クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


AmazonでCDをさがすAmazonでハイフェッツのCDをさがす

Home|ハイフェッツ|ドヴォルザーク:ユーモレスク 変ト長調 作品101 第7番

ドヴォルザーク:ユーモレスク 変ト長調 作品101 第7番


Vn.ハイフェッツ 1944年10月18日録音


ドヴォルザークという人は骨の髄まで弦楽器の人だったようです

 ドヴォルザークはピアノの人ではありませんでした。チョコの片田舎で育った彼にとってヴァイオリンは馴染みのある楽器であっても、ピアノは手の届くものではなかったようです。もちろん、音楽家を志した青年期にもなればピアノにも親しむようになったのですが、「愛着」という点ではピアノは彼にとっては最後までよそよそしい楽器にとどまったようです。
 ですから、ロマン派の作曲家としては珍しく、めぼしいピアノ作品をほとんど残していません。調べてみると、ピアノ作品を全く書いていないわけではないのですが、その大部分は現在ではほとんど省みられることはありません。
 そんな中で、ほとんど唯一といっていいほど存在感を示しているのがこの「ユーモレスク」です。しかし、このあまりにも有名な作品も、実はピアノ作品としてではなく、クライスラーによってヴァイオリン曲に編曲されることで有名になったのでした。そして、現在もピアノ作品としてよりはヴァイオリンの作品として演奏されるのが一般的です。
 ドヴォルザークという人は骨の髄まで弦楽器の人だったようです。

 なお、どうでもいいことですが、「ユーモレスク」というのは今日ではこの作品のタイトルのように定着しているのですが、実は「ユーモレスク」というのは「自由な形式による小品集」というようなイメージの楽曲形式を表す言葉でした。ですから、この作品も正確には「8つのユーモレスク」という小品集の7番目の作品ということで、「8つのユーモレスク 第7番 変ト長調 作品101」となります。 
 しかし、今では「ユーモレスク」という言葉から「自由な形式による小品集」という楽曲形式をイメージする人はほとんどいないわけであって、「ユーモレスク」といえばこの作品のことです。
 ある意味において、作品が楽曲形式を乗り越えてしまったわけで、考えてみれば凄いことです。(^^v

SP盤とヴァイオリンの相性の良さ


 私もあちこちで書いていますし、いろんな人もあちこちで述べていますから、今さらという感じですが、それでも書かずにはおれません。
 ハイフェッツという人は小品を演奏させれば、本当に惚れ惚れとするほど素晴らしいです。そして、昨今のヴァイオリニストは技術的には本当に上手なのですが、何故かこういう小品は馬鹿にして真面目に取り組もうとしません。また、たとえ取り上げたとしても、昔の大家達がもっていたような「粋」は望むべくもありません。
 それから、今回あらためて感じたのはSP盤とヴァイオリンの相性の良さです。戦時中の本当に旧い録音ですが、このヴァイオリンの艶やかな響きは麻薬のような魅力に溢れています。逆に言えば、最近のデジタル録音が忘れてしまった禁断の魅力といえるかもしれません。こういう録音がある限りは、真空管のアンプが滅びることはなさそうです。

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



976 Rating: 8.2/10 (189 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2010-08-25:nako


2011-03-06:まりこ


2014-12-02:benetianfish


2014-05-20:Joshua


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-10-24]

[2017-10-24]

[2017-10-23]

[2017-10-23]

[2017-10-22]

[2017-10-22]

[2017-10-21]

[2017-10-21]

[2017-10-20]

[2017-10-19]