クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでヴァルヒャのCDをさがす
Home|ヴァルヒャ|バッハ:カンツォーナ ニ短調 BWV588

バッハ:カンツォーナ ニ短調 BWV588

ヴァルヒャ:1952年9月15日録音



Bach:カンツォーナ ニ短調 BWV588


名前つき・・・?

バッハのオルガン作品というのは素っ気ない名前のものが多いですね。「前奏曲とフーガ 〇〇調」とか、「トッカータとフーガ 〇〇調」なんて具合です。
もちろん、バッハ自身がそう言う名前をつけたのではなくて、後世の音楽学者が作品を識別するためのID番号みたいな感じでネーミングしたためにそう言う素っ気ない名前になったんでしょうね。
話はそれますが、クラシック音楽というのはどうしてこうも素っ気ないID番号みたいなネーミングが多いのでしょう。「ブランド」という概念が大きな意味を持つ今の時代からは考えられない無頓着さです。しかし、逆に言えば、素敵なネーミングがついているがゆえに内実以上に大きな成功をおさめている作品をいくつもあげることができます。
例えば、ドヴォルザークの9番。もしも「新世界より」というネーミングがなければこれほどのポピュラリティを獲得し得たでしょうか?内実から見れば8番の交響曲やチェロ協奏曲の方がすぐれていると思うのですが、ポピュラリティの面では9番に大きな差をつけられています。
マーラーは結構ネーミングに凝った方だと思うのですが、それでも最高傑作だと思える9番にネーミングがないのが何とも残念です。ブルックナーにいたっては、そう言う「努力」を一切していないのでとっかかりになる「親しみ」というものが全く欠落しています。おまけに、内実の方も全曲を聞き通すだけでも根性のいる作品となると、ますますマニア御用達の作品となってしまいますね。

閑話休題(^^;

さて、話をバッハのオルガン作品に戻しますと、そう言う素っ気ないネーミングの中に、ほんの少しだけ「おやっ?」と思わせるような個性的な名前を発見します。
「パッサカリア」「カンツォーナ」「アラ・ブレーヴェ」「パストラーレ」などです。
もっとも、パッサカリアというのは音楽形式をあらわす普通名詞ですし、カンツォーナというのはイタリア語で「歌」を表す言葉です。アラ・ブレーヴェというのも「二分音符を1拍と数えなさい」という指示を表す言葉ですし、パストラーレもキリストの誕生を祝う音楽につけられる一般的な名称でした。
その意味では、ロマン派の音楽家たちが必死で頭絞ってつけたネーミングとは全く異なるものなのですが、それでもID番号のようなネーミングの群れに投げ込まれると十分に個性的に見えます。

なお、これらの作品は全てヴァイマール時代の作品だと見なされています。そして、当時のバッハは音楽先進国だったイタリアの動向を必死で勉強していて、「カンツォーナ」「アラ・ブレーヴェ」「パストラーレ」等の作品ははその様な「勉強」の成果を確かめるための作品だったようです。

「カンツォーナ」は当時はやっていた「シャンソン」を器楽用に編曲した作品のことを指し示す言葉だったのですが、これを器楽作品としてより意味のあるものに仕立て上げていったのがフレスコヴァルディでした。彼は、シャンソンの「歌」の主題を様々な技巧で変奏させていくというスタイルを確立し、これが後のフーガ形式の原型になっていきました。
バッハはこの作品において、そのようなフレスコヴァルディの技法を忠実に再現して作品を仕上げていますので、どちらかというと勉強の成果を確かめる意味合いの方が大きかったのだろうと想像できます。しかし、それでもバッハはバッハであり、全体として強い緊張感が支配している雰囲気は単なる模倣の域を超えていることは確かです。


ヴァルヒャ略歴

ライプチヒで1907年に生まれています。16才で失明するものの、ライプチヒ音楽院でギュンター・ラミーンに師事して1924年にオルガニストとしてデビューします。さらに、1926年には聖トーマス教会のオルガニストにも就任します。
第2次大戦後には三王教会のオルガニストにも就任し、165曲にもの上るバッハのオルガン作品の演奏と講義を行いました。彼の演奏は外面的な効果で作品を彩ることを拒絶し、きわめて厳格で峻厳なバッハ像を作り上げることで、バッハをロマン主義的歪曲から救い出したと評されています。
その後、10年近くにもわたって続けられたバッハのオルガン作品の録音は、長くバッハ演奏のスタンダード的な位置を占めてきました。

1991年にフランクフルトで没。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



780 Rating: 4.8/10 (124 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-12-06]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年9月23日~24日録音

[2021-12-05]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1943年7月18日録音

[2021-12-04]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 OP.18-1
パガニーニ四重奏団 1953年録音

[2021-12-03]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調, Op.68「田園」
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団 1958年録音

[2021-12-02]

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
(P)ジャンヌ=マリー・ダルレ:ルイ・フーレスティエ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1956年録音

[2021-12-01]

ファリャ:三角帽子
アタウルフォ・アルヘンタ指揮 スペイン国立交響楽団 1958年録音

[2021-11-30]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調, Op.35
(Vn)ブロニスラフ・ギンベル:ヨハネス・シュラー指揮 バンベルク交響楽団 1960年初出

[2021-11-29]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調, K.219
(Vn)ヴォルフガング・シュナイダーハン:フェルディナンド・ライトナー指揮 ウィーン交響楽団 1952年11月録音

[2021-11-28]

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第6番 変ロ長調, BWV1051
クルト・レーデル指揮 ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団 1962年5月録音

[2021-11-27]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第12番ロ短調, HWV 330
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音