クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでリッチのCDをさがす
Home|リッチ|パガニーニ:カプリース(全24曲)

パガニーニ:カプリース(全24曲)

(Vn)ルジェーロ・リッチ:1950年録音



Paganini:カプリース第1番 ホ長調

Paganini:カプリース第2番 ロ短調

Paganini:カプリース第3番 ホ短調

Paganini:カプリース第4番 ハ短調

Paganini:カプリース第5番 イ短調

Paganini:カプリース第6番 ト短調

Paganini:カプリース第7番 イ短調

Paganini:カプリース第8番 変ホ長調

Paganini:カプリース第9番 ホ長調

Paganini:カプリース第10番 ト短調

Paganini:カプリース第11番 ハ長調

Paganini:カプリース第12番 変イ長調

Paganini:カプリース第13番 変ロ長調

Paganini:カプリース第14番 変ホ長調

Paganini:カプリース第15番 ホ短調

Paganini:カプリース第16番 ト短調

Paganini:カプリース第17番 変ホ長調

Paganini:カプリース第18番 ハ長調

Paganini:カプリース第19番 変ホ長調

Paganini:カプリース第20番 ニ長調

Paganini:カプリース第21番 イ長調

Paganini:カプリース第22番 ヘ長調

Paganini:カプリース第23番 変ホ長調

Paganini:カプリース第24番 イ短調


多くの作曲家に多大なる影響を与えた作品

この作品は言ってみればヴァイオリンの演奏技術の見本市のようなものだといえます。ここには彼が独学で開発して習得した様々な高度な技術が詰め込まれています。(ダブルストップ・左手のピチカート・フラジョレットなどなど・・・)
しかし、聞いてみれば分かるように、この作品にはそれだけにとどまらない何か鬼気迫るような雰囲気が醸し出されていくところにも魅力があります。
ですから、意外なほどにこの作品は多くの作曲家にインスピレーションを与え、有名なところだけでもざっと以下のような作品を生み出すきっかけとなっています。

★ ヨハン・ネポムク・フンメル
ピアノのための幻想曲「パガニーニの思い出」
★ ロベルト・シューマン
パガニーニのカプリスによる練習曲 Op.3 (6曲)
パガニーニのカプリスによる練習曲 Op.10 (6曲)
★ フランツ・リスト
パガニーニによる超絶技巧練習曲集 S.140 (6曲)
パガニーニによる大練習曲 S.141 (6曲)
★ フェルッチョ・ブゾーニ
パガニーニ風の序奏とカプリッチョ
  ★ ヨハネス・ブラームス
     パガニーニの主題による変奏曲 イ短調 Op.35
  ★ セルゲイ・ラフマニノフ
パガニーニの主題による狂詩曲 イ短調 Op.43

この一事を見るだけで、単なる技巧のひけらかしとは言い切れない作品だと納得するはずです。

<曲目リスト>

1. 奇想曲第1番ホ長調
2. 奇想曲第2番ロ短調
3. 奇想曲第3番ホ短調
4. 奇想曲第4番変ホ長調
5. 奇想曲第5番イ短調
6. 奇想曲第6番ト短調
7. 奇想曲第7番イ長調
8. 奇想曲第8番変ホ長調
9. 奇想曲第9番ホ長調「狩猟」
10. 奇想曲第10番ト短調
11. 奇想曲第11番ハ長調
12. 奇想曲第12番変イ長調
13. 奇想曲第13番ト短調「悪魔の笑い」
14. 奇想曲第14番変ホ長調
15. 奇想曲第15番ト長調
16. 奇想曲第16番ト短調
17. 奇想曲第17番変ホ長調
18. 奇想曲第18番ハ長調
19. 奇想曲第19番変ホ長調
20. 奇想曲第20番ニ長調
21. 奇想曲第21番イ長調
22. 奇想曲第22番ヘ長調/ニ短調
23. 奇想曲第23番変ホ長調/ハ短調
24. 奇想曲第24番イ短調


二つの選択

この作品を演奏する時は二つの選択が迫られるように見えます。まずは、この作品が内包している内面的な凄味をだすことを優先してテクニック的にはいささかモタモタした感じがともなっても仕方がないとするスタンスです。もうひとつは、いや、そうではなくて、あくまでも超絶技巧の披露を優先すべきであって、濃厚な表情付けは無用であるというスタンスです。
ですから、この作品の演奏史を概観してみれば、この二つの陣営に分けることが可能なように思います。
当然のことかもしれませんが、最近のヴァイオリニストはほとんどが後者のスタンスをとっているように聞こえます。パールマン・ミンツ・レビンなどが若い頃に録音した演奏はどれもこれも見事なまでの技巧の冴えを見せてくれています。そして、ここで紹介したリッチの演奏も同様のスタンスの上に成り立っています。確かに上述した3人と比べてみるといささか荒っぽさを感じる部分はあるものの、聞いているときの爽快感と言う点では上回っているように聞こえます。とにかく一つ一つのフレーズのメリハリ感というのは大変なもので、ほとんどのヴァイオリニストにからかぎ取ることが出来る「モタモタ感」のようなものが皆無と言っていいほどの快演です。

なお、後者のグループにはユング君はあえて五島みどりをあげておきます。もちろんこの演奏はモタモタしたんかじは全くなくテクニック的には十全すぎるほどなのですが、聞き進うちにパガニーニがこの作品に込めた内面的な凄味みたいなものがにじみ出てくるので驚いたものです。こんな言い方をすると本人はきっと気を悪くするでしょうが、思春期の渦巻く情念のなかに身を置く10代の少女だからこそなしえた奇跡の演奏だといえるのかもしれません。きっと、今の彼女には絶対に再現不可能な演奏だと思います。

なお、意外なことですが、あのハイフェッツはこの作品の中の2〜3曲は録音していますが、全曲の録音はしていません。その理由を聞かれたときに彼は「私には難しすぎる」と答えたそうです。深い言葉です。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



633 Rating: 5.8/10 (159 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2008-04-01:クラ☆おた


2009-09-21:カンソウ人


2014-02-28:Joshua


2014-02-25:フランツ





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-04-25]

ドヴォルザーク:序曲「フス教徒」 Op.67
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1962年2月録音

[2019-04-24]

シューベルト:ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D 960
(P)アニー・フィッシャー 1960年5月30日&6月1日~2日録音

[2019-04-23]

ブラームス:ラプソディ「冬のハルツの旅」(アルト・ラプソディ)作品53
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 (A)アーフェ・ヘイニス ウィーン交響楽団 ウィーン楽友協会合唱団 1962年2月録音

[2019-04-22]

モーツァルト:交響曲第39番 変ホ長調 K.543
エーリッヒ・クライバー指揮 ケルン放送交響楽団 1956年1月録音

[2019-04-21]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2019-04-20]

バッハ:第4番変ホ長調 BWV1010
(Cell)ガスパール・カサド 1957年録音

[2019-04-19]

ハイドン:交響曲第12番 ホ長調 Hob.I:12
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-04-18]

ブラームス:「大学祝典」序曲 Op. 80
ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮 ウィーン交響楽団 1961年1月録音

[2019-04-17]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595
アニー・フィッシャー:エフレム・クルツ指揮 ニュー・フィルハーモニア管弦楽団 1966年5月14日,16日,17日,20日,24日&6月17日,20日録音

[2019-04-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第6番 変ロ長調 BWV1051
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音