クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


AmazonでCDをさがすAmazonでフルトヴェングラーのCDをさがす

Home|フルトヴェングラー|ベートーベン:序曲「コリオラン」

ベートーベン:序曲「コリオラン」


フルトヴェングラー指揮 ベルリンフィル 1943年6月30日録音


序曲と言っても、基本的にはコンサート用のプログラムとして創作されたようです。

この作品はコリンの戯曲「コリオラン」に触発されて作曲したと言われています。
コリオランとは、プルータークの英雄伝に登場する紀元前5世紀頃のローマの英雄です。日本ではなじみのうすい名前ですが、ショークスピアも「コリオレナース」として戯曲化していて、西洋ではそれなりに有名な人物のようです。

ベートーベンはこの作品をコリンに献呈し、コリンもそれを喜んで受け入れながら戯曲の上演でこの作品が使用された形跡はありません。
しかし、ベートーベンにとっての序曲とは、一部を除けば劇やオペラとしての序曲と言うよりは、「演奏会用の序曲」として演奏されることが一般的でしたから、実際の戯曲の上演で演奏されなかったと言っても決して不思議なことではありませんでした。
つまり、「序曲」と名前はついていても、基本的にはコンサート用のプログラムとして創作された作品でした。

この作品を特徴づけるのは頻繁に登場する全休止で、ベートーベンらしいドラマティックな性格を与えています。そのため、ベートーベンの数ある序曲の中では最も早い時期から聴衆に受け入れられた作品となったようです。

表現は壮絶の一語に尽きます


この作品のドラマティックな性格はフルトヴェングラーにはピッタリだと思うのですが、何故か録音は少ないようです。
戦時中にはここでお聞きいただいている一種類しかないようです。

戦後のスタジオ録音(確か、EMIのブラームスの交響曲全集の埋め草として収録されていました)と比べると、表現は壮絶の一語に尽きます。まさに時代の証言者とも言うべき演奏です。
しかし、第二主題の優美さは戦後の演奏の方が優れているかもしれません。全体の立派さでも戦後のスタジオ録音の方が一歩上だと思います。


関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



42 Rating: 8.0/10 (162 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2012-12-11:チエ


2013-10-06:原 響平


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-08-19]

[2017-08-18]

[2017-08-17]

[2017-08-16]

[2017-08-15]

[2017-08-14]

[2017-08-13]

[2017-08-12]

[2017-08-11]

[2017-08-10]

[2017-08-09]

[2017-08-08]

[2017-08-07]

[2017-08-06]

[2017-08-05]

[2017-08-04]

[2017-08-03]

[2017-08-02]

[2017-08-01]

[2017-07-31]

[2017-07-30]

[2017-07-29]

[2017-07-28]

[2017-07-27]

[2017-07-26]