クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~




AmazonでCDをさがすAmazonでカザルスのCDをさがす

Home|カザルス|ホワイトハウス・コンサート

ホワイトハウス・コンサート


(Vc)パブロ カザルス, (P)ミエチスラフ ホルショフスキー, (Vn)アレクサンダー シュナイダー 1961年11月13日録音


ホワイトハウス・コンサート

「芸術家は政治家ではないが、人間の尊厳がかかわる時にはいかなる犠牲を払ってでも立場をはっきりとさせるべきだ。」
これが、フランコ独裁政権に対するカザルスの揺らぐことのなかった立場でした。

スペイン内戦がフランコの勝利で終結した後はスペインに戻ることを拒否したのは彼にしてみれば当然の選択でした。そして、第2次大戦が連合国側の勝利で終結したにもかかわらずフランコ独裁政権が生きながらえたのは、カザルスにしてみれば予想もしなかったことであり、さらにはその独裁政権を多くの国が承認していったことは許し難いことでした。
ですから、戦後もまた、彼は己の立場をはっきりさせるためにフランコ独裁政権を承認する国での演奏活動は一切拒否したのです。

そんなカザルスに時のアメリカ大統領ケネディが演奏会の依頼をしたのです。

アメリカはイギリスやフランスとは違って現実的対応を迫られる必要もなかったので、フランコ独裁政権に対しては批判的な立場を維持していました。フランコにとっても、1898年の米西戦争の記憶から来る反米感情も根強かったので、この両者の関係は戦争中も戦争後もぎくしゃくしたものでした。
しかし、東西冷戦が激化してくると、地中海の入り口というスペインの地政学的な重要性も無視できないと言うことで、フランコ独裁政権との関係修復を模索し始めます。
フランコもまた、国際的な孤立の中で国民生活の窮乏化が進む事で、いつまでも反米感情にこだわっている余裕もなくなっていきました。
そして、最終的には、フランコの「どうせ結婚しなければならないのなら金持ち女のほうが良い」という判断で、この両者は歩み寄り1953年に「米西防衛協定」が結ばれることになります。

アメリカはこの協定によって戦略的に重要な場所に空軍基地を確保することができ、スペインはその見返りとしてアメリカを中心とする西側資本の導入によって経済を立て直す事が可能となったのです。
結果から言えば、この両者の歩み寄りによってスペインは60年代以降に奇蹟の経済復興を成し遂げ、独裁者フランコはカザルスが亡くなった2年後の1975年に、日本風の表現を使えば天寿を全うして畳の上で死ぬことができたのです。

カザルスの立場から言えば、このアメリカの心変わりは許せるものではなかったでしょう。
そんなカザルスに対して、ケネディは招待状を送ったわけです。

名目はプエルトリコ総督ルイス・ムニョス・マリンを主賓とする晩餐会での演奏会でした。
この依頼にカザルスはかなり悩んだようです。
その理由の一つは、プエルトリコが彼の母と妻の故郷だったことです。
二つめは、結果としては幻想にしかすぎなかったのですが、若きケネディが掲げた理想主義への共鳴と期待でした。

そして、カザルスは悩みに悩んだ結果としてこの依頼を引き受けることとなり、ホワイトハウスでコンサートが開かれることになるのです。

戦争の世紀を揺らぐことのない信念を持って生き抜いた男の剛直な思い


この演奏会にはバーンスタイン、オーマンディ、ストコフスキーという有名指揮者、バーバー、カーター、コープランド等の作曲家も招待されていました。

カザルスは盟友とも言うべき、ホルショフスキーとシュナイダーで三重奏団を結成して以下の3曲を演奏します。


  1. メンデルスゾーン:ピアノ三重奏曲第1番ニ短調 op.49

  2. クープラン:チェロとピアノのための演奏会用小品

  3. シューマン:アダージョとアレグロ 変イ長調 op.70



晩餐会での演奏会は長くても20分程度というのが約束事らしいのですが、この時はそう言う前例にとらわれることなく、60分を超す長時間の演奏会になりました。
そして、その最後にアンコールとしてカザルスが演奏したのがカタロニア民謡の「鳥の歌」でした。
カザルスが「鳥の歌」をもって終了するまで、その演奏会は神聖な儀式に参加するがごとき雰囲気だったと伝えられています。

しかしながら、この時カザルスは既に85歳でした。
チェリストとしてのピークはとっくに過ぎ去っている事は誰の耳にも分かる事であり、それ故にこれを「3人の巨匠が感動的な演奏を繰り広げる、まさに全人類必聴の名盤」などという歯の浮いたような宣伝文句に同意する気は全くありません。
しかし、20世紀という、戦争の世紀を揺らぐことのない信念を持って生き抜いた男の剛直な思いが貫かれていることは誰の耳にも届くはずです。

レコードというものが、その言葉の本来の意味として持っている「歴史の記録」としてみれば、これは一つの歴史的証人とも言える貴重なドキュメントだと言えます。

関連コンテンツ


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



2865 Rating: 6.7/10 (22 votes cast)


この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください。
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント


【リスニングルームの更新履歴】

[2017-05-27]

[2017-05-26]

[2017-05-25]

[2017-05-24]

[2017-05-23]

[2017-05-22]

[2017-05-21]

[2017-05-20]

[2017-05-19]

[2017-05-18]

[2017-05-17]

[2017-05-16]

[2017-05-15]

[2017-05-14]

[2017-05-13]

[2017-05-09]

[2017-05-08]

[2017-05-07]

[2017-05-06]

[2017-05-05]

[2017-05-04]

[2017-05-03]

[2017-05-02]

[2017-05-01]

[2017-04-30]