クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


AmazonでCDをさがすAmazonでカラヤンのCDをさがす
Home|カラヤン|ラヴェル:ボレロ

ラヴェル:ボレロ

カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1966年3月録音

Ravel:Bolero, M. 81




変奏曲形式への挑戦

この作品が一躍有名になったのは、クロード・ルルーシュ監督の映画「愛と哀しみのボレロ」においてです。映画そのものの出来は「構え」ばかりが大きくて、肝心の中味の方はいたって「退屈」・・・という作品でしたが(^^;、ジョルジュ・ドンがラストで17分にわたって繰り広げるボレロのダンスだけは圧巻でした。
そして、これによって、一部のクラシック音楽ファンしか知らなかったボレロの認知度は一気に上がり、同時にモダン・バレエの凄さも一般に認知されました。

さて、この作品なのですが、もとはコンサート用の音楽としてではなく舞踏音楽として作曲されました。ですから、ジョルジュ・ドンの悪魔的なまでのダンスとセットで広く世に知れ渡ったのは幸運でした。なにしろ、この作品を肝心のダンスは抜きにして音楽だけで聞かせるとなると、これはもう、演奏するオケのメンバーにとってはかなりのプレッシャーとなります。
嘘かホントか知りませんが、あのウィーンフィルがスペインでの演奏旅行でこの作品を取り上げて、ものの見事にソロパートをとちってぶちこわしたそうです。スペイン人にとっては「我らが曲」と思っている作品ですから、終演後は「帰れ」コールがわき上がって大変なことになったそうです。まあ、実力低下著しい昨今のウィーンフィルだけに、十分納得のいく話です。

この作品は一見するとととてつもなく単純な構造となっていますし、じっくり見てもやはり単純です。
1. 最初から最後まで小太鼓が同じリズムをたたき続ける。
2. 最初から最後まで少しずつレッシェンドしていくのみ。
3. メロディは2つのパターンのみ

しかし、そんな「単純」さだけで一つの作品として成り立つわけがないのであって、その裏に、「変奏」という「種と仕掛け」があるのではないかとユング君は考えています。変奏曲というのは一般的にはテーマを提示して、それを様々な技巧を凝らして変形させながら、最後は一段高い次元で最初のテーマを再現させるというのが基本です。

そう言う正統的な捉え方をすれば、同じテーマが延々と繰り返されるボレロはとうていその範疇には入りません。
でも、変奏という形式を幅広くとらえれば、「音色と音量による変奏曲形式」と見れなくもありません。

と言うか、まったく同じテーマを繰り返しながら、音色と音量の変化だけで一つの作品として成立させることができるかというチャレンジの作品ではないかと思うのです。
ショスタの7番でもこれと同じ手法が用いられていますが、しかしあれは全体の一部分として機能しているのであって、あのボレロ的部分だけを取り出したのでは作品にはなりません。

人によっては、このボレロを中身のない外面的効果だけの作品だと批判する人もいます。
名前はあげませんが、とある外来オケの指揮者がスポンサーからアンコールにボレロを所望されたところ、「あんな中身のない音楽はごめんだ!」と断ったことがありました。
それを聞いた某評論家が、「何という立派な態度だ!」と絶賛をした文章をレコ芸に寄せていました。

でも、私は、この作品を変奏曲形式に対する一つのチャレンジだととらえれば実に立派な作品だと思います。
確かにベートーベンなんかとは対極に位置する作品でしょうが、物事は徹すると意外と尊敬に値します。

完璧さ故の物足りなさ


「ファインプレー」を演じているようでは一流の野球選手とは言われないそうです。本当の一流というのは、どんなに難しいゴロでもなんなく捌いて、いとも簡単にアウトにしてしまう選手のことを言うそうです。
ところが、見ている方からすると、そう言う超一流のプレーというのはあまり面白くないのです。
面白くないので、何でもないゴロや飛球をまるで「ファインプレー」であるかのように捌いて拍手喝采をねらう奴が出てきたりします。プロならばそれもまた芸のうちなのかもしれません。

しかしながら、そう言う際物のファインプレーに拍手喝采し、本当の名人芸を見逃してしまうようでは、その芸の世界は衰退します。「芸」というのは、それを演じるものだけで成り立つのではなく、その「芸」を見極めることができる「受け手」がいてこそ成り立つのです。

なぜ、こんな事を書いたかというと、それほどまでにカラヤン&ベルリンフィルがいとも易々とボレロを演奏してしまっているのです。

「ボレロ」という音楽は、一度聞いてしまうと次からは「種明かしをされた手品」みたいになってしまう音楽です。
ですから、ボレロというのは、どこかで誰かがヘマをするのではないかという、「怪しからぬハラハラドキドキ感」が素敵なのです。
逆に言えば、「誰かがへまをするんじゃないか!」というような興味でもなければ、今一つつまらない音楽になってしまうのです。

世間では名盤ということになっているクリュイタンス盤などは、セッション録音であるにもかかわらず、そう言うハラハラドキドキ感が満載なのです。

ところが、このカラヤンとベルリンフィルはそのボレロを「なんと言うこともない小品ですよー」みたいな感じで、汗一つ流す事もなく、いとも易々と演奏をしてしまっているのです。
それって、怪しからぬほどにつまらないではないですか!!

さらに言えば、このコンビは演奏が完璧であるが故に、ボレロという音楽が持っている弱さや底の浅さみたいなものをあからさまに露呈させてしまうのです。言ってみれば、種明かしをされた手品の「種」を懇切丁寧に解説してくれるような演奏なのです。
その意味では、このカラヤンとベルリンフィルのボレロは実につまらない演奏になっているのです。

しかし、その「つまらなさ」は同時に彼らに対する最高の讃辞でもあるのです。もちろん、これはセッション録音なのですが、ライブであっても同じようなクオリティの演奏を聞かせるだろう事は容易に察せられます。
実につまらないコンビなのです。困ったものです。(= =v

<コメントへの追記>
みんないろいろなところが気になるんですね。(^^;
私が何気に気になったのは、何処とは言いませんが(おそらく)ミュートをつけたであろうトランペットのソロ。でも、何の躊躇いもなく、そしてなんと言うこともないですよ、という感じで演奏しきってしまうベルリンフィルはやはりすぎと思います。オケがハイテク化する80年代以降ならどうって事はないのですが、それよりも20年前の話ですからね・・・。

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



2976 Rating: 6.1/10 (20 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2017-01-27:Sammy


2017-02-03:べんじー


2017-02-04:HIRO


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-12-17]

モーツァルト:モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466(cadenzas:Beethoven)
(P)アニー・フィッシャー エードリアン・ボールト指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1959年2月13日~15日&4月22日録音

[2017-12-16]

ベートーベン:ピアノソナタ第18番 変ホ長調 作品31-3
(P)アニー・フィッシャー 1961年6月14,17日録音

[2017-12-16]

メンデルスゾーン:演奏会用小品第2番ニ短調 Op.114
(Clarinet)レオポルト・ウラッハ (P)イェルク・デムス (Basset-horn)フランツ・バルトシェック 1950年録音

[2017-12-15]

メンデルスゾーン:演奏会用小品第1番へ短調 Op.113
(Clarinet)レオポルト・ウラッハ (P)イェルク・デムス (Basset-horn)フランツ・バルトシェック 1950年録音

[2017-12-15]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番 変ホ長調 K.482(cadenzas:Hummel)
(P)アニー・フィッシャー ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1958年2月28日&3月1日,2日&10日録音

[2017-12-14]

シューマン:おとぎ話 Op.132
(Clarinet)レオポルト・ウラッハ (P)イェルク・デムス (va)エーリッヒ・ヴァイス 1950年録音

[2017-12-14]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467(cadenzas:Busoni)
(P)アニー・フィッシャー ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1958年2月28日&3月1日,2日&10日録音

[2017-12-13]

モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581
(Clarinet)レオポルド・ウラッハ シュトルス四重奏団 1954年録音

[2017-12-13]

ベートーベン:劇音楽「エグモント」 Op. 84 序曲
エーリッヒ・クライバー指揮 NBC交響楽団 1948年1月10日録音

[2017-12-12]

ベートーベン:ピアノソナタ第24番「テレーゼ」 嬰へ長調 作品78
(P)アニー・フィッシャー 1958年10月14日録音