クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでブッシュ弦楽四重奏団のCDをさがす
Home|ブッシュ弦楽四重奏団|ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番 ハ長調「ラズモフスキー3番」Op.59-3

ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番 ハ長調「ラズモフスキー3番」Op.59-3

ブッシュ弦楽四重奏団 1933年11月10日&16日録音



Beethoven:String Quartet No.9 in C major Op.59-3 "Razumovsky No.3" [1.Introduzione. Andante con moto - Allegro vivace]

Beethoven:String Quartet No.9 in C major Op.59-3 "Razumovsky No.3" [2.Andante con moto quasi Allegretto]

Beethoven:String Quartet No.9 in C major Op.59-3 "Razumovsky No.3" [3.Menuetto. Grazioso - Trio]

Beethoven:String Quartet No.9 in C major Op.59-3 "Razumovsky No.3" [4.Allegro molto]


明るく力強い第3番

作品番号が59の弦楽四重奏曲は3曲あり、ラズモフスキーセットと呼ばれています。傑作の森と言われるベートーベンの中期を代表する作品で、ウィーン駐在のロシア大使であったラズモフスキー伯爵に献呈されたためにこの名前を持ちます。

ベートーベンは初期の弦楽四重奏曲を作品番号18としてまとめていますが、このラズモフスキーセットはそれら初期作品とは全く異なったたたずまいを見せています。これは実際に聞いてみればすぐに了解できることですが、とりわけ音色の多彩さにはすぐに気づかされます。当然その様にパレットの色彩が豊富になると言うことはそれだけ演奏も困難になると言うことです。
また、そういう外面的なことだけでなく、内容面でも主題の展開がベートーベンらしい手の込んだものとなり、全体の構造も一段と複雑なものになっています。

言ってみれば、初期作品がサロンでの演奏会用作品とすれば、これは疑いもなくプロの演奏家によるコンサートプログラムだといえます。
さらに、このラズモフスキーセットがベートーベンらしいのは、3曲がそれぞれ全く異なった雰囲気を持つことです。
何よりも雄大な雰囲気の1番、唯一の短調作品であり内省的な2番、そして明るく力強いこの3番と言う具合です。とりわけ、この第3番の最終楽章は中期のベートーベンを代表するに相応しいフーガの技法を駆使した壮麗で精力間あふれる音楽となっています。


武骨な演奏ですが・・・

もう忘れ去られようとしている録音かもしれませんが、ドイツの伝統的なベートーベン演奏を知るうえでは貴重な録音だといえます。ただ、このドイツ的伝統というのを具体的に言葉で説明をするのはちょっと難しいのですが、ユング君なりに解釈すれば「武骨」差の中からにじみ出る「ロマンティックな感性」だと言えましょうか。
昨今のハイテクカルテットを聞きあきた耳にはかえって新鮮に聞こえるかもしれません。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



51 Rating: 4.7/10 (122 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-07-05]

ムソソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲)
ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1963年10月30日録音

[2020-07-04]

ビゼー:「祖国」序曲 作品19
エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団 1954年10月録音

[2020-07-03]

ヨハン・シュトラウス2世:朝の新聞, Op.279
ヴィリー・ボスコフスキー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年録音

[2020-07-02]

モーツァルト:12のピアノ変奏曲 ハ長調 K.265 (300e) "きらきら星変奏曲"
(P)クララ・ハスキル:1960年5月録音

[2020-07-01]

プロコフィエフ:「鋼鉄の歩み」
イーゴリ・マルケヴィチ指揮:フィルハーモニア管弦楽団 1954年4月27日&29日録音(ディアギレフへのオマージュ)

[2020-06-30]

チャイコフスキー:組曲「白鳥の湖」 Op. 20a
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (Vn)ヨゼフ・シヴォー (Cello)エマヌエル・ブラベッツ 1965年3月19日録音

[2020-06-29]

ハイドン:交響曲第35番 変ロ長調 Hob.I:35
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2020-06-28]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
エーリッヒ・クライバー指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 1953年9月録音

[2020-06-27]

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 ハ長調 Op.26
(P)バイロン・ジャニス:キリル・コンドラシン指揮 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団 1962年6月録音

[2020-06-26]

ドヴォルザーク:ヴァイオリンソナチネ Op.100
(Vn)ヴァーシャ・プシホダ:(P)マリア・ベルクマン 1951年録音