クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




AmazonでCDをさがすAmazonでゲルハルト・タシュナーのCDをさがす

Home|ゲルハルト・タシュナー|サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン


ゲルハルト・タシュナー 1943年録音


ヴァイオリンのテクニックの見本市

サラサーテと言えばツィゴイネルワイゼン、ツィゴイネルワイゼンと言えばサラサーテです。

多くの作曲家(サン=サーンス・ブルッフ・ラロなど)が彼のために多くの作品を献呈していますが、何と言っても彼の手になるこの「ツィゴイネルワイゼン(ジプシーの歌)」が一番有名であり、サラサーテの代名詞となっています。
ヴァイオリンの華やかな技巧の見本市ともいうべき作品であり、エンターテイメントとしてのヴァイオリンの楽しさをこれほどまでに満喫できる作品はそうあるものではありません。

この作品は、当時のハンガリーで広く普及していたジプシーオーケストラのハンガリーの歌が使われています。サラサーテはこのアンサンブル特有の演奏スタイルと自由な即興的形式を上手くこの作品に取り込んでいます。
感傷的なレチタティーヴォ、歌うようなメロディー、炎のチェルダシ(ハンガリーの民族舞踊)。

実に見事なものです。

ゲルハルト・タシュナーって、誰れ?


と、言う人が多いでしょうね。実はユング君もそうでした。
ところが調べてみて、ビックリ!

なんと、1940〜45年にかけて、フルトヴェングラーのもとでベルリンフィルのコンサートマスターをつとめたのが、このゲルハルト・タシュナーなのです。聞くところによると大変な録音嫌いで、ソリストとしての演奏がほとんど残らなかったために、いつの間にかその名前も忘れ去られていったようです。

しかし近年、そのわずかに残された録音が発掘されリリースされるようになって、その存在が再び再認識されるようになってきているそうです。(なんだか頼りない書き方ですが、ユング君自身もタシュナーを聞いたのはこれがはじめてなもので・・・)

それにしても、驚くまでに強靱な響きをヴァイオリンから叩き出す人です。

関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



29 Rating: 6.2/10 (235 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください。
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2008-05-20:佐藤


2009-05-05:ストラビン好きー


2010-06-28:美樹


2015-07-17:長野のしゅう



【リスニングルームの更新履歴】

[2017-02-25]

[2017-02-25]

[2017-02-24]

[2017-02-23]

[2017-02-22]

[2017-02-21]

[2017-02-20]

[2017-02-19]

[2017-02-18]

[2017-02-17]

[2017-02-16]

[2017-02-15]

[2017-02-14]

[2017-02-13]

[2017-02-12]

[2017-02-11]

[2017-02-10]

[2017-02-09]

[2017-02-08]

[2017-02-07]

[2017-02-06]

[2017-02-05]

[2017-02-05]

[2017-02-04]

[2017-02-03]