クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでカラヤンのCDをさがす
Home|カラヤン|バルトーク:管弦楽のための協奏曲 Sz.116

バルトーク:管弦楽のための協奏曲 Sz.116

ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1965年9月録音

Bartok:Concerto for Orchestra Sz.116 [1.Introduzione]

Bartok:Concerto for Orchestra Sz.116 [2.Giuoco delle coppie]

Bartok:Concerto for Orchestra Sz.116 [3.Elegia]

Bartok:Concerto for Orchestra Sz.116 [4.Intermezzo interrotto]

Bartok:Concerto for Orchestra Sz.116 [5.Finale]


ハンガリーの大平原に沈む真っ赤な夕陽

 この管弦楽のための協奏曲の第3曲「エレジー」を聞くと、ハンガリーの大平原に沈む真っ赤な夕陽を思い出すと言ったのは誰だったでしょうか?それも、涙でにじんだ真っ赤な夕陽だと書いていたような気がします。
 上手いことを言うものです。音楽を言葉で語るというのは難しいものですが、このように、あまりにも上手く言い当てた言葉と出会うとうれしくなってしまいます。そして、この第4曲「中断された間奏曲」もラプソディックな雰囲気を漂わせながらも、同時に何とも言えない苦い遊びとなっています。ユング君はこの音楽にも同じような光景が目に浮かびます。

 バルトークが亡命したアメリカはシェーンベルグに代表されるような無調の音楽がもてはやされているときで、民族主義的な彼の音楽は時代遅れの音楽と思われていました。そのため、彼が手にした仕事は生きていくのも精一杯というもので、ヨーロッパ時代の彼の名声を知るものには信じがたいほどの冷遇で、その生活は貧窮を極めました。
 そんなバルトークに援助の手をさしのべたのがボストン交響楽団の指揮者だったクーセヴィツキーでした。もちろんお金を援助するのでは、バルトークがそれを拒絶するのは明らかでしたから、作品を依頼するという形で援助の手をさしのべました。
 そのおかげで、私たちは20世紀を代表するこの傑作「管弦楽のための協奏曲」を手にすることができました。(クーセヴィツキーに感謝!!)

 一般的にアメリカに亡命してから作曲されたバルトークの作品は、ヨーロッパ時代のものと比べればはっきりと一線を画しています。その変化を専門家の中には「後退」ととらえる人もいて、ヨーロッパ時代の作品を持ってバルトークの頂点と主張します。確かにその気持ちは分からないではありませんが、ユング君は分かりやすくて、人の心の琴線にまっすぐ触れてくるようなアメリカ時代の作品が大好きです。
 また、その様な変化はアメリカへの亡命で一層はっきりしたものとなってはいますが、亡命直前に書かれた「弦楽四重奏曲第6番」や「弦楽のためのディヴェルティメント」なども、それ以前の作品と比べればある種の分かりやすさを感じます。そして、聞こうとする意志と耳さえあれば、ロマン的な心情さえも十分に聞き取ることもできます。
 亡命が一つのきっかけとなったことは確かでしょうが、その様な作品の変化は突然に訪れたものではなく、彼の作品の今までの延長線上にあるような気がするのですが、いかがなものでしょうか。


くまなく鉋をかけたような・・・。

いわゆる「カラヤン美学」と呼ばれる流儀で音楽を演奏するようになるのはこの時期からのようです。もちろん、それ以前からもそれらしい雰囲気はあったのですが、誰が聞いても「ああ、これはカラヤンだ!!」と言う刻印が押されるようになるのはこの60年代の中頃からのようです。
まずは、精緻極まるアンサンブルであり(あれっ?と思う部分はありますが気のせいでしょう)、ある意味では妖艶とも思えるような響きです。そして、そうやって紡がれていく音楽の細部という細部がくまなく鉋をかけたように研かれていくのです。

それが宮大工ならば「いい仕事」と言うことになるのでしょうが、こういう場合だとどうなんでしょうか?
言ってみれば、一切のデコボコが全て滑らかに、そしてこの上もない丹念さで削られていくので、結果として全体の印象がなで肩の優美な姿にならざるを得ません。そして、それを美しいと思う人は文句なく美しいと思うことでしょう。

当然の事ながら、それをもって「これはバルトークではない!」という人が現れるでしょう。そして、そんな事はカラヤン自身が百も承知していたはずです。にも関わらず、カラヤンはこのような表現を選んだという事実を重く受け止めるべきなのでしょう。明らかに、カラヤンはベルリンフィルを完全に手中に収めた60年代の中頃から、彼が目指す「美しい音楽」を指向するようになったのです。

もちろん、自らの中にある価値観を大切にすることは大切なことです。しかし、それに拘泥するあまり、それに違えると思えるものを入り口で切って捨てるのは偏狭に過ぎるでしょう。
正直言って、私の中のバルトークというのは結構野蛮な面を持った人だと思うので、これはあまりにも「美し」すぎるとは思います。しかし、だからといって、この演奏を入り口で拒絶するような聴き方はしたくはありません。一度はゆっくりと相手の言い分も聞いた上で、その後も聞き続けるかどうかくらいは判断したいと思います。

少なくとも、自分の方向性と価値観を基準にして「あれが一番でこれが二番」みたいな阿呆な物言いは慎みたいとは思っています。

それから、もう一つ付け加えておきたいのは、この録音のクオリティに関わる評価です。これもまた、ネット上では残響過多の風呂場で録音したような響きだという酷評があふれています。確かに、たっぷりとホールトーンは取り込まれていることは事実ですが、それにマスキングされて個々の楽器の響きが曖昧になっているようなことは断じてありません。
録音というものが持つ価値を誰よりも知り抜いていたカラヤンが、そんなプアな録音を許可するはずはないのです。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



2980 Rating: 4.9/10 (33 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-10-22]

ムソソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編曲)
ルネ・レイボヴィッツ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1962年録音

[2019-10-20]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第28番 イ長調 Op.101
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年9月15日~18日録音

[2019-10-18]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第1番ヘ長調 , K.37
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1966年9月10日~19日録音

[2019-10-15]

ベートーベン:ヴァイオリンソナタ第8番 ト長調 Op.30-3
(P)ロベール・カサドシュ (vn)ジノ・フランチェスカッティ 1961年10月2日~7日録音

[2019-10-10]

ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ウィーン交響楽団 1954年3月23日~26日録音

[2019-10-04]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第27番 ホ短調 Op.90
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1965年1月14日~15日録音

[2019-09-29]

ベートーベン:ヴァイオリンソナタ第7番 ハ短調 Op.30-2
(P)ロベール・カサドシュ (vn)ジノ・フランチェスカッティ 1961年10月2日~7日録音

[2019-09-26]

ブルックナー:交響曲第4番 変ホ長調「ロマンティック」
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1953年5月6日~7日録音

[2019-08-12]

ベートーベン:ピアノソナタ第26番 変ホ長調 作品81a 「告別」
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年9月15日~18日録音

[2019-07-29]

ベートーベン:交響曲第5番ハ短調 作品67「運命」
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ウィーン交響楽団 1958年2月23日~26日録音