クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでクレンペラーのCDをさがす
Home|クレンペラー|ハイドン:交響曲第98番 変ロ長調

ハイドン:交響曲第98番 変ロ長調

クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1960年1月録音



Haydn:交響曲第98番 変ロ長調 「第1楽章」

Haydn:交響曲第98番 変ロ長調 「第2楽章」

Haydn:交響曲第98番 変ロ長調 「第3楽章」

Haydn:交響曲第98番 変ロ長調 「第4楽章」


ザロモン演奏会の概要

エステルハージ候の死によって事実上自由の身となってウィーンに出てきたハイドンに、「イギリスで演奏会をしませんか」と持ちかけてきたのがペーター・ザロモンでした。
彼はロンドンにおいてザロモン・コンサートなる定期演奏会を開催していた興行主でした。
当時ロンドンでは彼の演奏会とプロフェッショナル・コンサートという演奏会が激しい競争状態にありました。そして、その競争相手であるプロフェッショナル・コンサートはエステルハージ候が存命中にもハイドンの招聘を何度も願い出ていました。しかし、エステルハージ候がその依頼には頑としてイエスと言わなかったために、やむなく別の人物を指揮者として招いて演奏会を行っていたという経緯がありました。
それだけに、ザロモンはエステルハージ候の死を知ると素早く行動を開始し、破格とも言えるギャランティでハイドンを口説き落とします。
そのギャラとは、伝えられるところによると、「新作の交響曲に対してそれぞれ一曲あたり300ポンド、それらの指揮に対して120ポンド」等々だったといわれています。ハイドンが30年にわたってエステルハ?ジ家に仕えることで貯蓄できたお金は200ポンドだったといわれますから、これはまさに「破格」の提示でした。
このザロモンによる口説き落としによって、1791年・1792年・1794年の3年間にハイドンを指揮者に招いてのザロモン演奏会が行われることになりました。そして、ハイドンもその演奏会のために93番から104番に至る多くの名作、いわゆる「ザロモン・セット」とよばれる交響曲を生み出したわけですから、私たちはザロモンに対してどれほどの感謝を捧げたとして捧げすぎるということはありません。

第1期ザロモン交響曲(第93番?98番)
1791年から92年にかけて作曲され、演奏された作品を一つにまとめて「第1期ザロモン交響曲」とよぶのが一般化しています。この6曲は、91年に作曲されて、その年に初演された96番と95番、91年に作曲されて92年に初演された93番と94番、そして92年に作曲されてその年に初演された98番と97番という三つのグループに分けることが出来ます。

<第1グループ>
・96番「奇跡」:91年作曲 91年3月11日初演
・95番    :91年作曲 91年4月1日or4月29日初演
<第2グループ>
・93番    :91年作曲 92年2月17日初演
・94番「驚愕」:91年作曲 92年3月23日初演
<第3グループ>
・98番    :92年作曲 92年3月2日初演
・97番    :92年作曲 92年5月3日or5月4日初演

91年はハイドンを招いての演奏会は3月11日からスタートし、その後ほぼ週に一回のペースで行われて、6月3日にこの年の最後の演奏会が行われています。これ以外に5月16日に慈善演奏会が行われたので、この年は都合13回の演奏会が行われたことになります。
これらの演奏会は「聴衆は狂乱と言っていいほどの熱狂を示した」といわれているように、ザロモン自身の予想をすら覆すほどの大成功をおさめました。また、ハイドン自身も行く先々で熱狂的な歓迎を受け、オックスフォード大学から音楽博士号を受けるという名誉も獲得します。
この大成功に気をよくしたザロモンは、来年度もハイドンを招いての演奏会を行うということを大々的に発表することになります。

92年はプロフェッショナル・コンサートがハイドンの作品を取り上げ、ザロモン・コンサートの方がプレイエルの作品を取り上げるというエールの交換でスタートします。
そして、その翌週の2月17日から5月18日までの12回にわたってハイドンの作品が演奏されました。この年は、これ以外に6月6日に臨時の追加演奏会が行われ、さらに5月3日に昨年同様に慈善演奏会が行われています。

第2期ザロモン交響曲(第99番?104番)

1974年にハイドンはイギリスでの演奏会を再び企画します。
しかし、形式的には未だに雇い主であったエステルハージ候は「年寄りには静かな生活が相応しい」といって容易に許可を与えようとはしませんでした。このあたりの経緯の真実はヤブの中ですが、結果的にはイギリスへの演奏旅行がハイドンにとって多大な利益をもたらすことを理解した候が最終的には許可を与えたということになっています。
しかし、経緯はどうであれ、この再度のイギリス行きが実現し、その結果として後のベートーベンのシンフォニーへとまっすぐにつながっていく偉大な作品が生み出されたことに私たちは感謝しなければなりません。

この94年の演奏会は、かつてのような社会現象ともいうべき熱狂的な騒ぎは巻き起こさなかったようですが、演奏会そのものは好意的に迎え入れられ大きな成功を収めることが出来ました。
演奏会はエステルハージ候からの許可を取りつけるに手間取ったために一週間遅れてスタートしました。しかし、2月10日から始まった演奏会は、いつものように一週間に一回のペースで5月12日まで続けられました。そして、この演奏会では99番から101番までの三つの作品が演奏され、とりわけ第100番「軍隊」は非常な好評を博したことが伝えられています。

・ 99番    :93年作曲 94年2月10日初演
・101番「時計」:94年作曲 94年3月3日初演
・100番「軍隊」:94年作曲 94年3月31日初演

フランス革命による混乱のために、優秀な歌手を呼び寄せることが次第に困難になったためにザロモンは演奏会を行うことが難しくなっていきます。そして、1795年の1月にはついに同年の演奏会の中止を発表します。しかし、イギリスの音楽家たちは大同団結をして「オペラ・コンサート」と呼ばれる演奏会を行うことになり、ハイドンもその演奏会で最後の3曲(102番?104番)を発表しました。
そのために、厳密にいえばこの3曲をザロモンセットに数えいれるのは不適切かもしれないのですが、一般的にはあまり細かいことはいわずにこれら三作品もザロモンセットの中に数えいれています。
ただし、ザロモンコンサートが94年にピリオドをうっているのに、最後の三作品の初演が95年になっているのはその様な事情によります。
このオペラコンサートは2月2日に幕を開き、その後2週間に一回のペースで開催されました。そして、5月18日まで9回にわたって行われ、さらに好評に応えて5月21日と6月1日に臨時演奏会も追加されました

・102番      :94年作曲 95年2月2日初演
・103番「太鼓連打」:95年作曲 95年3月2日初演
・104番「ロンドン」:95年作曲 95年5月4日初演

ハイドンはこのイギリス滞在で2400ポンドの収入を得ました。そして、それを得るためにかかった費用は900ポンドだったと伝えられています。エステルハージ家に仕えた辛苦の30年で得たものがわずか200ポンドだったことを考えれば、それは想像もできないような成功だったといえます。
ハイドンはその収入によって、ウィーン郊外の別荘地で一切の煩わしい出来事から解放されて幸福な最晩年をおくることができました。ハイドンは晩年に過ごしたこのイギリス時代を「一生で最も幸福な時期」と呼んでいますが、それは実に納得のできる話です。


まるでベートーベンの交響曲のように響きます

20世紀の指揮者列伝を書こうと思えば、クレンペラーの名前を落とすことなどは考えられないことです。しかし、彼の生涯を振り返ってみると、レッグとのコンビでフィルハーモニア管を手兵として膨大な録音を残さなければ、偏屈なトンデモ指揮者の一人として記憶の片隅に残る存在でしかなかったはずです。
人の運・不運というのは分からないものです。
相次ぐ病気や大怪我で、何時命をなくしても不思議でないような人生を送ったにもかかわらず、70歳を目前にしてフィルハーモニア管という願ってもないパートナーを得たのですから。さらに言えば、彼を拾い出したレッグは、カラヤンの裏切り(EMIからドイツグラモフォンへの移籍)への対抗措置として、クレンペラーをフィルハーモニア管の常任指揮者に据え終身契約まで結んでくれたのです。もちろん、その期待に応えるだけの才能がクレンペラーにあったからですが、機会と運に恵まれず、虚しく埋もれていった多くの指揮者も少なくなかったでしょうから、彼の運の強さは尋常ではありません。

クレンペラーは、、この時代の巨匠としては守備範囲の広いタイプだったと思います。おおらかな時代でもありましたから、おそらくは、今すぐは売れなくても気にすることなく、クレンペラーが望むように録音がされたのではないかと思います。そのおかげで、私たちはこの偉大な指揮者による数多くの録音を持つことができました。

そんな幸いの中の一つも言うべきものが、この一連のハイドンの交響曲でしょう。
ハイドンというのは、かわいそうな存在です。「交響曲の父」などと言われながら、その作品が実際のコンサートで演奏されることは希です。録音においても、モーツァルトやベートーベンの陰に隠れて実に地味な存在であり、営業的にもそれほど売れるとも思えません。
ですから、録音するときは、ドーンと全集を作るとか、さすがにそれは大変だと言うときはザロモンセットだけはまとめて録音するとかしたようです。または「驚愕」とか「軍隊」とか「時計」などと言うニックネームのついた有名曲を録音するだけというのが良くあるパターンでした。
しかし、クレンペラーは、どうやら自分なりに「気に入った」作品だけを気ままに録音したような雰囲気があるのです。

1960年1月 録音
交響曲第98番変ロ長調
交響曲第101番ニ長調「時計」

1964年10月 録音
交響曲第88番ト長調
交響曲第104番ニ長調「ロンドン」

録音:1965年10月 録音
交響曲第100番ト長調「軍隊」
交響曲第102番変ホ長調

1970年2月 録音
交響曲第95番ハ短調

1971年9月 録音
交響曲第92番ト長調「オックスフォード」

ところが、この録音の全てが、実に素晴らしいのです。
ハイドンの交響曲というのは、下手の手にかかると実に持って退屈な代物です。大切なことは、職人ハイドンがそれぞれの作品に仕掛けた仕掛けを粋に再現してくれないといけないのですが、そのためにはビーチャムのウィットとか、ハイドンに負けないほどの職人技を発揮するセルのような精緻さが必要だと思っていました。
そんな時に出会って、こんな力業があったのか心底感心させられたのが、このクレンペラーによる一連の録音でした。
一番最初に録音された98番や「時計」だと多少は「真っ当」なのですが、それ以後の晩年の録音になると、まるでベートーベンの交響曲のように響きます。そして、104番「ロンドン」を彼の演奏で聞かされると、なるほどハイドンは真っ直ぐにベートーベンに繋がっていく存在であることを教えられるのです。

おそらく、クレンペラーのレパートリーの中にあって、ハイドンというのは周辺部に属するものでしょう。しかし、そうであっても、ハイドンをこのように再現した指揮者は後にも先にも彼だけです。彼以外では、絶対にこういうハイドンは聴けなかったという事実だけでも、この音のこの偉大さは記憶にとどめられる価値があります。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1560 Rating: 5.5/10 (63 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-11-20]

グリーグ:ペール・ギュント組曲 第2番 Op.55
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 (S)エルナ・スプーレンバーグ 1950年12月30日録音

[2019-11-19]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第4番ト長調 , K.41
(P)リリー・クラウス:スティーヴン・サイモン指揮 ウィーン音楽祭管弦楽団 1966年9月10日~19日録音

[2019-11-18]

グリーグ:ペール・ギュント組曲 第2番 Op.55
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1950年12月30日録音

[2019-11-17]

シューベルト:交響曲第8(9)番 ハ長調 「ザ・グレート」 D.944
ルネ・レイボヴィッツ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1962年1月16日~17日録音録音

[2019-11-16]

グリーグ:ペール・ギュント組曲 第1番 Op.46
ウィレム・ヴァン・オッテルロー指揮 ハーグ・レジデンティ管弦楽団 1950年12月30日録音

[2019-11-15]

ベートーベン:ヴァイオリンソナタ第10番 ト長調 Op.96
(Vn)ジノ・フランチェスカッティ (P)ロベール・カサドシュ 1958年5月12日~17日録音

[2019-11-14]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年1月26日録音

[2019-11-12]

ラヴェル:弦楽四重奏曲 ヘ長調
パレナン弦楽四重奏団:1950年代初頭録音

[2019-11-11]

ドビュッシー:弦楽四重奏曲 ト短調 作品10
パレナン弦楽四重奏団:1950年代初頭録音

[2019-11-10]

チャイコフスキー:交響曲第5番 ホ短調 Op.64
ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮 ミラノ・イタリア放送交響楽団 1960年9月録音