クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでクルト・レーデルのCDをさがす
Home|クルト・レーデル|テレマン:ヴィオラ協奏曲 ト長調 TWV 51:G9

テレマン:ヴィオラ協奏曲 ト長調 TWV 51:G9

クルト・レーデル指揮:ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団 1962年録音



Telemann:Concerto for Viola, String Orchestra and Continuo in G major [1.Largo]

Telemann:Concerto for Viola, String Orchestra and Continuo in G major [2.Allegro]

Telemann:Concerto for Viola, String Orchestra and Continuo in G major [3.Andante]

Telemann:Concerto for Viola, String Orchestra and Continuo in G major [4.Presto]


親しみやすく、そして美しい旋律に溢れている

今の時代となっては、テレマンと言えば「ターフェルムジーク(食卓の音楽)」くらいしか思い出されることはないのですが、存命中はまさに時代を代表する大作曲家でした。同時代に活躍したヘンデルやバッハとも親交があり、ターフェルムジークの楽譜はヘンデルも注文したと伝えられています。
彼らが活躍した時代は教会だけでなく宮廷での華やかな儀式に音楽が求められるようになり、ヘンデルでおよぞ600曲、ヴィヴァルディで800曲、そしてバッハに至っては1100曲ほどの作品が残されています。つまりは、後の時代と較べれば、誰も彼もが多作だったのです。
しかし、そんな中にあってテレマンは3600曲程度の作品が残されていて、その多作ぶりは群を抜いています。
つまりは、それほどに人気作曲家だったのです。

彼の作品はあらゆる分野を網羅していて、ここで紹介している協奏曲だけでも170曲ほどの残されています。ですから、そこで取り扱われている独奏楽器もまた多種多様にわたり、例えばヴィオラ協奏曲などは、ヴィオラが独奏楽器として扱われた一番最初の作品ではないかと言われています。
ですから、そう言う多様な作品群の中から一つずつ取り上げて解説を加える能力は私にはありません。

しかしながら、取りあえずここで取り上げている作品は全て「緩-急-緩-急」というスタイルの4楽章構成になっています。
この「緩-急-緩-急」という4楽章構成はヴィヴァルディが編み出した「急-緩-急」という3楽章構成の協奏曲よりも古いスタイルです。テレマンとヴィヴァルディはほぼ同時代の人ですから、テレマンにとってヴィヴァルディの新しいスタイルはそれほど興味をひかなかったのでしょう。
その点では、ヴィヴァルディのスタイルに注目して自らの作品にも取り入れたバッハとは見ているものが少し違ったようです。

そして、言うまでもなく、その後の時代の協奏曲はヴィヴァルディが編み出した「急-緩-急」という3楽章構成が基本的なスタイルになっていくのですから、そう言う面でもしだいに時代遅れとなっていったのかもしれません。

とは言え、彼が書いた音楽はどれもこれもが親しみやすく、そして美しい旋律に溢れています。
余り難しいことなどは考えずに、その音楽に耳を傾けるだけで豊かで楽しい時間が過ごせることだけは間違いありません。


悔やんでも悔やみきれない痛恨事

クルト・レーデルという名前を耳にすることは今ではほとんどありません。
1918年に生まれて2013年に亡くなった人ですから、多少は記憶にあってもいいものだと思うのですが、実際にその演奏を耳にする機会はありませんでした。しかし、レコード芸術誌の付録として毎年発行されていた50~60年代の「レコード総目録」を眺めていると彼の名前をよく目にします。
ですから、何となく気にはなっていたのですが、それでも今まで接点はありませんでした。

レーデルは基本的にはフルート奏者であり、50年代にはいると自らミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団というオーケストラを組織して、バロック音楽をメインに指揮活動をはじめます。そう言う意味では、リヒターやミュンヒンガーなどと同じ仲間にはいると思うのですが、知名度という点では大きく差をつけられてしまっています。

実は、そう言うこともあって、未だに悔やんでも悔やみきれない痛恨事があります。

それは、とあるリサイクル・ショップにぶらりと入ったときに、無造作に段ボール箱の中に大量の中古レコードが放り込まれていたのです。その大部分はマックス・ゴバーマンがハイドンの交響曲の全曲録音のために自ら立ち上げたMHS(Musical Heritage Society)レーベルのものでした。
そこには、このレーデルのレコードやゴバーマンのレコードが一枚300円均一で売られていたのです。

当時はアナログの再生システムは維持していましたが、今ほど熱心ではなかったですし、MHSレーベルの価値も全く知らなかったのでほんの数枚ゲットしただけだったのです。もしも、その時に今ほどの知識があれば迷うことなくその数十枚のレコードは全て買い込んでいたことでしょう。
売っていたのが中古レコード屋ではなくリサイクル・ショップだったので、おそらくは世間の中古レコードの最安値の相場として300円均一の値付けをしていたのでしょう。
おまけに、買い込んできた数枚の中古レコードの盤質もそれほど悪くなかったのですから、今でも、悔やんでも悔やみきれない話です。

ただし、その買い込んだ中にレーデルの録音が一枚あったのは幸いでした。
そして、彼がフルート奏者としても一流であったことはフルート協奏曲を聞くだけでもよく分かりましたし、さらにはその穏やかな音楽作りもテレマンには相応しいものでした。
ただし、その穏やかさがリヒターやミュンヒンガーのような強烈な自己主張に乏しいとも受け取られるので、それが少しずつ忘れ去られていく要因となったのかもしれません。

しかしながら、そう言う穏やかさも今のような時代にあっては魅力的で、出来れば、もう少し彼の録音は聞いてみたいなと思わせてくれるものは持っています。

なお、録音年に関してはいろいろ調べたのですが分かりませんでしたので、一番最初のリリース年をクレジットしておきました。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



4620 Rating: 6.1/10 (11 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2021-06-01:toshi


2021-06-01:baroquemusicfan


2021-06-01:コタロー


2021-06-06:しょうちゃん





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-12-08]

モーツァルト:交響曲第34番ハ長調 K.338
ルドルフ・ケンペ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1955年11月24日録音

[2021-12-07]

ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 変ロ長調, RV.548
ジャン=フランソワ・パイヤール指揮:(Org)マリー=クレール・アラン パイヤール室内管弦楽団 1965年初出

[2021-12-06]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年9月23日~24日録音

[2021-12-05]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1943年7月18日録音

[2021-12-04]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 OP.18-1
パガニーニ四重奏団 1953年録音

[2021-12-03]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調, Op.68「田園」
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団 1958年録音

[2021-12-02]

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
(P)ジャンヌ=マリー・ダルレ:ルイ・フーレスティエ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1956年録音

[2021-12-01]

ファリャ:三角帽子
アタウルフォ・アルヘンタ指揮 スペイン国立交響楽団 1958年録音

[2021-11-30]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調, Op.35
(Vn)ブロニスラフ・ギンベル:ヨハネス・シュラー指揮 バンベルク交響楽団 1960年初出

[2021-11-29]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調, K.219
(Vn)ヴォルフガング・シュナイダーハン:フェルディナンド・ライトナー指揮 ウィーン交響楽団 1952年11月録音