クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでヴァルヒャのCDをさがす
Home|ヴァルヒャ|バッハ:6つのコラール集(シューブラー・コラール集)

バッハ:6つのコラール集(シューブラー・コラール集)

ヴァルヒャ:1947年録音



Bach:6つのコラール「第1曲」 BMW645

Bach:6つのコラール「第2曲」 BMW646

Bach:6つのコラール「第3曲」 BMW647

Bach:6つのコラール「第4曲」 BMW648

Bach:6つのコラール「第5曲」 BMW649

Bach:6つのコラール「第6曲」 BMW650


もっとも人気のある親しみやすいコラール曲集

モーツァルトにおけるピアノ作品が往々にして彼の独白であったように、バッハにとってのオルガンというのは、彼の率直な感情がもっとも素直に吐露されている楽器だといえます。

バッハにとってオルガン作品というのはその役割から考えて三つのカテゴリーに分けることができます。
1.教会オルガニストとしての職務のための作品(コラール)
2.演奏を目的としたより自由な形式のオルガン作品
3.教育を目的とした作品

この中でもっとも数が多く、バッハがその生涯において常に手がけ続けたのが第1のオルガン・コラールです。その数は現時点で判明しているもので200を超えるといわれています。
バッハのオルガン・コラールは青年時代の規模が大きく複雑な形式のものから、年を経るにつれてよりシンプルで緊密な構造を持ったものに変化していったといわれています。ところが、この「シューブラー・コラール集」と呼ばれる6つのコラールはバッハの晩年に位置する作品ですが、それまでの厳格なたたずまいとは一転して、非常に親しみやすく演奏も容易な作品となっています。
それは、このコラール集がもともとオルガン・コラールとして作曲されたのではなくて、当時人気の高かった教会カンタータの中から「おいしい」ところをを抜き出してオルガンにおきかえた作品だからです。教会カンタータの中で人気の高かったメロディをしっかりと歌い上げながら、そこへ優雅なオブリガードで縁取っていくというやりかたは非常に優美であり親しみやすい形式です。
また、演奏そのものの比較的容易であるということもあって、バッハのオルガン・コラールの中ではもっとも人気があり親しまれている曲集です。

BWV645:目覚めよ、とわれらに呼ばわる物見らの声
BWV646:われはいずこに逃れゆくべきか
BWV647:尊き御神の統べしらすままにまつろい
BWV648:わが心は主をあがめ
BWV649:ああ、われらとともに留まりたまえ、主イエス・キリストよ
BWV650:イエスよ、汝いまぞ御空より下りたまい


これもまた一つのスタンダードとして聞いておいた方がいいのかもしれません

バッハのオルガン作品というのはシュヴァイツァーに代表されるようにきわめてロマンチックに演奏されていました。その様なロマン主義的歪曲からバッハのオルガン作品を救い出したのがヴァルヒャでした。
彼はどこかでリストのオルガン作品は好きではないと述べていました。それほどまでに、外面的効果で作品を彩ることを本能的なまでに拒絶した演奏家でした。
ですから、彼のバッハ演奏は厳格で峻厳なものとならざるを得ず、感覚的なヨロコビというものとは無縁なものでした。
その意味では、ヴァルヒャによるバッハ演奏は今でも一つのスタンダードとしての存在価値は失っていないと言えます。

しかし、そういうヴァルヒャの演奏に対して、ユング君はかつてこのように書いたことがあります。
「しかし、今になってみると「厳格」さと「「つまらなさ」は紙一重だと思わされます。
とりわけ年を重ねるとバッハを厳格さ一本槍の音楽として把握することに抵抗を覚えるようになってきて、そうなるとこのヴァルヒャのような演奏は今ひとつ物足りなさを感じてしまうことは事実です。」

実際、このような作品の場合はその思いはより強くなります。
例えば、有名な「BWV645:目覚めよ、とわれらに呼ばわる物見らの声」では、ぶっきらぼうといえるまでに堅いリズムで、意図的とも言えるほどに素っ気なく演奏していますが、何もそこまで意地になることもないだろうと思ってしまいます。
こういう作品であるならば、もう少しにこやかに愛想というものがあってもいいような気がするのですがいかがなもんでしょうか?最近では、ヴァルヒャに対する評価下がりつつあるようなのですが、それはバッハを厳格さ一本槍で演奏することへの疑問の現れかもしれません。
この辺はバッハ演奏の根幹に関わる問題ですから、一度きちんと問い直す必要があるのかもしれません。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



423 Rating: 4.8/10 (166 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2012-02-12:richrichrich





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-12-09]

ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
エデゥアルト・ファン・ベイヌム指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 1951年9月10日録音

[2021-12-08]

モーツァルト:交響曲第34番ハ長調 K.338
ルドルフ・ケンペ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1955年11月24日録音

[2021-12-07]

ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 変ロ長調, RV.548
ジャン=フランソワ・パイヤール指揮:(Org)マリー=クレール・アラン パイヤール室内管弦楽団 1965年初出

[2021-12-06]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年9月23日~24日録音

[2021-12-05]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1943年7月18日録音

[2021-12-04]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 OP.18-1
パガニーニ四重奏団 1953年録音

[2021-12-03]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調, Op.68「田園」
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団 1958年録音

[2021-12-02]

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
(P)ジャンヌ=マリー・ダルレ:ルイ・フーレスティエ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1956年録音

[2021-12-01]

ファリャ:三角帽子
アタウルフォ・アルヘンタ指揮 スペイン国立交響楽団 1958年録音

[2021-11-30]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調, Op.35
(Vn)ブロニスラフ・ギンベル:ヨハネス・シュラー指揮 バンベルク交響楽団 1960年初出