クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




AmazonでCDをさがすAmazonでライナーのCDをさがす

Home|ライナー|R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 作品35

R.コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」 作品35


フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団 1960年2月8日録音


管弦楽法の一つの頂点を示す作品です。

1887年からその翌年にかけて、R.コルサコフは幾つかの優れた管弦楽曲を生み出していますが、その中でももっとも有名なのがこの「シェエラザード」です。彼はこの後、ワーグナーの強い影響を受けて基本的にはオペラ作曲家として生涯を終えますから、ワーグナーの影響を受ける前の頂点を示すこれらの作品はある意味ではとても貴重です。

 実際、作曲者自身も「ワーグナーの影響を受けることなく、通常のオーケストラ編成で輝かしい響きを獲得した」作品だと自賛しています。
実際、打楽器に関しては大太鼓、小太鼓、シンバル、タンバリン、タムタム等とたくさんでてきますが、ワーグナーの影響を受けて彼が用いはじめる強大な編成とは一線を画するものとなっています。

 また、楽曲構成についても当初は
「サルタンは女性はすべて不誠実で不貞であると信じ、結婚した王妃 を初夜のあとで殺すことを誓っていた。しかし、シェエラザードは夜毎興味深い話をサルタンに聞かせ、そのた めサルタンは彼女の首をはねることを一夜また一夜とのばした。 彼女は千一夜にわたって生き長らえついにサルタンにその残酷な誓いをすてさせたの である。」
との解説をスコアに付けて、それぞれの楽章にも分かりやすい標題をつけていました。

 しかし、後にはこの作品を交響的作品として聞いてもらうことを望むようになり、当初つけられていた標題も破棄されました。
 今も各楽章には標題がつけられていることが一般的ですが、そう言う経過からも分かるように、それらの標題やそれに付属する解説は作曲者自身が付けたものではありません。

 そんなわけで、とにかく原典尊重の時代ですから、こういうあやしげな(?)標題も原作者の意志にそって破棄されるのかと思いきや、私が知る限りでは全てのCDにこの標題がつけられています。それはポリシーの不徹底と言うよりは、やはり標題音楽の分かりやすさが優先されると言うことなのでしょう。
 抽象的な絶対音楽として聞いても十分に面白い作品だと思いますが、アラビアン・ナイトの物語として聞けばさらに面白さ倍増です。

 まあその辺は聞き手の自由で、あまりうるさいことは言わずに聞きたいように聞けばよい、と言うことなのでしょう。そんなわけで、参考のためにあやしげな標題(?)も付けておきました。参考にしたい方は参考にして下さい。

第一楽章 「海とシンドバットの冒険」
第二楽章 「カランダール王子の物語」
第三楽章 「若き王子と王女」
第四楽章 「バグダッドの祭り、海、船は青銅の騎士のある岩で難破。終曲」

良くも悪くも時代を先取りした演奏と録音


あの強面のライナーが「シェエラザード」を録音していたとは驚きですが、調べてみると実際のコンサートでも取り上げたのは1回しかないそうな。そして、その1回というのも、この録音をする前の定期演奏会だったと言うことですから、それはスタジオ録音のために事前に演奏会で取り上げたと見るのが妥当でしょう。

つまりは、この録音は明らかにライナーの意志と言うよりはレーベル(RCA)側の意向で実現したものと見るべきでしょう。それでは、そのレーベルの意向とは何かと言えば、おそらくはステレオ盤の魅力を世に広めるための「広告塔」として、つまりは「Living Stereo」シリーズの「目玉」として、このコンビによる「シェエラザード」が必要だったのでしょう。
ですから、録音のクオリティに関しては何の文句もつけようがありません。

また、その演奏に関しても、世間一般では緩みのない精緻な表現をほめる人が多いようです。
しかし、私としてはその意見にはいささか賛同しかねる部分があるのです。

確かに、指揮者としては、レーベルの意向にこたえてシカゴ交響楽団の機能をフルに生かして申し分のない「音の世界」を作っていることは間違いありません。その上手さに関しては何の疑問も感じないのですが、おかしな言い方かもしれませんが、上手すぎて、逆に聞き終わった後に何の感慨も残らないのです。
その壮麗な音の世界を見せつけられ、最高に盛り上がるフィナーレで音楽が閉じられても、どこか「満たされない」部分が残るのです。

そして、こんなことを言えば「精神論」と笑われるかもしれないのですが、やはりたどり着く結論は、この音楽にはライナーの音楽家としての精神が注入されていないという思いです。
本当は指揮なんかしたくなかったけれども、頼まれて仕方なくやったという面が最後までついて回ったような気がするのです。

しかし、ライナーやセルのようなタイプの指揮者が偉いのは、例えそうではあっても、プロとして引き受けた以上は「きちんと仕事」は仕上げるのです。そして、時には、その誠実さが逆に痛々しく見えてしまったりもするのです。

そして、この演奏と録音がなされてから数十年も経てば、こういう「精神」の注入されていない演奏と録音ばかりが跋扈する時代がやってくることを私たちは知っています。
そう思えば、これもまた良くも悪くも時代を先取りした演奏と録音だったのかもしれません・・・等とも考えたりするのです。

関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3022 Rating: 7.1/10 (15 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください。
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2017-03-15:原 響平


2017-03-24:サンセバスチャン


2017-04-08:コタロー



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-04-29]

[2017-04-29]

[2017-04-28]

[2017-04-27]

[2017-04-26]

[2017-04-25]

[2017-04-24]

[2017-04-24]

[2017-04-23]

[2017-04-22]

[2017-04-22]

[2017-04-21]

[2017-04-21]

[2017-04-20]

[2017-04-19]

[2017-04-19]

[2017-04-18]

[2017-04-18]

[2017-04-17]

[2017-04-17]

[2017-04-16]

[2017-04-15]

[2017-04-14]

[2017-04-13]

[2017-04-12]