クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



Home| 作曲家で選ぶ | J.S.BACH

J.S.BACH

<ドイツ:1685〜1750>

経歴


1685年3月21日、アイゼナッハに生まれる。
 一族は2世紀にわたって50人以上の優れた音楽家を輩出したことで有名で、他と区別するために「大バッハ」と呼ばれることもある。
 1703年にアルンシュタットの新オルガンの試奏で優れた技術を披露し、そのまま新教会のオルガニストに就任して音楽家としてのキャリアをスタートする。
 その後は別の教会のオルガニストに転職をした後、ヴァイマル(1708〜1717)やケーテンの宮廷(1717〜1723)に仕える。

 特にケーテンの宮廷は、領主であるレーオポルド公は音楽に理解も深く、バッハを尊敬すべき友人として遇したため、バッハにとってはその生涯で最も幸福で実り豊かなものとなった。
 しかし、レーオポルド公が結婚によって音楽熱が冷めていくのをきっかけに、息子達の大学教育のためもあってライプティッヒに活動の場を移す。
 そして1750年に亡くなるまで聖トーマス教会のカントールとして多くの作品を残す。

 彼はオペラ以外の全ジャンルにわたって作品を残している。
 それは時々の職務に応じて忠実に責務を果たした結果だが、そのおかげで、ドイツの厳格な対位法様式は言うに及ばず、イタリアの協奏曲や声楽の様式、そしてフランスの鍵盤楽器様式管弦楽法などが彼の中に流れ込み、そして統合されていった。

 晩年は各地のオルガンの試奏に招かれるとともに音楽家として大成した息子達を訪ねるのを楽しみにしていた。
 しかし、1749年には視力をほとんど失うようになり、その後手術の失敗もあって1750年7月28日に逝去する。

ユング君の一言


「バッハ一人を失うくらいなら、それと引き替えに残りの全てを失ってもよい。」
 そんなことを言った人がいました。
 ユング君としては、残りの全てを失うのはちょっともったいなさすぎるとは思いますが(^^;、バッハを失うのは耐え難いのは事実です。
 バッハという人は音楽史を二分する存在です。バッハ以前とバッハ以後にです。
 西洋音楽の歴史は、バッハ以前においてはその全てがバッハという存在に流れ込み、バッハ以後においては、その流れをたどれば全てがバッハという源流に行き着きます。つまり全てはバッハに流れ込み、そしてバッハから流れ出します。
 やはりバッハは大海です。

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-04-25]

ドヴォルザーク:序曲「フス教徒」 Op.67
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1962年2月録音

[2019-04-24]

シューベルト:ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D 960
(P)アニー・フィッシャー 1960年5月30日&6月1日~2日録音

[2019-04-23]

ブラームス:ラプソディ「冬のハルツの旅」(アルト・ラプソディ)作品53
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 (A)アーフェ・ヘイニス ウィーン交響楽団 ウィーン楽友協会合唱団 1962年2月録音

[2019-04-22]

モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 K.543
エーリッヒ・クライバー指揮 ケルン放送交響楽団 1956年1月録音

[2019-04-21]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2019-04-20]

バッハ:第4番変ホ長調 BWV1010
(Cell)ガスパール・カサド 1957年録音

[2019-04-19]

ハイドン:交響曲第12番 ホ長調 Hob.I:12
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-04-18]

ブラームス:「大学祝典」序曲 Op. 80
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 ウィーン交響楽団 1961年1月録音

[2019-04-17]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音

[2019-04-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音