クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでオーマンディのCDをさがす
Home|オーマンディ|ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調 RV512

ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調 RV512

(Vn)オイストラフ&スターン オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1959年12月31日録音

Vivaldi:Concerto for 2 Violin , Strings ando Continuo in D major RV512 [1st movement]

Vivaldi:Concerto for 2 Violin , Strings ando Continuo in D major RV512 [2nd movement]

Vivaldi:Concerto for 2 Violin , Strings ando Continuo in D major RV512 [3rd movement]


協奏曲のスタイルを確立した作曲家

ヴィヴァルディと言えば「四季」しか思い浮かばない人が多いと思いますが、実は多作な作曲家でした。
私の手もとにも全集のボックス盤があるのですが、結構な重量物です。
そして、その大半を占めるのが「協奏曲」のジャンルです。楽譜が残されているものだけでも500曲を超えます。

後世との関係でいえば、ヴィヴァルディの最大の功績はこの「協奏曲」というジャンルをコレッリなどから引き継いで完成させたことが挙げられます。

コレッリの時代に「協奏曲」といえば基本は「合奏協奏曲」でした。
「合奏協奏曲」とは聞き慣れない言葉ですが、独奏楽器群(コンチェルティーノ)とオーケストラの総奏(リピエーノ)に分かれ、2群が交代しながら演奏する楽曲のことです。

ヴィヴァルディも最初はこのスタイルで作品を書き始めるのですが、やがて一人の独奏楽器の奏者にオーケストラの総奏が対峙するスタイルに変化していきます。そして、3楽章構成を基本として「急ー緩ー急」という「ヴィヴァルディ・タイプ」を確立しました。
この基本スタイルに大きな影響を受けたのがバッハでした。
そして、この偉大なバッハに影響を与えた作曲家、と言う文脈で20世紀に入ってから再発見されたのがヴィヴァルディだったわけです。

ヴィヴァルディが「合奏協奏曲」のスタイルを捨てて「独奏協奏曲」のスタイルで書いた作品は300曲を超えるといわれています。そして、その大半がヴァイオリンのための協奏曲でした。
その事は、彼自身がヴァイオリンの名手であり、興行主としてお金儲けに熱心だったことが関係しています。

そして、その膨大なヴァイオリン協奏曲の他に二つの独奏ヴァイオリンのための協奏曲も25曲ほど残されています。「RV(リオム番号)」でいえば「RV505」から「RV530」までです。
このスタイルが「合奏協奏曲」から「独奏協奏曲」への過渡期の作品なのか、それとも「独奏協奏曲」の発展形なのかは資料を調べた限りではよく分かりませんでした。しかし、独奏楽器の名人性ということでは控えめな感じがするので、雰囲気としては「過渡期」の作品と見るのが妥当なのかもしれません。


  1. 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ハ短調 RV509

  2. 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ長調 RV512

  3. 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調 RV514

  4. 2つのヴァイオリンのための協奏曲 ト短調 RV517




売れ筋を狙ったのでしょうか?

ヴァイオリンの独奏者にオイストラフとスターンを招き、バックにオーマンディ&フィラデルフィア管弦楽団を配するという豪華な顔ぶれで、どうしてこのような作品を録音しようという話になったのかがどうしても理解できません。
そこに、なにかの「芸術的価値」もしくは「芸術的興味」があったとはどうしても思えません。

確かにヴィヴァルディは協奏曲というスタイルを確立するという「いい仕事」を成し遂げた人ですが、しかし個々の作品を見てみれば「「同じ協奏曲を書き換えただけのものだ」との酷評にも何となく納得してしまう部分があるのも事実です。耳あたりの良い、そして発止とした音楽を書いたことは否定しませんが、何を聴いてもみんな同じように聞こえることも事実です。

となると、これは、やはりレーベル側が持ちかけた「おいしい仕事」だったのかな?と思わざるを得ません。
時は、イ・ムジチの仕掛けた「四季」でバロック音楽はブームになっていました。ですから、そのブームに乗って、このビッグネームで一儲けを狙ったと見ても、それほど穿った見方とは言えないでしょう。

ただ、これを聴いて面白いなと思ったのは、「四季」の時には独奏者が身内のコン・マスだったので弦楽器オケは好き勝手に弾きまくっていましたが、さすがに独奏者にオイストラフとスターンを招くとそう言うわけにはいかなかったようです。
妙に、行儀良くバランスをとってしまっているのが実に残念です。

願わくば、このオイストラフとスターンに喧嘩を仕掛けるような爆走をしてくれて、それにこの両巨頭が突っかかってくれたならば、それこそ一期一会の演奏が聴けたはずです。
どうせやるなら、そこまでやってほしかったです、オーマンディさん!!

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



2192 Rating: 4.5/10 (40 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-07-18]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調 作品68「田園」
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ウィーン交響楽団 1953年2月22日~24日録音

[2019-07-17]

バッハ:管弦楽組曲第1番 ハ長調 BWV1066
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1962年録音

[2019-07-15]

ベートーベン:交響曲第9番ニ短調 作品125「合唱」
ヘルマン・シェルヘン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽 (S)マグダ・ラースロ (A)ヒルデ・レッスル=マイダン (T)ペトレ・ムンテアヌ (Bass)リヒャルト・シュタンデン ウィーン・アカデミー合唱団 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1953年7月録音

[2019-07-14]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第23番「熱情」 ヘ短調 Op.57
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年9月15日~18日録音

[2019-07-13]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第22番 ヘ長調 Op.54
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年9月15日~18日録音

[2019-07-11]

ベートーベン:交響曲第4番変ロ長調 作品60
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1957年4月23日~24日録音

[2019-07-09]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第15番 イ短調 OP.132
ブダペスト弦楽四重奏団 1942年4月13日~14日録音

[2019-07-08]

ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲第8番 ヘ長調 RV.485
(Bassoon)シャーマン・ウォルト ジンプラー・シンフォニエッタ 1958年10月29日~30日録音

[2019-07-07]

J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1962年録音

[2019-07-06]

マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ウィーン祝祭管弦楽団 1963年リリース(50年代録音)