クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでバーンスタインのCDをさがす
Home|バーンスタイン|マーラー:交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

マーラー:交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

レナード・バーンスタイン指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック 1966年10月4日録



Gustav Mahler:Symphony No. 1 [1.Langsam. schleppend]

Gustav Mahler:Symphony No. 1 [2.Kraftig, bewegt, doch nicht zu schnell]

Gustav Mahler:Symphony No. 1 [3.Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen]

Gustav Mahler:Symphony No. 1 [4.Sturmisch bewegt]


マーラーの青春の歌

偉大な作家というものはその処女作においてすべての要素が盛り込まれていると言います。作曲家にあてはめた場合、マーラーほどこの言葉がぴったり来る人はいないでしょう。
この第1番の交響曲には、いわゆるマーラー的な「要素」がすべて盛り込まれているといえます。ベートーベン以降の交響曲の系譜にこの作品を並べてみると、誰の作品とも似通っていません。

一時、ブルックナーとマーラーを並べて論じる傾向もありましたが、最近はそんな無謀なことをする人もいません。似通っているのは演奏時間の長さと編成の大きさぐらいで、後らはすべて違っているというか、正反対と思えるほどに違っています。
基本的に淡彩の世界であるブルックナーに対してマーラーはどこまで行っても極彩色です。
基本的なベクトルがシンプルさに向かっているブルックナーに対して、マーラーは複雑系そのものです。

そう言えば、この作品も完成までには複雑な経路を辿っています。もっとも、作品の完成に至る経路というのはブルックナーもひどく複雑なのですが、その複雑さの性質が二人の間では根本的に異なっています。

この作品のいわゆる「初稿」と思われるものは、1889年にブダペストでの初演で用いられたものでした。その「初稿」は「花の章」と名づけられたアンダンテ楽章を含む5楽章構成であり、全体が二部からなる「交響詩」とされていました。
しかしながら、マーラーは実際の演奏を通して不都合を感じるとこまめに改訂を行い、そのために最終的に筆を置いた時点で「決定稿」となる人でした。
その辺りが、ブルックナーとは根本的に作品と向き合うスタンスが異なるのです。

つまりは、うじうじと書き直すことで必ずしも「良くなる」とは限らないブルックナーでは「初稿」やそれぞれの「改訂稿」にも意味を与えなければいけません。しかし、マーラーの場合の「初稿」や「改訂稿」というものは、その後必要となった訂正が行われていない「未完成版」と言う意味しかもたないのです。

ですから、ブルックナーの新全集版では改訂されたすべての稿を独立して出版する必要に迫られるのですが、マーラーの場合はシンプルに最後の決定稿だけが出版されて事たれりとなっているのです。
しかしながら、この第1番だけはいささか複雑な経路を辿って決定稿に至っています。

マーラーはブダペストでの初演ではかなり不満を感じたようで、1894年のワイマールでの再演に際して大幅な手直しを行っています。そして、その時点で、マーラーはこの作品を「花の章」を含む5楽章構成の交響曲として「ティターン(巨人)」というタイトルを与えたのです。
その手直しは主に2,3,5楽章に集中していたようで、とりわけオーケストレーションにはかなり大幅な手直しがされたと伝えられています。
しかしながら、ブダペストでの初演で使われた初稿は現在では失われてしまっているので、その相違を細かく比較することは出来なくなっているようです。

ところが、何があったのかは不明ですが、1896年にベルリンで演奏したときには「花の章」を省く4楽章構成で演奏し、1899年にこの作品を出版するときにもその形が採用されました。また、「ティターン(巨人)」というタイトルや楽章ごとにつけられた「標題」なども削除されたようです。
また、終楽章にも小さな訂正が加えられました。

その後、1906年に別の出版社から出版されるときに第1楽章のリピートなどが追加され、さらに1967年の全集版では、その後マーラーが実演において指示した訂正や書き込み等を収録して、それが今日では「決定稿」と言うことになっています。
いささか煩雑なので、整理しておくと以下のように経緯となります。

  1. 1889年:ブダペストでの初演で使われた初稿:「花の章」を含む5楽章からなる2部構成の交響詩

  2. 1894年:ワイマールの再演で使われた第2稿:「初稿」に大幅な改訂を施した、「花の章」を含む5楽章構成の交響曲

  3. 1889年:ヴァインバーガー社から刊行された初版で第3稿にあたる。1896年のベルリンでの演奏家では「花の章」を省いた4楽章構成の交響曲として演奏されたスタイルをもとにしている。改訂時期は不明とされている。また、「ティターン(巨人)」というタイトルや楽章ごとにつけられた「標題」も削除された

  4. 1906年:ユニバーサル社から刊行された決定稿:第1楽章のリピートなどが追加されている。

  5. 1967年:全集版として刊行された決定稿の再修正版:マーラーが実演で採用した最終的な書き込みを反映させた。


そうなると、一番の問題は何故に途中で「花の章」を省いたのかという事が疑問として浮かび上がってきます。

もっとも、こういう事はあれこれ論を立てることは出来ても、最終的にはマーラー自身が何も語っていない以上は想像の域を出るものではありません。
ただ、明らかなことは、マーラーはその章を削除して「決定稿」としたという事実だけです。

そうであれば、この「花の章」を含んだ第2稿を持って、それこそがマーラーの真意だった、みたいな言い方をするのは根本的に間違っていると言うことです。
そして、先にも述べたように、その辺りこそがマーラーとブルックナーとの根本的な違いなのです。


バーンスタインの若き青春の情熱がほとばしる演奏

録音のクレジットなどと言うものは無味乾燥なものなのですが、こういうサイトを長くやっていると、そう言う無味乾燥なデータの背景から色々なことが見えてくるものです。
なぜならば、こういうデータというのは「今聞いている」録音に付随するデータという「点」として意識されるのが普通なのですが、こういうサイトを長きにわたって運営していると、そう言うデータの「点」と「点」が結びついて「線」になってくるからです。


  1. Symphony No. 4 February 01, 1960

  2. Symphony No. 3 April 03, 1961

  3. Symphony No. 5 January 07, 1963

  4. Symphony No. 2, "Resurrection" September 30, 1963

  5. Symphony No. 7 December 15, 1965

  6. Symphony No. 9 December 16, 1965

  7. Symphony No. 8, "Symphony of a Thousand" April 20, 1966(London Symphony Orchestra)

  8. Symphony No. 1 October 04, 1966

  9. Symphony No. 6, "Tragic" May 06, 1967



どの作品をどの時期に録音するのかと言うことに関しては、様々な要素が絡みます。
バーンスタインにしてみれば、1960年に第4番の交響曲を録音した時点で、マーラーの全交響曲をコンプリートすることは視野に入っていたはずですし、レーベルもその事を承知していたはずです。

その事を考えれば、第4番に続いて第3番を録音したのはバーンスタインの意志が強く働いたものと思われます。
しかし、この第3番の録音は日本ではわずか1年でカタログから姿を消してしまい、60年代にそれが復活することはありませんでした。今から見れば、バーンスタインの熱すぎるほどの情熱が感じ取れる演奏だったと思うのですが、当時の聞き手にとってこの交響曲は手に余るほどの巨大さを持った作品だったのでしょう。

そこで、続く63年には、マーラー作品の中ではそれなりに認知度の高い「復活」と「第5番」が録音されるのですが、そこにはレーベル側の意向がある程度は反映したのではないかと思われます。
ただし、そうなると不思議なのは、第1番「巨人」の録音がどうしてこんなにも後回しになったのかと言うことです。

サイズ的にはベートーベンの第9よりも小さいですし、ロマン派の規模の大きな交響曲と同じくらいの規模の作品ですから、いわゆる「常識」の範疇に辛うじて留まっています。ですから、マーラー作品の中では第4番と並んでもっとも受容しやすい作品です。
フィナーレが華々しく終結するというのも(それが勝利の凱歌かどうかはひとまず脇におくとして)、ベートーベンの「運命」以降の定番の枠の中に入っています。

そうして気付くのは、ワルター&コロンビア響による「巨人」の録音です。
レーベルにしてみれば、カタログの中での競合を避けたかったのでしょう。

そう言えば、第9番の交響曲は65年に録音されながら初出は68年になっています。おそらく、この「塩漬け」もワルターとの競合を避けたかったレーベル側の意向が働いたのでしょう。

しかし、そのワルターの呪縛はバーンスタインにとっても小さいものではなかったのかも知れません。
とりわけ、あのコロンビア響との「巨人」の録音は「決定盤」としての地位を今も失っていない不滅の「名盤」です。ですから、バーンスタインにとって、このプロジェクトにおいて「巨人」を録音するというのは、そこに対して何か新しく付け加えるものがなければ意味がないと言うことになります。

バーンスタインにとってマーラー作品はほとんど鍬の入っていない未開の大地でした。ですから、そこで彼は思う存分、自分のオリジナリティを発揮することが出来たのですが、この「巨人」だけはワルター爺さんによってしっかりと鍬が入っていたというわけです。
ですから、この録音が後回しになると言うのは、バーンスタインにとっては悪い話ではなかったのかも知れません。

おそらく、彼は入念にマーラーのスコアを読み込んだはずです。
そして、バーンスタインならではの「巨人」をつかみ取れたという確信が持てた状態でこの録音に臨んだことは、この演奏を聞く限りは明らかです。
ありきたりの言い方になるのですが、まさに「手の内に入った」演奏になっています。

おそらく、これほどまでに青春の情熱がほとばしる歌心に満ちた演奏はそうあるものではありません。
まさに聞き手の側からすれば、マーラーが入念に書き込んだあらゆるフレーズが、バーンスタインの指揮を通して自由自在に歌い継がれていきます。そして、時に爆発し、たたみかけるように音楽が突き進んでいく場面では、まさに雪崩落ちるかのように音楽が展開されます。
そこには作為の影もなく、驚くほどの自由さでマーラーとバーンスタインが一体となっています。

それから、聞き逃してはいけないのは終楽章の華やかなフィナーレにどこか苦さがつきまとっていることです。
そして、それは明らかにバーンスタインの解釈によるものでしょう。

考えてみれば62年にキューバ危機を経験し、核戦争一歩手前の恐怖を実体験した後に、その様なお気楽な勝利の凱歌をあげることなどは出来るはずもないのです。
そして、マーラーの音楽もまた世紀末の閉塞状況を反映しているのですから、ベートーベンのように暗から明へと何の留保も無しに歌い上げるはずはないのです。

そう考えてみれば、このバーンスタインの演奏は最後の苦い勝利という結論から逆算されて組み立てられているのではないかという気がします。そう思って、第3楽章の動物たちの葬送を聞いてみればそこに何とも言えない苦い皮肉を聞き取ることが出来ルような気がします。
そして、その様な視点はワルター爺さんの世代には無縁なものだったのですから、やはりバーンスタインはいい仕事をしたと言うことです。

ただし、一つだけ残念なのは、これが録音された66年というのは、ニューヨークフィルのアンサンブル能力ははっきりと劣化してしまっていたことです。
そして、それを補うためだと思われるのですが、録音のステージイメージがどこか紙芝居的な横並びになっています。

個々の楽器の響きは悪くはないのですが、それを一つのアンサンブルとしてまとめ上げていくことに指揮者もオケも長年の習慣で疎かになっていることは否定できません。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3537 Rating: 5.5/10 (44 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2018-05-01:yk





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-12-08]

モーツァルト:交響曲第34番ハ長調 K.338
ルドルフ・ケンペ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1955年11月24日録音

[2021-12-07]

ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 変ロ長調, RV.548
ジャン=フランソワ・パイヤール指揮:(Org)マリー=クレール・アラン パイヤール室内管弦楽団 1965年初出

[2021-12-06]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年9月23日~24日録音

[2021-12-05]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1943年7月18日録音

[2021-12-04]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 OP.18-1
パガニーニ四重奏団 1953年録音

[2021-12-03]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調, Op.68「田園」
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団 1958年録音

[2021-12-02]

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
(P)ジャンヌ=マリー・ダルレ:ルイ・フーレスティエ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1956年録音

[2021-12-01]

ファリャ:三角帽子
アタウルフォ・アルヘンタ指揮 スペイン国立交響楽団 1958年録音

[2021-11-30]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調, Op.35
(Vn)ブロニスラフ・ギンベル:ヨハネス・シュラー指揮 バンベルク交響楽団 1960年初出

[2021-11-29]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調, K.219
(Vn)ヴォルフガング・シュナイダーハン:フェルディナンド・ライトナー指揮 ウィーン交響楽団 1952年11月録音