クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


AmazonでCDをさがすAmazonでシュタルケルのCDをさがす
Home|シュタルケル|シュタルケル チェロ・リサイタル

シュタルケル チェロ・リサイタル

(Vc)ヤーノシュ・シュタルケル (P)ジェラルド・ムーア 1958年7月6日~7日録音

Johann Sebastian Bach:Air ( From Suite No. 3 In D Major BWV. 1068)

Camille Saint-Saens:Allegro Appasionato, Op. 43

Claude Debussy:La Fille Aux Cheveux De Lin (No. 8 Of "Preludes" , Book 1)

Frederic Chopin:Nocturne In E Flat Major Op. 9 No. 2

David Popper:Hungarian Rhapsody

Johann Sebastian Bach:Arioso ( From Concerto No. 5 In F Minor Bwv. 1056)

Franz Schubert:Allegretto Grazioso

Franz Schubert:AMoment Musical D.780 No. 3

Modest Mussorgsky:Gopak (From "Sorotschinski Fair", Act. 3)

Robert Schumann:Traumerei (Reverie) (No. 7 Of "Kinderscenen", Op. 15)

Claude Debussy:Menuet ( From "Petite Suite")

Niccolo Paganini:Caprice, Op. 1, No. 13




収録曲


  1. バッハ:組曲第3番ニ長調 BWV1068~G線上のアリア

  2. サン=サーンス:アレグロ・アパッショナート op.43

  3. ドビュッシ/フェイヤール編:前奏曲集第1巻~第8曲『亜麻色の髪の乙女』

  4. ショパン/ポッパー編:夜想曲変ホ長調 op.9-2

  5. ポッパー:ハンガリア狂詩曲

  6. バッハ/クランユ編:ピアノ協奏曲第5番ヘ短調 BWV 1056~第2楽章

  7. シューベルト/カサド編:アレグレット・グラツィオーソ

  8. シューベルト/ベッカー編:『楽興の時』第3番 D.780-3

  9. ムソルグスキー/ストウチェウスキー編:歌劇『ソロチンスクの市場』~ゴパック

  10. シューマン/パラシェコ編:子供の情景 op.15~トロイメライ

  11. ドビュッシー/グールト編:小組曲~メヌエット

  12. パガニーニ/クライスラー編:カプリース第13番 op.1-13



静かな音楽


1958年に、珍しくもシェベックではなくて、名伴奏ピアニストとして評価の高かったジェラルド・ムーアとのコンビで録音したのが「Cello Recital」というアルバムでした。
どうして、いつも相棒を務めるシェベックではなく、ムーアなんだろうと思ったのですが、聞いてみてその理由が分かりました。

シェベックという人はシュタルケルの相棒というくらいでしか認知度がないのですが、意外と優れたピアニストで、お互いの気心が知れていることもあってシュタルケルのチェロを向こうに回して、結構ガンガンと前に出てきます。
それに対して、ムーアという人は骨の髄まで伴奏指揮者でした。

ただし、その「伴奏」というのは「二流」ということではなくて、お互いの調和を取るということにこの上もない集中力を発揮したということです。
彼が晩年に記したが「お耳ざわりですか ~ある伴奏者の回想」は実に面白い読み物で、音楽ではあれほど相手を立てることに心を尽くしたのに、この回想録はかなり辛口でシニカルなのです。しかし、そんなシニカルな回想の中でカザルスとの共演に関しては幸せな思い出として次のように語っています。

偉大なチェロ奏者 カザルスが、初顔合わせの練習で 選んだのは、ベートーヴェン 後期のソナタ ニ長調 作品102の第2楽章 であった。
遅いテンポの 第2楽章は、音符を 弾くだけなら、とても 簡単。
最初の20小節は、素人でも すぐに 読めるような 楽譜である。

しかし、ゆったり弾く フレーズの中に、繊細な強弱・抑揚をつけなければならないし、伴奏が 強すぎたり弱すぎたら、調和がとれず台なしになってしまう。
共演者として、うまく溶け合うか 試されているわけだ。

私は、神経を 研ぎ澄まし、指先に 精神を 集中させて、鍵盤に 向かった …

20数小節 進んだところで、カザルスは、突然 弾くのを 止めてしまった。
彼は 楽器を静かに横に置き、私を真正面から 見つめて言った。
「 私は、とても 満足です。」


ここには彼の誇らしい気持ちと同時に、伴奏ピアニストとして彼が何を大切にしてきたかがあっはきりと記されています。
そして、そういうムーアが持つ美質がここでも遺憾なく発揮されています。シュタルケルもそのようなムーアに全幅の信頼を寄せて、肩の力を抜いて実に静かに、そしてゆったりとチェロを歌わせています。

結果として、とても美しく、そして静かな時間が流れていきます。
できれば、こういう音楽を誰もいない山巓で聞いてみたいものです。

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



3147 Rating: 6.5/10 (21 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】

[2018-01-19]

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ホ短調 K.304
(P)ジョージ・セル (Vn)ラファエル・ドルイアン 1967年8月

[2018-01-18]

ハイドン:交響曲第1番 ニ長調, Hob.I:1
マックス・ゴバーマン指揮 ウィーン国立歌劇場管弦楽団 1960年~1962年録音

[2018-01-17]

ロッシーニ:弦楽のためのソナタ 第1番 ト長調
ネヴィル・マリナー指揮 アカデミー室内管弦楽団 1966年9月録音

[2018-01-16]

シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D.759 「未完成」
ロジンスキー指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽 1956年9月録音

[2018-01-15]

リヒャルト・シュトラウス:組曲「ばらの騎士」
ロジンスキー指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 1955年4月~5月録音

[2018-01-14]

ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 作品21
(P)マルグリット・ロン アンドレ・クリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団 1953年1月19日~20日録音

[2018-01-13]

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ハ長調 K.296
(P)ジョージ・セル (Vn)ラファエル・ドルイアン 1967年8月

[2018-01-12]

フォーレ:ピアノと管弦楽のためのバラード Op.19
(P)マルグリット・ロン アンドレ・クリュイタンス指揮 パリ音楽院管弦楽団 1950年10月30日録音

[2018-01-11]

シューベルト:交響曲第8番 ロ短調 D.759 「未完成」
アンドレ・クリュイタンス指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1960年11月25日録音

[2018-01-10]

ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14
シャルル・ミュンシュ指揮 パリ管弦楽団 1967年10月録音