クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでメンゲルベルグのCDをさがす
Home|メンゲルベルグ|ブラームス:交響曲第2番

ブラームス:交響曲第2番

メンゲルベルグ指揮:アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 1940年録音



Brahms:交響曲第2番「第1楽章」

Brahms:交響曲第2番「第2楽章」

Brahms:交響曲第2番「第3楽章」

Brahms:交響曲第2番「第4楽章」


ブラームスの「田園交響曲」

ブラームスが最初の交響曲を作曲するのに20年以上も時間を費やしたのは有名な話ですが、それに続く第2番の交響曲はその一年後、実質的には3ヶ月あまりで完成したと言われています。ブラームスにとってベートーベンの影がいかに大きかったかをこれまた物語るエピソードです。

第2番はブラームスの「田園交響曲」と呼ばれることもあります。それは明るいのびやかな雰囲気がベートーベンの6番を思わせるものがあるかです。

ただ、この作品はこれ単独で聞くとあまり違和感を感じないでのですが、同時代の他の作品と聞き比べるとかなり古めかしい装いをまとっています。この10年後にはマーラーが登場して第1番の交響曲を発表することを考えると、ブラームスの古典派回帰の思いが伝わってきます。
オケの編成を見ても昔ながらの二管編成ですから、マーラーとの隔絶ぶりはハッキリしています。
とは言え、最終楽章の圧倒的なフィナーレを聞くと、ちらりと後期ロマン派の顔がのぞいているように思うのはユング君だけでしょうか。


骨太のロマンティシズム

メンゲルベルグは1895年にわずか24歳という年齢でアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の常任指揮者に就任しました。(ついでながら、ナチスへの協力の罪でその座を追われる1945年までの50年間!!、その地位に君臨していました。)
ブラームスという人は作品の雰囲気が古いためにずいぶん昔のような人の気がするのですが、この1895年という年はまだ存命中でした。ということは、メンゲルベルグにとってはブラームスという人は同時代の音楽家という捉え方をしていたのだろうと思われます。この辺が、同時代の大指揮者のように思われるフルトヴェングラーなどとはちょっと違うところでしょうか。
ちなみにフルトヴェングラーは1886年の生まれで、1905年にブレスラウ市立歌劇場のコレペティトゥール(練習指揮者)として、音楽家のキャリアをスタートさせています。

メンゲルベルグという人は私の誤解かもしれませんが、このような4楽章構成の交響曲だと、その両端楽章は意外なほどに剛直な音楽作りをするように聞こえます。しかし、それらに挟まれた真ん中の楽章は「恣意的」といっては失礼でしょうが、実に曲線的な音楽作りをするように聞こえます。
ただし、このブラームスの2番に関して言うとそういう恣意的な面はあまり前面には出てこないので、両端楽章の実に男っぽい剛直な音楽が印象的です。
バックにノイズは盛大にのっていますが、オケの音は実に艶やかに収録されています。今は失われてしまったコンセルトヘボウならではなの低域のがっしりとした音色も実に魅力的に録音されているという意味でも、なかなかに魅力的な演奏だといえます。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



367 Rating: 4.9/10 (137 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2020-10-24]

ブラームス:ピアノ・ソナタ第3番 ヘ短調, Op.5
(P)ジュリアス・カッチェン 1964年10月1日~2日録音録音

[2020-10-23]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第9番 ハ長調「ラズモフスキー3番」Op.59-3
パスカル弦楽四重奏団:1952年録音

[2020-10-22]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番ハ短調 , K.491
(P)ラルフ・カークパトリック:ジェレイント・ジョーンズ指揮 ジェレイント・ジョーンズ管弦楽団 1956年8月7日~9日録音

[2020-10-21]

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
(Vn)エリカ・モリーニ:ジョージ・セル指揮 クリーヴランド管弦楽団 1967年11月5日録音

[2020-10-20]

シェーンベルク:コル・ニドレ, Op.39
ハンス・スワロフスキー指揮 ウィーン交響楽団 (語り)ハンス・ヤーライ、アカデミー室内合唱団 1952年10月28日&30日録音

[2020-10-19]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第4番ト長調 BWV1049
シモン・ゴールドベルク指揮&ヴァイオリン:オランダ室内管弦楽団 (flute)ヒューベルト・バルワーザー (チェンバロ)ヤニー・ファン・ウェリング 1958年5月4日~11日録音

[2020-10-18]

バッハ:教会カンタータ 「わが神の御心のままに、常に成らせたまえ」 BWV111
ギュンター・ラミン指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 トーマス教会少年合唱団 (Recorders)Thekla Waldbauer, Johannes Wagner (Violas da gamba)Walter Schulz Karl Riedel (Harpsichord)Gernot Schwickert (S)Boys from Thomanerchor Leipzig (A)Boys from Thomanerchor Leipzig (T)Hans-Joachim Rotzsch (Bass)Johannes Oettel 1953年10月日録音

[2020-10-17]

マーラー:交響曲第9番 ニ長調
レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨークフィル 1965年12月16日録音

[2020-10-16]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第8番 ホ短調「ラズモフスキー2番」Op.59-2
パスカル弦楽四重奏団:1952年録音

[2020-10-15]

モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
(Cl)ベニー・グッドマン:シャルル・ミュンシュ指揮 ボストン交響楽1956年7月9日録音