クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでパスカル弦楽四重奏団(Pascal String Quartet)のCDをさがす
Home|パスカル弦楽四重奏団(Pascal String Quartet)|モーツァルト:弦楽四重奏曲 第3番 ト長調 K.156/134b(Mozart:String Quartet No. 3 in G Major, K. 156)

モーツァルト:弦楽四重奏曲 第3番 ト長調 K.156/134b(Mozart:String Quartet No. 3 in G Major, K. 156)

パスカル弦楽四重奏団:1952年録音(Pascal String Quartet:Recorded on 1952)

Mozart:String Quartet No.3 in G Major, K. 156 [1.Presto]

Mozart:String Quartet No.3 in G Major, K. 156 [2.Adagio]

Mozart:String Quartet No.3 in G Major, K. 156 [3.Tempo di menuetto]


モーツァルトの弦楽四重奏曲の簡単なスケッチ

私にはモーツァルトの弦楽四重奏曲を、その一つ一つについて詳細に論じる能力はありませんので、(^^;、ここではその全体像のスケッチでお茶を濁すことにしたいと思います。

モーツァルトの四重奏曲は大きく分けて二つのグループに分かれるとアインシュタインは述べています。
まず、前半のグループに属するのは、1772年から73年にかけて作曲された15の作品です。アインシュタインはこれをさらに3つのグループに分けています。

前半のグループ

第1グループ:K136~K138

草稿には「ディヴェルティメント」と記されています。しかし、ディヴェルティメントには二つのメヌエットが必要なのに、これらの作品は一つのメヌエットも持っていません。ですから、この作品はディヴェルティメントと言うよりは、管楽器を欠いたシンフォニーのような作品となっています。
この時代の特徴としてそのあたりの名称はあまり確定的なものではなく、四重奏曲という分野もそれほどはっきりとした独立性を持ったものではなかったようです。現在ではこの3つの作品は四重奏曲の中に分類しないのが一般的ですが、アインシュタインはこれをモーツァルトの最初期の四重奏曲として分類しています。

第2グループ:K155~K160

ミラノへの旅行の途上か、ミラノで滞在中に作曲されたものなので「ミラノ四重奏曲」と呼ばれることがある作品です。そして、ディヴェルティメントと題された前の3つの作品と比べると、これらははるかに室内学的な緻密さにあふれた作品となっています。
アインシュタインは「モーツァルトは半年の間に四重奏曲作曲家として途方もない進歩をしたと言わなくてはならない」と述べています。
そして、これらの作品に後年の偉大な弦楽四重奏曲への前触れがあることを指摘しながら、「春が単に夏の前触れであるばかりでなく、それ自体としてはなはだ魅力的な季節であるように」これらの作品にも若きモーツァルトのかけがえのない魅力があふれている事を指摘しています。

第3グループ:K168~K173

1773年の二度目のウィーン滞在時に作曲されたために「ウィーン四重奏曲」と呼ばれる作品です。このウィーン滞在における最大の出来事は、ハイドンとの出会いであり、とりわけ作品番号17番と20番のそれぞれ6つの四重奏曲を知ったことです。
このハイドンとの出会いは天才と言われるモーツァルトにも多大な感銘を与え、同時に彼を圧倒したと言われています。それ故に、この時期に生み出された6つの四重奏曲は、その様なハイドンへの畏怖に圧倒されてモーツァルト本来の持ち味が十分に発揮されていない、どこか中途半端な作品になってしまっています。
アインシュタインもまた「モーツァルトは感銘に圧倒される。・・・しかし、それを完全に自分のものとすることが出来ない。模倣は明白である。」と言い切っています。
しかし、今までの「歌の国」であるイタリア的な作風から完全に脱却して、ウィーン的な「器楽の世界」へ転換していく大きな節目に立つ作品と言うことで、それはそれなりに大きな意義を持ったものだといえます。

さて、このジャンルの作品の創作はこの後に10年にもわたる空白期間を持つことになります。アインシュタインはこの空白期間を隔てて、これ以後に生み出された作品を後半のグループに分類しています。そして、この分類の仕方は今日では一般的なものとして是認されているようで、後期弦楽四重奏曲と言うときはこのグループの作品のことを言います。
そして、この後期の作品もまた3つのグループに分かれます。

後半のグループ

第1グループ:ハイドンセット

・弦楽四重奏曲第14番 ト長調 K.387
・弦楽四重奏曲第15番 ニ短調 K.421
・弦楽四重奏曲第16番 変ホ長調 K.428
・弦楽四重奏曲第17番「狩」 変ロ長調 K.458
・弦楽四重奏曲第18番 イ長調 K.464
・弦楽四重奏曲第19番「不協和音」 ハ長調 K.465

弦楽四重奏曲のことを「四人の賢者による対話」といったのだ誰だったでしょうか?しかし、最初から4つの楽器が対等の立場で繊細で緻密な対話を展開していたわけではありません。
ヴァイオリンが主導的な役割を果たし、チェロやヴィオラが通奏低音のような役割しかはたしていなかったこの形式の作品をその様な高みへと初めて引き上げたのはハイドンでした。しかし、その道のりはハイドンといえども決して簡単なものではなかったようです。
彼が1772年の発表した「太陽四重奏曲」は、若きモーツァルトを圧倒し、モーツァルトにK155~K160にいたるウィーン四重奏曲を書かせる動機となりました。しかし、それでさえも「4人の賢者による対話」と呼ぶには未だ不十分なスタイルのものでした。それ故に、それら一連の四重奏曲を発表した後には長い沈黙が必要でした。そして、それに呼応するようにモーツァルトもまたこのジャンルにおいては沈黙することになります。
しかし、ハイドンは9年間の沈黙を破って1781年に「ロシア四重奏曲」を発表します。この作品はハイドン自身が「全く新しい特別な方法」で作曲されたと自負しているように、まさにこの作品において弦楽四重奏曲は「4人の賢者による対話」と呼ぶに相応しいスタイルを獲得することになります。
そして、この作品との出会いはモーツァルトにとって「芸術家しての生涯における最も深い感銘の一つ(アインシュタイン)」となりました。
しかし10年の歳月はモーツァルトを完全に成熟した作曲家へと成長させており、このような時代を画するような作品に出会って深い感銘を受けても、今度はもはや圧倒されることはありませんでした。
以前のウィーン四重奏曲のようにハイドンの模倣として終わることはなく、ハイドンの手法をしっかりと自分の中で消化した上で、モーツァルト独自の世界を展開することになります。そうして生み出された6曲からなる弦楽四重奏曲が「ハイドンセット」です。

この6曲からなる弦楽四重奏曲は注文を受けて作曲されたものではなく、ハイドンの偉大な作品に接したモーツァルトがやむにやまれぬ衝動に突き動かされるようにして作曲されたものです。そして、ハイドンが提示した<全く新しい特別な方法>を自らの中に完全に消化するためには、天才モーツァルトといえども大変な苦労を強いられることになります。
オリジナルの楽譜といえども、まるで清書をしたかのように推敲の後も残さないモーツァルトが、破棄された数々の書き始めと、いたるところに改訂と削除の後を残して2年もの歳月をかけて完成させたのがハイドンセットです。モーツァルトの天才を知るものにとっては、献辞の中で述べている「長い、骨のおれる努力の結晶」と述べていることのなんという重み!!
しかし、そうして出来上がった作品には、その様な「労苦」の後を微塵も感じさせません。
本当のエンターテナーというものは、楽屋裏での汗と涙を決して舞台で感じさせずに、いとも易々と演じてみせるものですが、ここでのモーツァルトはまさにその様な超一流のエンターテナーを彷彿とさせるものがあります。
ハイドンを招いて行われた初めての演奏会を聞いた父レオポルドは、「なるほど、少し軽くなったが、すばらしいできだ」と述べているのです。
出来上がった作品からはいっさいの労苦と汗はきれいに洗い流している、そこにこそモーツァルトの天才が発揮されています。

第2グループ:ホフマイスター四重奏曲

・弦楽四重奏曲 第20番 ニ長調 K499

この作品の成立過程は詳しいことは分かっていないのですが、おそらくは友人であり、出版業者であるホフマイスターに対する債務返済の意味合いで作曲されたものといわれています。しかし、その様な動機にもかかわらず、また、たった1曲の単独の作品でありながら、アインシュタインは「孤独で立つに値するものである」と讃辞を送っています。そして、「この四重奏曲は厳粛であると同時に軽く、魅惑的な音響の多くの転換においてシューベルトの前触れとなっている。」という言葉にこの作品の全てがつまっているように思います。

第3グループ:プロイセン四重奏曲

・弦楽4重奏曲第21番 ニ長調 K.575
・弦楽4重奏曲第22番 変ロ長調 K.589
・弦楽4重奏曲第23番 ヘ長調 K.590

プロイセンの国王、フリードリヒからの依頼で作曲されたために「プロイセン四重奏曲」とよばれています。これはよく指摘されることですが、依頼主であるフリードリヒは素人として卓越したチェロ奏者であったために、この作品にはその様な王の腕前が存分に発揮できるようにチェロがまるで独奏楽器であるかのように活躍します。第2ヴァイオリンとヴィオラは後景へと退き、それらをバックにしてチェロが思う存分に活躍するように書かれています。
その意味で、モーツァルトの最晩年の作品であるにもかかわらず、室内楽としての緻密さや統一感という点においてハイドンセットに一歩譲ると言わざるを得ません。
しかし、それでもなお、ある意味では機会音楽のような制約を受けた作品であるにもかかわらず、そして、簡潔な構成であるにもかかわらず、その至るところから繊細な感情の揺らめきを感じ取ることができるところに、最晩年のモーツァルトの特徴をうかがうことが出来ます。


実態は「ジャック・デュモン弦楽四重奏団」

パスカル弦楽四重奏団によるベートーベンの全集に対して「ラテン的な気質からベートーベンを眺めればどう映るかを私たちに提示している」と書きました。確かに、それは間違いではないのですが、最近になってその言葉に微妙な違和感を覚えるようになりました。
それは、彼らの仕事ぶりを振り返ってみると、あまりにも「フランス人」的ではないからです。
とりわけ、1952年の彼らの仕事ぶりは、ドイツ人から見ても信じがたいほどの勤勉さを見せています。

まずは、その一年の間に彼らはベートーベンの弦楽四重奏曲全曲と、あまり演奏される機会のないピアノ四重奏曲3曲を録音しています。そして、このベートーベンの全集はフランスのカルテットとしては初めての偉業でした。
一般的に「全集」の録音というものは骨の折れる仕事です。何故ならば、いくら同じジャンルの作品だからと言ってその全てに対して同じだけの共感を持てるわけではないですし、技術的な問題も含めて全ての作品に対して高いクオリティを維持するのも大変です。それは、自分たちが共感できる好きな作品だけを録音するのとは随分と異なった苦労を強いられます。

しかし、そう言う苦労を押してでも「全集」の録音の挑むのは、その全体像を提示しなければその作曲家の全体像も見えてこないという「信念」があるからです。つまりは、「怠け者」には向かない仕事なのです。
そして、この「怠け者」には向かない仕事に初めて挑んだという点で、パスカル弦楽四重奏団はすでにフランス人らしくないのです。

さらに驚かされるのは、彼らはその同じ年にモーツァルトのの弦楽四重奏曲を第1番だけをのぞいて全曲を録音してるのです。そして、さらに6曲の弦楽五重奏曲も全て録音しています。
つまりは、わずか一年の間にベートーベンとモーツァルトの弦楽四重奏曲をほぼ全てコンプリートし、さらにはモーツァルトの弦楽五重奏曲もコンプリートしているのです。この勤勉を通りこしたような働きぶりはドイツ人でさえ舌を巻くほどです。
この事実に気づいたときに、パスカル弦楽四重奏団はフランスを活動の拠点にしているけれどもメンバーはフランス人ではないのではと疑ったのですが(^^;、中心人物のレオン・パスカルを先頭に全員が間違いなくフランス人です。

冗談みたいな話ですが、私の友人が知り合いのフランス人に「窓際族」の話をしたときに、彼は最後までその言葉の意味を理解できなかったそうです。
フランス人である彼にとって何の仕事もしないで給料がもらえる「窓際族」に対して、「会社に対してどれだけの貢献をしたら、そのようなパラダイスのようなポジションを得られるんだ!」と最後まで聞き続けたそうです。

やや誤解を招く表現なのですが、プロテスタントにとって勤勉は美徳ですが、カソリックにとって労働は神から与えられた罰です。ですから、基本的にカソリックであるフランス人にとって「人生の価値」とは労働の中にではなく「バカンス」の中にこそ存在するのです。
ですから、仕事も与えられることもないのに給与が保障されている「窓際族」などと言う存在はパラダイスとしか思えないのでしょう。

そう考えてみれば、このパスカル弦楽四重奏団による演奏が、果たして「ラテン的気質」から眺めた演奏と簡単に言い切っていいのかと疑問に感じてくるのです。
しかしながら、その音色は常に明るくて艶やかさを失わう事はなく、さらには歌うべきところの歌い回しはやはりゲルマン系のカルテットとは明らかにテイストが異なります。説くに、それがモーツァルトの弦楽四重奏曲になるとさらに顕著です。
とりわけ、ミラノ四重奏曲とかウィーン四重奏曲として一括りにされる初期の第2番から第13番に至る作品群の持つ愛らしさみたいなものは、やはり無骨なゲルマンでは表現されない魅力を湛えています。

そして、第14番から始まる、いわゆる「ハイドン・セット」以降の作品に対しては、その緻密な構造を精緻なアンサンブルで表現する能力にもかけていません。
つまりは表面的にはフランス的なテイストは決して失っていないのですが、ここまで勤勉なフランスのカルテットというのはどうにも違和感を覚えるのです。(^^;ただし、何故か、いつでも録音できそうな第1番 K.80 (73f) 「ロディ」だけを取りこぼしているのは、ある意味ではフランス的なのかもしれません。

しかしながら、この1952年に録音された膨大な作品群を、コロナ禍と言う異常な状況のおかげで一気に聞き通すことが出来たことによって気づいたことがあります。
それは、この異常なまでの勤勉さはファースト・ヴァイオリンをつとめるジャック・デュモンに負うところが大きいと言うことです。説くに、モーツァルトの作品群を聞いていて痛感したのですが、演奏面においてはこのジャック・デュモンが全ての主導権と責任を果たしていることがはっきり聞き取れます。
と言うことは、作品解釈も含めて、そう言う困難を伴う作業はもしかしたらこのジャック・デュモンが全てを一気に引き受けていたのかもしれません。

パリ音楽院で名教師ブシューリに師事したジャック・デュモンに対して「ブシューリ譲りの軽快でフレキシブルなアクロバット的奏法をもつラテン的名人芸がそのままこの人に乗り移り、さらに圧縮するような力強い弓捌きがそれに加わって大胆にして個性的な輝きを放つ」と賞賛した評論家が痛そうですが、その評価には私も同意します。
そして、多くの人は彼のことを「疲れを知らない職人」と呼んでいたようで、そのラテン的な音楽とラテン的とはもっとも縁遠い「疲れを知らない勤勉」さが不思議に同居した人物だったようなのです。

それから、最後に、これはしっかりと確認したわけでは内のですが、ベートーベンの弦楽四重奏曲の全曲録音を行ったのはパスカル弦楽四重奏団が初めてだと書きましたが、その後全曲録音を行ったフランスのカルテットはいないようなのです。
そう言えば、ヴァイオリニストのクリスチャン・フェラスは冗談半分でフランスの音楽家はみんな怠け者だ」と言ったそうですが、確かにそんな苦行に挑戦しないスタイルこそがフランス的なのでしょう。

そう思えば、このパスカル弦楽四重奏団こそは異色の存在であって、創設者のレオン・パスカルが亡くなってもメンバーを入れ替えてカルテットは存続したのですが、ジャック・デュモンが亡くなるとすぐに解散してしまったのは当然と言えば当然のことだったのでしょう。ですから、この団体は表向きは「パスカル弦楽四重奏団」であっても、その実態は「ジャック・デュモン弦楽四重奏団」であったことは間違いないようです。

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



5545 Rating: 3.2/10 (14 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2024-05-23]

モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488(Mozart:Piano Concerto No. 23 in A major, K.488)
(P)マルグリット・ロン:フィリップ・ゴーベール指揮 パリ交響楽団 1935年12月13日録音(Marguerite Long:(Con)Philippe Gaubert The Paris Symphony Orchestra Recorded on December 13, 1935)

[2024-05-21]

ボッケリーニ:チェロ協奏曲第9番 G.482(Boccherini:Cello Concerto No.9 in B flat major, G.482)
(Cell)ガスパール・カサド:ルドルフ・モラルト指揮 ウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団 1958年発行(Gaspar Cassado:(Con)Rudolf Moralt Vienna Pro Musica Orchestra Released in 1958)

[2024-05-19]

ブラームス:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番ト長調 Op.78(Brahms:Violin Sonata No.1 in G major, Op.78)
(P)ロベール・カサドシュ:(Vn)ジノ・フランチェスカッティ 1951年1月4日録音(Robert Casadesus:(Vn)Zino Francescatti Recorded on January 4, 1951)

[2024-05-17]

リスト:ペトラルカのソネット104番(Liszt:Deuxieme annee:Italie, S.161 Sonetto 104 del Petrarca)
(P)チャールズ・ローゼン 1963年12月録音(Charles Rosen:Recorded on December, 1963)

[2024-05-15]

サン=サーンス:ハバネラ Op.83(Saint-Saens:Havanaise, for violin & piano (or orchestra) in E major, Op. 83)
(Vn)ジャック・ティボー (P)タッソ・ヤノプーロ 1933年7月1日録音(Jacques Thibaud:(P)Tasso Janopoulo Recorded on July 1, 1933)

[2024-05-13]

ヨハン・シュトラウス:皇帝円舞曲, Op.437(Johann Strauss:Emperor Waltz, Op.437)
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1962年録音(Jascha Horenstein:Vienna State Opera Orchestra Recorded on December, 1962)

[2024-05-11]

バルトーク:ピアノ協奏曲 第3番 Sz.119(Bartok:Piano Concerto No.3 in E major, Sz.119)
(P)ジェルジ・シャーンドル:ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1947年4月19日録音(Gyorgy Sandor:(Con)Eugene Ormandy The Philadelphia Orchestra Recorded on April 19, 1947)

[2024-05-08]

ハイドン:弦楽四重奏曲第6番 ハ長調 ,Op. 1, No. 6, Hob.III:6(Haydn:String Quartet No.6 in C Major, Op. 1, No.6, Hob.3:6)
プロ・アルテ弦楽四重奏団:1931年12月2日録音(Pro Arte String Quartet:Recorded on December 2, 1931)

[2024-05-06]

ショーソン:協奏曲 Op.21(Chausson:Concert for Violin, Piano and String Quartet, Op.21)
(P)ロベール・カサドシュ:(Vn)ジノ・フランチェスカッテ ギレ四重奏団 1954年12月1日録音(Robert Casadesus:(Vn)Zino Francescatti Guilet String Quartet Recorded on December 1, 1954)

[2024-05-05]

スカルラッティ:20のソナタ集(4)(Scarlatti:20 Sonates Pour Clavecin)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:1940年3月8日~9日録音(Wanda Landowska:Recorded on March 8-9, 1940)