クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでカサドのCDをさがす
Home|カサド|フォーレ:エレジー OP.24

フォーレ:エレジー OP.24

(Cell)ガスパール・カサド (P)原 智恵子 1963年録音



Faure:Elegy, Op.24


深い悲しみが諦念へと浄化されていく

フォーレの室内楽作品としてはヴァイオリン・ソナタの第1番と並んで演奏機会の多い作品です。
もとはピアノ四重奏曲第1番を完成させた後に手がけたチェロ・ソナタの緩徐楽章として構想されたものでした。しかし、そのチェロ・ソナタは完成することなく、緩徐楽章として構想された音楽をもとにして、「エレジー」と名づけられたチェロ独奏とピアノのための小品として完成されました。

よく知られた話ですが、この時期のフォーレは婚約関係にあった「マリアンヌ・ヴィアルド」から一方的にその破棄を申し出られています。マリアンヌ・ヴィアルドの母親は著名な歌手であり作曲家であったポーリーヌ・ヴィアルドであり、フォーレは彼女が主宰するサロンに足繁く通っていたのでした。
そして、その一方的な婚約の破棄はフォーレに深い精神的な打撃を与えたのでした。
それは、この時期に書かれた彼の作品に色濃くにじみ出ているのですが、その際たるものは「ある1日の詩」と題された作品21の歌曲集でしょう。

その3曲からなる歌曲集のタイトルは「ncontre(出会い)」「Toujours(永久に)」「Adieu(さよなら)」となっています。
「Toujours」では「あなたは僕に黙れという どこか遠くに、永久に行ってしまえという そしてひとりでいろという 僕の愛した人のことを忘れてしまえと!」と歌わせ、「Adieu」では「すべてのものは死にゆく 咲いているバラも 通りすがりの人たちのマントも 長いため息も、恋人たちも そして煙も」と歌わせているのです。
それは「怒り」から「諦観」へといたるフォーレの心の中を覗き込むような音楽なのですが、それと同じ移ろいがこの「エレジー」から感じ取れるのです。

確かに、ピアノによる和音が8度鳴り響いた後に歌い出されるチェロの歌からは「あなたは僕に黙れという どこか遠くに、永久に行ってしまえという」ような激しい感情は消えています。しかし、そこには愛する人を永遠に失ってしまった悲しみが溢れています。
そして、その悲しみは次第にある種の「諦念」となって浄化されていくのは「ある1日の詩」と同じです。

偉大な芸術家というものは、個人的な生活のあれこれが作品に影響を与えるようなことはないものなのですが、それでもモーツァルトのような存在であっても「旅先における母の死」というような出来事は彼の作品に大きな痕跡を残しました。そう考えれば、この女性からの一方的な婚約破棄という仕打ちがいかにフォーレに心に深い痕跡を残したかがしれようというものです。

なお、この作品は後に管弦楽伴奏版に編曲されて、そのバージョンで演奏される機会も多いようです。
なお、その管弦楽版の初演はフォーレの指揮とカザルスのチェロで行われました。そう言う意味でも、この作品はカザルスーカサドという系譜にとっては重要な作品だったようです。


豪快で骨太なチェロは、カザルスとカサドという系譜以外でなかなか聞くことのできないものです

「原智恵子」というピアニストは「伝説のピアニスト」という言われ方をしたためか、様々なエピソードに彩られています。
その中でも、もっとも有名なのがショパン・コンクールでの騒ぎでしょう。
原は1937年の第3回ショパン・コンクールに「甲斐美和子」とともに日本人として初参加をしたものの入賞を逃します。ところが、その結果に憤慨した聴衆が異議を唱え、警官隊が出動するほどの大騒ぎとなったのです。主宰者側はその騒動を鎮めるために特例として、彼女に「特別聴衆賞」を贈ることでようやく事態が収めました。

原はわずか13歳だった1928年にフランスに渡り、1930年からは「ラザール・レヴィ」に師事していました。そして、1932年にはパリ国立音楽院を最優秀で卒業していますから、それなりの腕前はあったのでしょう。それだけに、多くの聴衆はコンクールでの審査に人種差別的な匂いをかぎつけて異議申し立てを行ったのです。
しかし、その後の彼女の人生は波乱に満ちたものであり、外国で評価された演奏家が日本に帰ってくると露骨に冷遇されるという「法則」に従って、彼女もまた恵まれない演奏家人生を送りました。
とりわけ、チェリストだったガスパール・カサドとの再婚は「子供を捨てて愛人のもとに走った」として絶好の攻撃材料となりました。
カサドの出会いはピアニストとしての原にとっては幸運であり、夫であるカサドとデュオを組んで世界中を演奏して回ることによって高い評価を受けました。しかし、1966年に夫であるカサドがこの世を去ると、原は日本での演奏活動に復帰しようとしたのですが、日本の音楽界はそれを頑なに拒否したのです。

原智恵子が「伝説のピアニスト」と言われる理由は、そう言う彼女の経歴のためか、残された録音が極めて少ないことも大きな原因となっています。
スタジオで正規に録音されたのは、夫であるカサドとのデュオによる「カサド・アンコール・アルバム」だけなのです。それ以外には、幾つかのライブ録音が世に知られているだけです。

さらに言えば、この「カサド・アンコール・アルバム」はソ連で録音されたものであり、そのためか1963年録音であるにもかかわらず「モノラル」なのです。さらに重ねて言えば、このアルバムは「カサド・アンコール・アルバム」と名づけられているように、主役はあくまでもカサドであり、原のピアノは夫であるカサドの豪快なチェロの響きを妨げることのない様に、極めて控えめに慎ましく演奏されているのです。
ですから、これを聞くだけでは、ピアニストとしての原智恵子の姿はほとんど分からないのです。

そして、私自身はこのアルバム以外では原智恵子の録音に接したことがないので、一部で言われるような「伝説の名ピアニスト」だったのかは全く判断は出来ません。彼女の実演を聞いたことがある人の言によれば、彼女のピアノには「ヨーロッパのマダム」を思わせるような成熟した大人の魅力が溢れていたらしいのですが、ここから窺えるのはそれとは全く逆の清楚で慎ましい日本人女性の姿です。

ですから、これは当然と言えば当然なのですが、このアルバムはチェリストであるガスパール・カサドを聴くべき一枚です。
カサドの前妻は大変な資産家であり、フィレンツェにあるお城で暮らしていたそうです。そう言う貴族的な生活をしていたためか、カサドは政治的には極めて無頓着であり、戦時中にはドイツやオーストリアでも演奏活動を行い、さらにはスペインでも演奏活動を継続したことがカザルスの逆鱗に触れることになりました。もちろん、彼はカザルスを深く尊敬していましたから、そう言うカザルスの意に背くような意図があったわけではなく、ただただ無頓着だったのです。
戦後のカサドが演奏家として不遇だったのは妻の介護に多くの時間が奪われたことが大きな原因だったのですが、このカザルスとの関係破綻も大きな影を落とすことになったようです。

しかし、ここでのカサドの演奏を聞くと、彼こそは紛うことなくカザルスの衣鉢を継ぐべきチェリストだったと思わざるを得ません。
これほども豪快で骨太なチェロは、カザルスとカサドという系譜以外でなかなか聞くことのできないものです。

年老いたカザルスの怒りはなかなか解けなかったのですが、メニューヒンの仲介によって1955年に漸く二人の間のわだかまりは氷解し、さらには同じ年に長い介護の果てに妻がこの世を去りました。そして、1958年には原と再婚し「デュオ・カサド」として再び活発な演奏活動が再開できたのは幸運でした。
カサドが第2回チャイコフスキー国際コンクールの審査員を務めるためにソ連におもむいたときにもソ連各地で「デュオ・カサド」の演奏会を行い、その合間に行われたのがこのこの「カサド・アンコール・アルバム」の録音でした。
そして、そう言う二人の活動はカサドがこの世を去る1966年まで続くのですが、原にとってもカサドにとっても、その時期こそがもっとも幸せなときだったのかもしれません。

なお、このアルバムに収録された作品は以下の通りです。


  1. グラナドス:間奏曲~ゴイェスカスより

  2. フォーレ:エレジー OP.24

  3. ラヴェル:ハバネラ

  4. カサド:親愛の言葉

  5. フレスコバルディ:トッカータ

  6. ベートーヴェン:魔笛の主題による変奏曲

  7. シューベルト:アレグレット・グラツィオーソ



そして、ふと気づいたのは、スペインで生まれイタリアで暮らしたカサドは著作権の戦時加算の対象にならないと言うことです。ですから、1966年になくなったカサドの作品はすべてパブリック・ドメインになっていることに気づきました。
ですから、カサドの「親愛の言葉」は紹介できないなと思ったいたのですが、どうやらセーフのようです。「JASRAC」のデータベースでも確認しましたがパブリック・ドメインになっているようです。
そうしてみると、戦後70年以上も経過しているにもかかわらず「戦時加算」という敗戦国条項を受け入れながら、唯々諾々として保護期間の延長を受け入れた姿勢はやはり疑問と言わざるを得ません。困ったものです。

関連記事(一部広告含む)


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3884 Rating: 6.9/10 (8 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2019-03-10:Britchov





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-03-21]

ゲオルク・クリストフ・ヴァーゲンザイル:チェロ協奏曲イ長調
(Cell)エンリコ・マイナルディ:ミュンヘン室内管弦楽団 1957年6月17日~18日録音

[2019-03-20]

バッハ:無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調 BWV1008
(Cell)ガスパール・カサド 1957年録音

[2019-03-19]

アドルフ・シュルツ=エヴラー:ヨハン・シュトラウスの「美しく青きドナウの主題によるアラベスク」
(P)バイロン・ジャニス 1952年8月20日録音

[2019-03-18]

ハイドン:交響曲第108番 変ロ長調 Hob.I-108
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2019-03-17]

シューマン:交響曲第4番 ニ短調 作品120
ヨーゼフ・クリップス指揮 ロンドン交響楽団 1956年10月録音

[2019-03-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第4番 ト長調 BWV1049
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音

[2019-03-15]

カサド・アンコール・アルバム
(Cell)ガスパール・カサド (P)原 智恵子 1963年録音

[2019-03-14]

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」 第3幕
ヨーゼフ・カイルベルト指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン市立歌劇場合唱団 (S)エリーザベト・グリュンマー (S)リーザ・オットー (T)ルドルフ・ショック (Br)ヘルマン・プライ (Bass)カール・クリスティアン・コーン (Bass)ゴットロープ・フリック、他 1958年4月~5月録音

[2019-03-13]

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」 第2幕
ヨーゼフ・カイルベルト指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン市立歌劇場合唱団 (S)エリーザベト・グリュンマー (S)リーザ・オットー (T)ルドルフ・ショック (Br)ヘルマン・プライ (Bass)カール・クリスティアン・コーン (Bass)ゴットロープ・フリック、他 1958年4月~5月録音

[2019-03-12]

ウェーバー:歌劇「魔弾の射手」 第1幕
ヨーゼフ・カイルベルト指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ベルリン市立歌劇場合唱団 (S)エリーザベト・グリュンマー (S)リーザ・オットー (T)ルドルフ・ショック (Br)ヘルマン・プライ (Bass)カール・クリスティアン・コーン (Bass)ゴットロープ・フリック、他 1958年4月~5月録音