クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでオイストラフのCDをさがす
Home|オイストラフ|ショパン:ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.8

ショパン:ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.8

オイストラフ・トリオ(オイストラフ、オボーリン、クヌシェヴィツキー) 1950年録音



Chopin:ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.8 「第1楽章」

Chopin:ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.8 「第2楽章」

Chopin:ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.8 「第3楽章」

Chopin:ピアノ三重奏曲 ト短調 Op.8 「第4楽章」


マイナーな作品ですが、聞いてみると意外と魅力的です。

ショパンのピアノトリオと聞いて、「ああ、あの曲ね・・・。」と思い浮かぶ人はほとんどいないでしょう。おそらくは、「ショパンにピアノトリオなんてあったの?」という人が大部分ではないでしょうか。
そう言う私もショパンの室内楽と言えば晩年のチェロソナタが思い浮かぶくらいで、知識として、若き日の習作レベルの作品としてピアノトリオを書いたらしいと言うことを知っているレベルです。
実際、録音もホントに少ないようです。HMVのサイトへ行ってショパンと検索して、そこから室内楽作品に絞り込んでみると、ひっかかってくるのはほとんどがチェロソナタで、ピアノトリオの録音は数えるほどです。

ところが、この作品、実際に聞いてみるとなかなか魅力的です。
作曲されたのは1828年ですから、ショパン18歳の若書きの作品です。作品は、若きショパンの才能を愛し支援を続けていたポーランド貴族、ラジヴィウ公に献呈されています。
ラジヴィウ公は自宅にショパンを招いて演奏会などを行っていました。この作品は、チョロの名手だったラジヴィウ公とともに演奏を楽しむために作曲をされたようで、ピアノが中心的に活躍するのはショパンなら当然のことですが、弦楽器の方はヴァイオリンよりはチェロの方に重きがおかれています。
雰囲気としてはチェロが音楽全体をしっかりと支えて、その上をコンチェルトのようにピアノが活躍するという風情でしょうか?室内楽としてきちんとあわせようとすると、いささか困難を感じるような部分はあるようですが、まあ室内楽版のピアノコンチェルトと思えば納得がいくような雰囲気です。
第1楽章冒頭の出だしなんぞは、おそらく18歳の青年でないとかけないだろうな・・・と言う青春のせっぱつまったような思いにあふれています。第3楽章のメランコリックな風情も底が浅いと言えば浅いのでしょうが、それもまた青春です。
年食った人間はもう書けない音楽であることは事実で、そう言う「青さ」みたいなものが人間を50年もやっているととてもいとおしく思えたりする音楽です。

それだけに、この作品がこんなにも省みられないのは実に不思議です。


この作品のパブリックドメインは貴重です。

現役盤でもこの作品の録音は結構貴重です。それだけに、パブリックドメインで聞けるというのは実に貴重ですし、それがオイストラフ・トリオによる演奏となれば、これはもう嬉しくなってしまいます。
ただし、演奏の良否について云々できるほどこの作品の演奏を聴いたことがありません。確か、ヨー・ヨー・マがチェロを演奏している録音を聞いたことがある程度だと思うのですが、あれは、何だか特徴のない、ほとんど印象に残らないようなものだったような記憶があります。もっとありていに言えば、聞いてみて何の思いもわき上がってこないような演奏だったわけです。

それと比べると、この演奏は結構アクが強くて、そのアクの強さゆえに青春の澱のようなものもまじえて、何とも言えない青春の「カナシミ」みたいなものが伝わってきます。
なお、録音に関しては、この時代のものとしては「極上」の部類にはいります。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1187 Rating: 5.0/10 (97 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-04-24]

シューベルト:ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D 960
(P)アニー・フィッシャー 1960年5月30日&6月1日~2日録音

[2019-04-23]

ブラームス:ラプソディ「冬のハルツの旅」(アルト・ラプソディ)作品53
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 (A)アーフェ・ヘイニス ウィーン交響楽団 ウィーン楽友協会合唱団 1962年2月録音

[2019-04-22]

モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 K.543
エーリッヒ・クライバー指揮 ケルン放送交響楽団 1956年1月録音

[2019-04-21]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2019-04-20]

バッハ:第4番変ホ長調 BWV1010
(Cell)ガスパール・カサド 1957年録音

[2019-04-19]

ハイドン:交響曲第12番 ホ長調 Hob.I:12
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-04-18]

ブラームス:「大学祝典」序曲 Op. 80
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 ウィーン交響楽団 1961年1月録音

[2019-04-17]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音

[2019-04-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音

[2019-04-15]

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調 K.491
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音