クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでイェルク・デームスのCDをさがす
Home|イェルク・デームス|シューベルト:ピアノのための舞曲(B面)

シューベルト:ピアノのための舞曲(B面)

(P)イェルク・デームス:1965年9月録音



Schubert:6 Walzer, D.145

Schubert:11 Ecossaisen, D.781

Schubert:Minuet in C-sharp minor D.600,Trio in E major D.610

Schubert:2 Trios, D. 146, Uppelwieser - Walzer Ges-dur o.D.

Schubert:3 Landler, D.734, 2 Walzer, D.779, 2 Walzer, D.146, Deutscher Tanz, D.973


生粋のウィーン子による舞曲

シューベルトのピアノのための舞曲というのはかなり珍しいのではないでしょうか。一連のソナタや楽興の時、さすらい人幻想曲や4つの即興曲等は頻繁に演奏されるのですが舞曲となると録音も決して多くはありません。
それだけに、ウィーン三羽烏とよばれたうちの一人、イェルク・デームスがこのようなアルバムを残してくれたことは実に嬉しい限りです。
アルバムに収められている作品は以下の通りです。

A面



  1. 12のワルツ, D.365

  2. アルマンド変ホ長調,D.366, ディアベッリの主題による変奏, D.718, コティヨン舞曲, D.976

  3. 2つのスケルツォ,D.593

  4. 12のドイツ舞曲(レントラー), D.790


B面



  1. 6つのワルツ, D.145

  2. 11のエコセーズ,D.781

  3. メヌエットとトリオ,D.600,D.610

  4. 2つのトリオ, D.146, クーペルヴィーザー・ワルツ 変ト長調, D.番号なし

  5. 3つのレントラー, D.734, 2つのワルツ, D.779, 4つのドイツ舞曲, D.146, ドイツ舞曲, D.973



実にユニークな選曲であり、デームスらしい工夫が施された一枚です。


生粋のウィーン子としての感性を持って仕立てなおした

「ウィーン三羽烏」とはフリードリヒ・グルダ、イェルク・デームス、パウル・バドゥラ=スコダの3名です。ただし、この「ウィーン三羽烏」というのは日本でだけ通用する言い方のようで、英語圏では「ウィーンのトロイカ」(Viennnese Troika)とよばれるようですし、肝心のウィーンではこの3人を特別に一括りにする発想はないようです。
おそらくは、この3人がウィーンで生まれ、ウィーンで学び、そしてウィーンで活躍したという「生粋のウィーン子」と言うことで特別視したのは、ウィーンを音楽の都として有り難がる日本の特殊事情がもたらしたのかもしれません。

そして、考えてみればウィーンの作曲家と言えばモーツァルト、ベートーベン、ブラームス、ブルックナー、マーラーなどがすぐに思い浮かぶのですが、彼らは全てウィーンで生まれたわけではありません。そう言う意味では、シューベルトこそがある意味では生粋のウィーンの作曲家と言えるわけです。
ですから、シューベルト+デームスという組み合わせはまさに生粋のウィーンの音楽と演奏だと言うことになるのかもしれません。

もっとも、あまり「ウィーン」を有り難がるのも考え物なのですが、このアルバムにはそう言うつながりを根っこにしたデームスならではなの工夫が施されていることも事実です。それは選曲のユニークさに表れています。

B面



  1. 6つのワルツ, D.145
    この作品は作品番号18として「12のワルツ、17のレントラーー、9つのエコセーズ」として出版されました。これもまた出版社の恣意的な選択によるものです。
    デームスはこの中から12のワルツから6曲(1,2,7,6,9,10)を選び出して演奏しています。

  2. 11のエコセーズ,D.781
    エコセーズとは当時のウィーンで流行していたスコットランド舞曲のことです。わずか16小節の舞曲が鎖のように繋がって一つのまとまった音楽のように演奏されます。

  3. メヌエットとトリオ,D.600,D.610
    メヌエットというのは中間部にトリオが必要なのですが、ところが、このメヌエットにはトリオはついておらず、さらにはトリオの方はトリオだけというおかしな作品でした。
    そこで、デームスはこの二つの作品を結びつけて本来あるべきの3部形式のメヌエットとなるように仕立て直して演奏しています。

  4. 2つのトリオ, D.146, クーペルヴィーザー・ワルツ 変ト長調, D.番号なし
    2つのトリオは作品番号127の「最後のワルツ集」ともよばれる「20のワルツ」から選び出した2曲(5,11)のトリオ部分だけを抜き出したものです。
    そこに親友の結婚祝いにおくった「クーペルヴィーザー・ワルツ」を結びつけて一つの音楽のように仕立て直しています。

  5. 3つのレントラー, D.734, 2つのワルツ, D.779, 4つのドイツ舞曲, D.146, ドイツ舞曲, D.973
    これもまたあれこれの作品から抜き出した音楽を鎖のようにつなぎ合わせて人島の美しい鼻飾りに仕上げています。
    3つのレントラーは作品67の「ウィーンの貴婦人のレントラー」から、2つのワルツは作品50の「34の感傷的なワルツ」から、4つのドイツ舞曲は作品33の「16のドイツ舞曲と2つのエコセーズ」,から、そして、最後のドイツ舞曲は,「3つのドイツ舞曲」から2曲選び出しています


とまあ、このようにデームスによって徹底的に手を加えられて仕上がったのがこのアルバムなのです。
これを原典を無視した暴挙などと言うような野暮なことはやめましょう。ここにあるのは、まさに生粋のウィーン子としての感性を持って仕立てなおしたシューベルト本来の姿が蘇っているのです。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連コンテンツ

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



5044 Rating: 6.3/10 (4 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント




【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2022-09-26]

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調, Op.18
(P)レフ・オボーリン:アレクサンドル・ガウク指揮 モスクワ・ラジオ交響楽団 1951年10月20日録音

[2022-09-25]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第9番 ハ長調, Op.59-3 「ラズモフスキー第3番」
レナー弦楽四重奏団:1926年11月7,8&29日録音

[2022-09-24]

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番 イ短調, Op.33
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:グレゴリー・ストリャーロフ指揮モスクワ放送交響楽団 1953年録音

[2022-09-23]

ブラームス:交響曲第4番 ホ短調, Op.98
カール・シューリヒト指揮:北西ドイツ交響楽団 1958年8月7日録音

[2022-09-22]

ビゼー:子供の遊び(管弦楽版小組曲)
エドドゥアルド・リンデンベルグ指揮 パリ音楽院管弦楽団 1953年6月12日~25日録音

[2022-09-21]

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」, Op. 20
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1960年11月13日録音

[2022-09-20]

バッハ :平均律クラヴィーア曲集 第2巻(BWV 876‐BWV 881)
(Cembalo)ワンダ・ランドフスカ:1951年9月~1954年3月録音

[2022-09-19]

モーツァルト:木管楽器のための協奏交響曲 変ホ長調K.297b(Anh.C14.01)
ヘンリー・スウォボダ指揮 ウィーン国立歌劇場室内管弦楽団 ウィーン・フィルハーモニー木管グループ 1949年録音

[2022-09-18]

ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第8番 ホ短調, Op.59-2 「ラズモフスキー第2番」
レナー弦楽四重奏団:1938年9月15日録音

[2022-09-17]

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調, Op.104
(Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ:ボリス・ハイキン指揮 モスクワ放送交響楽団 1957年録音