クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




AmazonでCDをさがすAmazonでホロヴィッツのCDをさがす

Home|ホロヴィッツ|ムソソルグスキー:展覧会の絵

ムソソルグスキー:展覧会の絵


ホロヴィッツ 1951年4月23日録音


今までの西洋音楽にはない構成

組曲「展覧会の絵」は作曲者が35歳の作品。親友の画家で建築家のヴィクトール・ガルトマン(1834〜1873)の遺作展が開かれた際に、そのあまりにも早すぎる死を悼んで作曲されたと言われています。
彼は西洋的な音楽語法を模倣するのではなく、むしろそれを拒絶し、ロシア的な精神を音楽の中に取り入れようとしました。
この「展覧会の絵」もガルトマンの絵にインスピレーションを得た10曲の作品の間にプロムナードと呼ばれる間奏曲風の短い曲を挟んで進行するといった、今までの西洋音楽にはない構成となっています。
よく言われることですが、聞き手はまるで展覧会の会場をゆっくりと歩みながら一枚一枚の絵を鑑賞しているような雰囲気が味わえます。

作品の構成は以下のようになっています。

「プロムナード」
1:「グノームス」
2:「古い城」
「プロムナード」
3:「チュイルリー公園」
4:「ヴィドロ」
「プロムナード」
5:「殻をつけたままのヒヨコのバレエ」
6:「ザムエル・ゴールデンベルクとシュミイレ」
「プロムナード」
7:「リモージュの市場」
8:「カタコムベ(ローマ人の墓地)」
9:「ニワトリの足に立つ小屋(ババヤーガ)」
10:「雄大な門(首都キエフにある)

ホロヴィッツの指は一種のユートピアである


正直に告白しておきますと、この演奏を聴くまではホロヴィッツを少し軽蔑していました。初来日の印象があまりにも悪かったことも一因ですが、何よりも名人芸だけの我が儘ピアニストという先入観がよくなかったようです。
ユング君がこの録音を始めて聞いたのはいつだったのか、いささか記憶は曖昧になっていますが、その時の鳥肌の立つような感覚だけは今も覚えています。

ピアノという楽器はかくも容易く軽々と演奏できるものなのかという驚き、そして自由奔放に弾きこなしているだけなのにそこから紡ぎ出される音楽はたとえようもなく美しい。何よりも、その音楽から発散される爽快感と開放感は他のどのピアニストからも感じ取れないものでした。
それは、伝統と形式の積み重ねの上にがっちりと構築された音楽とは対極にある、ある意味ではエンターテイメントの極みとも言うべき演奏であることは確かです。しかし、芸術というものは右へ行こうが左へ行こうが、突き抜けてしまえば人を沈黙させる凄みを持つと言うことです。

関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



49 Rating: 6.1/10 (196 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください。
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2008-06-24:亜季


2009-09-27:カンソウ人


2010-01-12:笛吹き


2010-07-25:たねば


2012-10-17:カコ



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-02-26]

[2017-02-25]

[2017-02-25]

[2017-02-24]

[2017-02-23]

[2017-02-22]

[2017-02-21]

[2017-02-20]

[2017-02-19]

[2017-02-18]

[2017-02-17]

[2017-02-16]

[2017-02-15]

[2017-02-14]

[2017-02-13]

[2017-02-12]

[2017-02-11]

[2017-02-10]

[2017-02-09]

[2017-02-08]

[2017-02-07]

[2017-02-06]

[2017-02-05]

[2017-02-05]

[2017-02-04]