クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでライトナーのCDをさがす
Home|ライトナー|モーツァルト:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 『ポストホルン』

モーツァルト:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 『ポストホルン』

ライトナー指揮 バイエルン放送交響楽団 1957年1月3~5日録音



Mozart:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 「ポストホルン」 「第1楽章(アダージョ・マエストーソ?アレグロ・コン・スピーリト)」

Mozart:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 「ポストホルン」 「第2楽章(メヌエット)」

Mozart:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 「ポストホルン」 「第3楽章(アンダンテ・グラツィオーソ)」

Mozart:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 「ポストホルン」 「第4楽章(ロンド)」

Mozart:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 「ポストホルン」 「第5楽章(アンダンティーノ)」

Mozart:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 「ポストホルン」 「第6楽章(メヌエット)」

Mozart:セレナーデ第9番 ニ長調 K.320 「ポストホルン」 「第7楽章(フィナーレ プレスト)」


ディヴェルティメントの概要

ディヴェルティメントというのは18世紀に流行した音楽形式で、日本語では「嬉遊曲」と訳されていました。しかし、最近ではこの怪しげな訳語はあまり使われることがなく、そのままの「ディヴェルティメント」と表示されることが一般的なようです。
さて、このディヴェルティメントとよく似た形式としてセレナードとかカッサシオンなどがあります。これらは全て貴族などの上流階級のための娯楽音楽として書かれたものだと言われていますが、その区分はあまり厳密ではありません。

ディヴェルティメントは屋内用の音楽で、セレナードは屋外用の音楽だったと説明していることが多いのですが、例えば有名なK.525のセレナード(アイネク)がはたして屋外での演奏を目的に作曲されたのかと聞かれればいたって疑問です。さらに、ディヴェルティメントは6楽章構成、セレナードは8楽章構成が典型的な形と書かれていることも多いのですが、これもまた例外が多すぎます。
さらに言うまでもないことですが、19世紀以降に書かれたセレナード、例えばチャイコフスキーやドヴォルザークなどの「弦楽ためのセレナード」などは、18世紀おけるセレナードとは全く違う種類の音楽になっています。ディヴェルティメントに関しても20世紀になるとバルトークの「弦楽のためのディヴェルティメント」のような形で復活するのですが、これもまた18世紀のものとは全く異なった音楽となっています。
ですから、これらは厳密なジャンル分けを表す言葉として使われたのではなく、作曲家の雰囲気で命名されたもの・・・ぐらいに受け取っておいた方がいいようです。

実際、モーツァルトがディヴェルティメントと命名している音楽だけを概観してみても、それは同一のジャンルとしてくくることに困難を覚えるほどに多様なものとなっています。
楽章構成を見ても6楽章構成にこだわっているわけではありませんし、楽器構成を見ても管楽器だけによるもの、弦楽器だけのもの、さらには両者を必要とするものと多種多様です。作品の質においても、「卓上の音楽」にすぎないものから、アインシュタインが「音楽の形式をとった最も純粋で、明朗で、この上なく人を幸福にし、最も完成されたもの」と褒めちぎったものまで、これもまた多種多様です。アインシュタインは、全集版において「ディヴェルティメント」という名前がつけられていると言うだけで、騎馬バレーのための音楽と繊細この上ない室内楽曲がひとまとめにされていることを強く非難しています。ですから、彼は全集版にしたがって無造作に分類するのではなく、作品を一つ一つ個別に観察し、それがどのグループに入るかを決める必要があると述べています。

新モーツァルト全集においては、アインシュタインが指摘したような「無情」さは幾分は改善されているようで、楽器構成を基本にしながら以下のような3つのカテゴリーに分類しています。

<第1部> オーケストラのためのディヴェルティメント、カッサシオン
<第2部> 管楽器のためのディヴェルティメント
<第3部> 弦楽器と管楽器のためのディヴェルティメント

ユング君にはこれらの作品を一つ一つ詳細に論じる力はありませんので、偉大なるアインシュタインがこれらの作品に寄せた賛辞を抜粋することで紹介に変えたいと思います

<第3部> 弦楽器と管楽器のためのディヴェルティメント


アインシュタインが「音楽の形式をとった最も純粋で、明朗で、この上なく人を幸福にし、最も完成されたもの」と評価したのは「K247・K287・K334」の3つの作品のことで、新全集では第3部の「弦楽器と管楽器のためのディヴェルティメント」のカテゴリに分類されています。さらに、姉ナンネルの誕生日のために書かれたK251(アインシュタインは「他の3曲よりもやや急いで投げやりに書かれた」と評しています)や、彼がこのような室内楽的な繊細さの先駆けと評したK205もこのカテゴリにおさめられています。
ただし、このカテゴリにはいくつかの断片作品の他にK.522:音楽の冗談 ヘ長調「村の音楽家の六重奏曲」がおさめられているのは謎です

K205:ディヴェルティメント 第7番 ニ長調
「5、6人の演奏者が行進曲とともに登場、退場し、庭にのぞんだ蝋燭の光に明るい広間で、本来のディヴェルティメントが演奏するさまが想像される。」
K247:ディヴェルティメント 第10番 ヘ長調「第1ロドロン・セレナーデ」
「二つの緩徐楽章の第1の方はアイネ・クライネのロマンツェを予感させる。」
K251:ディヴェルティメント 第11番 ニ長調「ナンネル・セプテット」
「なぜオーボエを使うのか?それはオーボエが非常にフランス的であるからである。ヴォルフガングはお姉さんの前でフランス風に振る舞いたかったのである。おそらくそれは、パリで一緒に住んでいた日々の思い出のためであろう。」
K287:ディヴェルティメント 第15番 変ロ長調「第2ロドロン・セレナード」
「2番目のアダージョはヴァイオリン・コンチェルトの純正で情の細やかな緩徐楽章となる。そして、フィナーレは、もはや「結末」ではなく、一つの偉大な、全体に王冠をかぶせる終楽章になっている。」
K334:ディヴェルティメント 第17番 ニ長調「ロビニッヒ・ディヴェルティメント」
「2番目の緩徐楽章はヴァイオリンのためのコンチェルト楽曲であって、独奏楽器がいっさいの個人的なことを述べたてるが、伴奏も全然沈黙してしまわないという「セレナード」の理想である。」

<第2部> 管楽器のためのディヴェルティメント


アインシュタインは管楽器のためのディヴェルティメントのことを「われわれは、これらの管楽器のためのディヴェルティメントを一つ一つ扱う必要はない。」と述べています。そして、「それらは純粋の庭園音楽であり、・・・気むずかしい案出もなく緊張もない、形式の遊びである」と言い切った作品が、この第2部にまとめられています。
しかし、アインシュタインはそういいきりながら、「この求めるところのない作品の系列の最後には、今度もまた非常にすぐれた3つの作品があり、この系列ばかりでなく、このジャンル全体の頂点と見なされるべきもの」と賛辞を送っています。
その3つの作品というのは、「K361・K375・K388」です。

K361:セレナード 第10番 変ロ長調「グランパルティータ」
「作品の直接の魔力は、単なる音響そのものから発する。それはトゥティと独奏の絶え間ない交替であり、新しい組み合わせの饗宴がある。」
「モーツァルトが最初の緩徐楽章で第1ホルンと第2ホルンだけを使っていることは、彼のこの上ない芸術的叡智を証している。それは恋する若者の高鳴る胸から、憧れと嘆きと愛とが息吹のようにあえぎ出る、あの星空のもとのローミオの情景である。」
K375:セレナード 第11番 変ホ長調
「第1楽章はソナタ形式の理想的な行進曲に他ならず、ここの楽器のどれものための、華やかな旋律的、装飾的な生命に満ちている。これを吹奏することは喜びである!」
K388:セレナード 第12番 ハ短調「ナハトムジーク」
「ハ短調という暗い調性はモーツァルトの社交音楽の中では唯一無二のものである。ト短調がモーツァルトにおける宿命の調性ならば、ハ短調は劇的な調性であり、いわば、叙情的なものがたえず陰気な発作に襲われるのである。この第1楽章はハ短調ピアノコンチェルト(K491)への道を開いていると同時に、ベートーベンの第5シンフォニーへの道も開いている。」

<第1部> オーケストラのためのディヴェルティメント、カッサシオン


アインシュタインは、このジャンルにおける最後のカテゴリとして、シンフォニーとヴァイオリン・コンチェルトとに同時に近づく作品群をあげています。このカテゴリにおける最も有名なものがK250の「ハフナー・セレナード」であり、アインシュタインは「一対のホルンを持つ室内楽曲でもなく、吹奏楽でもなく、コンチェルタントなものへの傾向を持つオーケストラ楽曲であり、シンフォニー楽曲である」と述べています。
新全集では主要な作品として以下がおさめられています。

K113:ディヴェルティメント 第1番(協奏曲)変ホ長調
「管楽セレナードと、初期のイタリア化したシンフォニーの中間に位置する作品である。弦楽器群と管楽器群はシンフォニーのようにコントラストをなしているが、全体は決定的に野外音楽に傾いており、理想的な庭園音楽である。」
K131:ディヴェルティメント 第2番 ニ長調
「ややのちに、これらのセレナーデは、明白な結婚式の音楽、つまり少なくとも八ないし九楽章を持つ、ざわめくような性格の晴れがましいシンフォニーとなる。」
K185:セレナード 第3番 ニ長調「アントレッター」
「旋律的な風刺に富み、結婚式の時のならわしどおり、思い切ってあからさまなエロティックな風刺もたっぷりある。」
K203:セレナーデ 第4番 ニ長調
挿入されたヴァイオリンコンチェルトは全く成熟しきっていて、作品の中の真正の作品であって、ただのエピソードではない。
K204:セレナーデ 第5番 ニ長調
「この曲は全般にのんびりと上機嫌に聴いていられる。最後のアレグロではもう儀式らしさが感じられない。」
K239:セレナーデ 第6番 ニ長調「セレナータ・ノットゥルナ」
「音響と旋律法の点で、モーツァルトの初期の作品中最も魅惑的な1曲であって、われわれは三つの楽章に補充を加える要求を感じない。」
K250:セレナーデ 第7番「ハフナー」
「一対のホルンを持つ室内楽曲でもなく、吹奏楽でもなく、コンチェルタントなものへの傾向を持つオーケストラ楽曲であり、シンフォニー楽曲である」
K286:セレナード 第8番 ニ長調「4つのオーケストラのためのノットゥルノ」
「ザルツブルグ近郊のミラベルにおける庭園の戯れと庭園の不思議のための、真の夜の音楽といえるだろう。」
K320:セレナーデ 第9番「ポストホルン」
「第1楽章では、モーツァルトと大司教の関係が、単に音楽的=象徴的にであるとはいえ、はっきりとユーモラスに描かれている。」
アレグロは戦闘的な性格を持っており、「戦闘的性格は第二主題で完全に対立に発展する。これはヴォルフガングの懇願をいっさい頑固にはねつける大司教である。なにも気づかない大司教にこれを聴かせ、この肖像によって理想的な復讐をしてやろうということが確かにモーツァルトの頭の中にはある。」
K525:セレナーデ 第13番 ト長調「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
「四つの楽章は全く簡潔である。音符一つ付けくわえることも不可能であろう。個人的すぎることはいっさい言わない。これは極度に小さな枠に収められた傑作中の傑作である。」


名匠、ライトナー

フェルディナント・ライトナーと聞いてピンと来る人は、かなり年期の入ったクラシックファンでしょう。「欧州楽壇の縁の下の力持ち」なんて言われたりもするのですが、それよりも70年代から80年代にかけて定期的にN響に客演していたと言うことで記憶にとどめている人が大部分でしょう。
調べてみると、初めての来日は1964年なのですが、1976年から1990年にかけて2?3年おきに(1976年、79年、81年、83年、86年、89年、90年)N響の指揮台にたっています。
そして、不思議なことなのですが、こうして頻繁に来日して国内オケに客演指揮を繰り返すと、日本という国では「有難味」が薄れていきます。これはサヴァリッシュなども同様なのですが、馴染みになってくると、日本みたいな国に何度も足を運ぶってのはヨーロッパではあまり評価されていないんだろう、などと自虐的になってしまうのです。ただし、マタチッチみたいに、ヨーロッパでは誰も相手にしないのに、何故か日本では神格化されるという不思議な例もあるので、このように言い切ってしまうには躊躇いもあるのですが、おおむね間違っていないと思います。

そういう風に、何度もN響の指揮台にたってくれたライトナーへの評価は「手堅い」のひと言につきるのでしょう。
聞くものを興奮のるつぼにたたき込むような演奏はないけれども、コンサート会場に足を運んだ人を失望させるようなことも絶対にないというタイプです。統計的に表現すれば、中央値は平均よりも高くて標準偏差が非常に小さい、となるでしょうか。
ある人はこういうタイプの指揮者のことを「名匠」と呼びました。「巨匠(マエストロ)」ではなくて「名匠(マイスター)」です。

また、ライトナーという人を振りかえってみると、もう一つ「12年組」という言葉がついて回ります。「12年組」とは1912年に生まれた指揮者のグループを指し示す言葉です。
ざっと、思いつくだけでも、ギュンター・ヴァント、セルジュ・チェリビダッケ、イーゴリ・マルケヴィチ、クルト・ザンデルリンク、ゲオルク・ショルティと指が折れるのですから凄いです。これ以外にも渋いところではエーリヒ・ラインスドルフ、シャンドール・ヴェーグがいますし、国内では山田一雄がその仲間に入ります。
この12年組の特徴はと言えば、日本で言えば「大正デモクラシー」、ヨーロッパでは言えば二つの大戦の真ん中の「ワイマール期」に人格の形成期を過ごした連中だと言うことです。この時代の特徴をひと言で言えば、上から押しつけられていた蓋が取れたようなある種の自由な風潮の中で多様な価値観とそれに基づく芸術が一気に花を開いた時期だったと言えるでしょう。
例えば、この時代を特徴づける思潮として「表現主義」がありますが、それが一世を風靡すると、それへのカウンターとして「新即物主義」が表れてきます。クラシック音楽の世界では、この「表現主義」に基づいた主情的な表現が全盛を極める中で、トスカニーニに代表されるような「新即物主義」がカウンター勢力として登場してくると言うような次第です。

ですから、彼らはその人格形成期に様々な芸術的思潮に影響を受け、それらを豊かに取り入れていくことによって、ある意味で言えば、19世紀的なヨーロッパの教養を豊かに身につけていった世代だとも言えます。
そんな中で、ライトナーという人はヴァントやチェリビダッケのような「巨匠」にはなれなかったけれども、そう言うヨーロッパ的な教養をバックボーンにして、言葉は悪いかもしれませんが「間違いのない」音楽を提供してくれる偉大なる「名匠」にはなった人だと言えます。
その事は、こういうモーツァルトのセレナードからも聞き取ることができます。ピラミッド型のしっかりとしたオケの響き、ウイットに富んだ管楽器の扱い、そして何よりも、モーツァルトのセレナードというものはこういう風に演奏するものなんだという確信。もちろん、今の耳からすれば古く感じることは否めませんが、それでも心安からに聞くことのできる安心感は貴重です。
日曜日の朝、おいしい珈琲を飲みながらこういう音楽を聴くというのは、年を重ねた人間の一つの贅沢と言えるかもしれません。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1692 Rating: 5.2/10 (69 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2014-01-22:hiko





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-12-14]

サン=サーンス:交響詩「死の舞踏」op.40
ルネ・レイボヴィッツ指揮 パリ・コンセール・サンフォニーク協会管弦楽団 1960年録音

[2019-12-13]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第6番変ロ長調 , K.238
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1965年12月6日,8日,9日&12日録音

[2019-12-12]

ハイドン:交響曲第34番 ニ短調 Hob.I:34
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-12-10]

シューマン:交響曲第3番 変ホ長調 「ライン」 作品97
ルネ・レイボヴィッツ指揮 インターナショナル交響楽団 1960年録音

[2019-12-09]

J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV.1042
(Vn)ジョコンダ・デ・ヴィート:アンソニー・バーナード指揮 ロンドン室内管弦楽団 1949年2月17日~18日録音

[2019-12-08]

J.S.バッハ:ヴァイオリン協奏曲第2番ホ長調 BWV.1042
(Vn)ジョコンダ・デ・ヴィート:ラファエル・クーベリック指揮 ロンドン室内管弦楽団 1959年6月24日~25日録音

[2019-12-07]

ベートーベン:ピアノ三重奏曲 変ホ長調 Op.44(第10番)
ボザール・トリオ 1964年録音

[2019-12-06]

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 Op.64
(Vn)ジョコンダ・デ・ヴィート:サー・マルコム・サージェント指揮 ロンドン交響楽団 1951年11月5日&8日録音

[2019-12-05]

グリーグ:弦楽のための「2つの悲しき旋律」Op.34
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1951年6月4日録音

[2019-12-04]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第16番 ヘ長調 Op.135
ブダペスト弦楽四重奏団 1940年9月9日~10日録音