クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




Home|全集|バルトーク:弦楽四重奏曲全集 ハンガリー弦楽四重奏団 1961年6月&9月録音

バルトークは基本的には「新しもの好き」な面もありましたが、その根っこの部分にはマジャールの魂みたいなものがどっかりと腰を据えているような気がします。 そう言う思いを持ってハンガリー弦楽四重奏団の演奏を聞くと、なるほど、これはスメタナ以降、脈々と受け継がれてきた東欧圏の国民楽派の音楽だと納得させられます。 これを「緩い」ととるか「濃厚」ととるか、それは聞き手の判断でしょう。 しかし、残念ながら、バルトークの弦楽四重奏曲をこんな風に演奏する団体は絶滅してしまいました 。誰も彼もが、ジュリアードやアルバン・ベルグをお手本にしてひたすら精緻な造形にしのぎを削る中で、こういう民族の魂をむき出しにしたような演奏は不可能になってしまっています。

バルトーク:弦楽四重奏曲第1番 Sz.40


バルトーク:弦楽四重奏曲第2番 Sz.67


バルトーク:弦楽四重奏曲第3番 Sz.85


バルトーク:弦楽四重奏曲第4番 Sz.91


バルトーク:弦楽四重奏曲第5番 Sz.102


バルトーク:弦楽四重奏曲第6番 Sz.114



リスニングルーム新着情報】



[2018-11-18]

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95(B.178)「新世界より」
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽団 1957年9月11日録音

[2018-11-17]

モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 K.543
ヨーゼフ・クリップス指揮 ロンドン交響楽団 1951年12月録音

[2018-11-16]

グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団 1958年12月28日~29日録音

[2018-11-16]

ボロディン:ダッタン人の行進~歌劇「イーゴリ公」より
フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団 1958年12月28日~29日録音

[2018-11-15]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ルドルフ・ケンペ指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年1月2日~3日&5日録音

[2018-11-14]

レスピーギ:バレエ音楽「風変りな店」(ロッシーニの「老いの過ち」より)
ゲオルク・ショルティ指揮 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団 1957年3月録音

[2018-11-13]

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「死と変容」 Op.24
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 パリ音楽院管弦楽団 1956年5月7日~8日録音

[2018-11-12]

フォスター:草競馬
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1965年5月1日&3日録音

[2018-11-12]

パデレフスキ:メヌエット
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1965年5月1日&3日録音

[2018-11-11]

ブルックナー:交響曲第7番 ホ長調
ヨッフム指揮 ベルリンフィル 1964年1月録音

[2018-11-10]

バルトーク:弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽, Sz.106
フリッツ・ライナー指揮 シカゴ交響楽団 1958年12月28日~29日録音

[2018-11-09]

シューベルト:魔王 D.328 & 無限なるものに D.291
(S)キルステン・フラグスタート (P)エドウィン・マッカーサー 1956年3月21日~23日録音

[2018-11-09]

シューベルト:アンセルモの墓 D.504
(S)キルステン・フラグスタート (P)エドウィン・マッカーサー 1956年3月21日~23日録音

[2018-11-08]

スッペ:序曲「詩人と農夫」
トーマス・ビーチャム指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1957年3月26日録音

[2018-11-08]

スッペ:序曲「詩人と農夫」
ウィレム・メンゲルベルク 指揮 コンセルトヘボウ管弦楽団 1932年5月11日録音