クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでアリシア・デ・ラローチャのCDをさがす
Home|アリシア・デ・ラローチャ|グラナドス:スペイン舞曲集(第4集)

グラナドス:スペイン舞曲集(第4集)

(P)アリシア・デ・ラローチャ:1964年初出



Granados:Doce danzas espanolas [No.10 in G major]

Granados:Doce danzas espanolas [No.11 in G minor]

Granados:Doce danzas espanolas [No.12 in A minor]


初めて生み出されたスペインの民族音楽に基盤を持った音楽

この時代のヨーロッパでは、とりわけパリでは「スペイン風」が流行していたようです。すでに紹介しているモシュコフスキのスペイン舞曲やシャブリエの狂詩曲「スペイン」、リムスキー=コルサコフの「スペイン奇想曲」など、スペイン人ではない作曲家によってスペイン情緒を想起させる作品が多く書かれました。極めつけは、ラロのスペイン交響曲で、よく間違われるのですがラロはスペイン人ではなくてフランス人であり、さらには旅行でさえもスペインを訪れたことがなかったのです。

そんな風潮の中で、「スペイン風」ではなくて、スペイン人による本当の「スペインの音楽」を書こうという気運が盛り上がってきます。そう言う動きの旗手となったのがファリャやグラナドスでした。
このグラナドスの「スペイン舞曲集」も、ファリャの「スペインの庭の夜」と同じように民族音楽への傾斜が影響しています。全体は12曲からなっているのですが、各々3曲から成る4つの曲集により構成されています。
そして、グラナドスはこの作品集の第1集(第1番~第3番) をバルセロナにて行った自身初の公開演奏会で披露することで、有名ピアニストとしの第一歩としてだけでなく、作曲家としての評価も受けることになります。

そう言えば、同時代のフランスの作曲家ジュール・マスネがこの作品の楽譜を見てグラナドスを「スペインのグリーグ」と賞賛したそうなのですが、フランスにおいても「スペイン風」ではなくて、スペインの民族音楽に基盤を持った「スペイン音楽」が待たれていたのでしょう。

なお、この全12曲には1曲ずつにタイトルが付けられていますが、グラナドス自身が付けたものは4 曲目の「ビリャネスカ」と7曲目の「バレンシアーナまたはカレセーラ」のみだそうです。
他の曲のタイトルは全て出版社が勝手に付けたものだそうです。

ちなみに、そのタイトルは日本語で紹介しておいた方が親切でしょう。

第1集



  1. 第1番 ガランテ または メヌエット

  2. 第2番 オリエンタル

  3. 第3番 ファンダンゴ または ガリシア舞曲


第2集



  1. 第4番 ビリャネスカ

  2. 第5番 アンダルーサ または 祈り

  3. 第6番 ロンダーリャ・アラゴネーサ


第3集



  1. 第7番 ヴァレンシアーナ または カレセーラ

  2. 第8番 サルダーナ

  3. 第9番 マズルカ または ロマンティカ 


第4集



  1. 第10番 悲しき舞曲 または メランコリカ

  2. 第11番 ザンブラ

  3. 第12番 アラベスカ


なお、この中で飛び抜けて有名なのが第5曲の「アンダルーサ(祈り)」です。この作品は管弦楽編曲もされていて、オーケストラのアンコールピースとしてはピッタリの音楽に仕上がっています。

また、作品全体がギターにも合うので、ピアノではなくてギターで演奏されることも多いようです。


驚くべき生命力の発露

アリシア・デ・ラローチャといえば、まさにスペインを代表するピアニストなのですが、私の中ではモーツァルトを演奏する人という印象が何故か強く刻み込まれていました。
当然の事ながら、彼女の事はスペインのピアノ曲の専門家として評価するのがもっとも正当なラインであり、要は、私がスペインの音楽を聞く機会がほとんどなく、結果としてモーツァルトでのみ彼女と出会ったと言うだけの話だったのでした。

そして、この年になって初めて彼女の演奏するスペインのピアノ曲とファースト・コンタクトしたのです。お恥ずかしい。
そう思えば、この音源はなんと長い間部屋の片隅で埃をかぶっていたことでしょう。

しかし、このスペイン舞曲集を聞いたときに、その驚くべき生命力の発露のようなものには圧倒されました。
そして、そのピアノの響きにはとんでもない透明感があって、音楽的に曖昧な部分などは全くありません。
とは言え、一番の魅力は何といってもその弾むようなリズム感でしょう。

あまり民族性等という安易な言葉で片付けたくはないのですが、このリズム感だけはラローチャのようなスペインのピアニストでないと実現は難しいのではないでしょうか。
ここまで書けば褒め殺しになるのかもしれませんが、このようなラローチャの生命力あふれるピアノ演奏があってこそグラナドスの魅力がひときわ光り輝いたとも言えそうです。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



4698 Rating: 4.9/10 (7 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2021-08-17:コタロー





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-10-25]

ブラームス:交響曲第4番 ホ短調, Op.98
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1956年3月24日~25日録音

[2021-10-24]

J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番 ヘ長調 BWV.1046
クルト・レーデル指揮 ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団 1962年5月録音

[2021-10-23]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第7番変ロ長調, HWV 325
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音

[2021-10-22]

ビゼー:カルメン組曲
アンソニー・コリンズ指揮 ロンドン交響楽団 1950年2月3日録音

[2021-10-21]

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調, Op15
(P)クリフォード・カーゾン:エドゥアルド・ヴァン・ベイヌム指揮 アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1953年5月19日~6月1日録音

[2021-10-20]

モーツァルト:幻想曲ハ短調K.475+ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調, K.457
(P)アンドレ・チャイコフスキー:1959年1月26日~28日録音

[2021-10-19]

ドヴォルザーク:スラブ舞曲 第2集 作品72
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1959年12月21日録音

[2021-10-18]

ドヴォルザーク:スラブ舞曲 第1集 作品46
カレル・アンチェル指揮 ウィーン交響楽団 1958年録音

[2021-10-17]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111
(P)フリードリヒ・グルダ 1953年11月27日録音

[2021-10-16]

ヘンデル:合奏協奏曲, Op.6 第6番ト短調, HWV 324
アレクサンダー・シュナイダー指揮 アレクサンダー・シュナイダー室内管弦楽団 1966年1月録音