就任し、165曲にもの上るバッハのオルガン作品の演奏と講義を行いました。彼の演奏は外面的な効果で作品を彩ることを拒絶し、きわめて厳格で峻厳なバッハ像を作り上げることで、バッハをロマン主義的歪曲から救い出したと評されています。
その後、10年近くにもわたって続けられたバッハのオルガン作品の録音は、長くバッハ演奏のスタンダード的な位置を占めてきました。

1991年にフランクフルトで没。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



784 Rating: 5.0/10 (127 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2022-06-24]

ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調, Op.21
カール・シューリヒト指揮:ウィーン・フィルハーモニ管弦楽団 1952年5月27日~30日録音

[2022-06-23]

ベートーヴェン:チェロ・ソナタ第5番 ニ長調 Op. 102-2
(Cell)アントニオ・ヤニグロ (P)カルロ・ゼッキ 1952年録音

[2022-06-22]

モーツァルト:管楽器のための協奏交響曲 変ホ長調, K.297b
カール・ベーム指揮 (Ob)カール・シュタインス (Cl)カール・ライスター (Hr)ゲルト・ザイフェルト (Fagott)ギュンター・ピースク ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1966年2月録音

[2022-06-21]

ベートーベン:ピアノ三重奏曲第7番 変ロ長調 「大公」, Op.97
(Cell)パブロ・カザルス:(P)アルフレッド・コルトー (Vn)ジャック・ティボー 1928年11月18日~19日

[2022-06-20]

ディーリアス:春を告げるかっこうを聞いて
アンソニー・コリンズ指揮 ロンドン新交響楽団 1953年2月23日~2日5録音

[2022-06-19]

ワーグナー:「ニュルンベルクのマイスタージンガー」前奏曲
ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン交響楽団 1951年11月9日録音

[2022-06-18]

メンデルスゾーン:「夏の夜の夢」 作品21&61 より(抜粋)
ハインツ・ワルベルク指揮 フィルハーモニ・プロムナード管弦楽団 1961年録音

[2022-06-17]

ガーシュイン:パリのアメリカ人
スタンリー・ブラック指揮 ロンドン・フェスティヴァル管弦楽団 1966年発行

[2022-06-16]

J.S:バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ第6番 ト長調 BWV 1019
(Vn)ラインホルト・バルヒェット:(Cembalo)ロベール・ヴェイロン=ラクロワ 1960年録音

[2022-06-15]

シベリウス:交響曲第2番 ニ長調 Op.43
タウノ・ハンニカイネン指揮 シンフォニア・オブ・ロンドン 1959年録音