クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでレイボヴィッツのCDをさがす
Home|レイボヴィッツ|ベートーベン:交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」作品125

ベートーベン:交響曲第9番 ニ短調 「合唱付き」作品125

ルネ・レイホヴィッツ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 & ビーチャム・コーラル・ソサイエテ (S)インゲ・ボルク (A)ルート・ジーヴェルト (T)リチャード・ルイス (BS)ルートヴィヒ・ウェーバー 1961年1月~4月録音

Beethoven:Symphony No.9 in D minor, Op.125 Choral [1.Allegro Ma Non Troppo, Un Poco Maestoso]

Beethoven:Symphony No.9 in D minor, Op.125 Choral [2.Molto Vivace]

Beethoven:Symphony No.9 in D minor, Op.125 Choral [3.Adagio Molto E Cantabile; Andante; Adagio]

Beethoven:Symphony No.9 in D minor, Op.125 Choral [4.Presto; Allegro Ma Non Troppo; Allegro Assai; Presto; Allegro Vivace; Alla Marcia; Andante Maestoso; Allegro Energico Sempre Ben Marcato; Allegro Ma Non Tanto; Poco Adagio; Prestissimo]


何かと問題の多い作品です。

ベートーベンの第9と言えば、世間的にはベートーベンの最高傑作とされ、同時にクラシック音楽の最高峰と目されています。そのために、日頃はあまりクラシック音楽には興味のないような方でも、年の暮れになると合唱団に参加している友人から誘われたりして、コンサートなどに出かけたりします。

しかし、その実態はベートーベンの最高傑作からはほど遠い作品であるどころか、9曲ある交響曲の中でも一番問題の多い作品なのです。さらに悪いことに、その問題点はこの作品の「命」とも言うべき第4楽章に集中しています。
そして、その様な問題を生み出して原因は、この作品の創作過程にあります。

この第9番の交響曲はイギリスのフィルハーモニア協会からの依頼を受けて創作されました。しかし、作品の構想はそれよりも前から暖められていたことが残されたスケッチ帳などから明らかになっています。
当初、ベートーベンは二つの交響曲を予定していました。
一つは、純器楽による今までの延長線上に位置する作品であり、もう一つは合唱を加えるというまったく斬新なアイデアに基づく作品でした。後者はベートーベンの中では「ドイツ交響曲」と命名されており、シラーの「歓喜によせる」に基づいたドイツの民族意識を高揚させるような作品として計画されていました。
ところが、何があったのかは不明ですが、ベートーベンはまったく異なる構想のもとにスケッチをすすめていた二つの作品を、何故か突然に、一つの作品としてドッキングさせてフィルハーモニア協会に提出したのです。
そして出来上がった作品が「第九」です

交響曲のような作品形式においては、論理的な一貫性は必要不可欠の要素であり、異質なものを接ぎ木のようにくっつけたのでは座り心地の悪さが生まれるのは当然です。もちろん、そんなことはベートーベン自身が百も承知のことなのですが、何故かその様な座り心地の悪さを無視してでも、強引に一つの作品にしてしまったのです。

年末の第九のコンサートに行くと、友人に誘われてきたような人たちは音楽が始めると眠り込んでしまう光景をよく目にします。そして、いよいよ本番の(?)第4楽章が始まるとムクリと起きあがってきます。
でも、それは決して不自然なことではないのかもしれません。
ある意味で接ぎ木のようなこの作品においては、前半の三楽章を眠り込んでいたとしても、最終楽章を鑑賞するにはそれほどの不自由さも不自然さもないからです。
極端な話前半の三楽章はカットして、一種のカンタータのように独立した作品として第四楽章だけ演奏してもそれほどの不自然さは感じません。そして、「逆もまた真」であって、第3楽章まで演奏してコンサートを終了したとしても、聴衆からは大ブーイングでしょうが・・・、これもまた、音楽的にはそれほど不自然さを感じません。

ですから、一時このようなコンサートを想像したことがあります。
それは、第3楽章と第4楽章の間に休憩を入れるのです。

前半に興味のない人は、それまではロビーでゆっくりとくつろいでから休憩時間に入場すればいいし、合唱を聴きたくない人は家路を急げばいいし、とにかくベートーベンに敬意を表して全曲を聴こうという人は通して聞けばいいと言うわけです。
これが決して暴論とは言いきれないところに(言い切れるという人もいるでしょうが・・・^^;)、この作品の持つ問題点が浮き彫りになっています


スコアだけを頼りにベートーベンを再構築しようとした演奏

レイホヴィッツという指揮者の基本的な立ち位置は「新ウィーン楽派の使徒」です。
もともとは作曲家志望であり、ェーベルンやシェーンベルクに学んだという経歴がその立ち位置を決めています。しかし、おそらくは作曲だけでは食っていけなかったのでしょう、戦前から少しずつ指揮活動も行うようになり、戦後はシェーンベルク、ベルク、ウェーベルンの代表作を数多く録音するようになりました。

そして、指揮活動がその範疇で終わっていれば、間違いなく「忘れ去られた指揮者」になっていたはずなのですが、ステレオ録音の時代に入って大きな転機を迎えます。それが、会員制の直販方式で多くの録音活動を行っていたリーダーズ・ダイジェストとの関係ができたことです。
とくに、このリーダーズ・ダイジェストのために行ったベートーベンの交響曲全集の録音は、まるでその後のピリオド演奏を予言しているかのような尖った演奏であり、一部の好事家の間では注目されていました。

レイホヴィッツがリーダーズ・ダイジェストからベートーベンの交響曲全集を任されるようになったエピソードは非常に有名です。

リーダーズ・ダイジェストは自前で録音できるようなスタッフも機材も持っていなかったので、その録音は米RCAが委託していました。さらに、起用する音楽家がヨーロッパ在住の場合は米RCAが現地に出向いて録音を行うのは手間もお金もかかるので、その時米RCAが英DECCAに委託したようです。
そして、この会員制の直販方式を定着させるためには、まずはクラシック音楽の王道とも言うべきベートーヴェンの交響曲全集の録音が不可欠だったことは言うまでもなく、委託されたプロデューサーは適当な指揮者を捜していました。

はじまりは、パリの街角にある小さなカフェでの何気ない話し合いです。
出会ったのは録音プロデューサーのチャールズ・ゲルハルトと、リーダーズ・ダイジェストとの関係を築きはじめていた指揮者のルネ・レイホヴィッツでした。

二人は、すでに「ラ・ヴァルス」と「ボレロ」の録音をやっていたので、この時もコーヒーを飲みながら音楽について議論を戦わしていました。そして、話がベートーヴェンに移ると、レイホヴィッツは途端に雄弁になりました。

「世界で一番演奏回数の多いベートーヴェンの第五の出だしのところで、ここのところの小節が一度も正確に演奏されたことがないということに気がついたことがあるかい?」
「それからここのところと…ここのところ」

一気にまくし立てたレイホヴィッツは、さらに別れてからも間違いを探し続け、その48時間後には600以上もの間違いをチャールズ・ゲルハルトに報告したのです。
二人は、その間違いを慎重に検討し、ついには「話し合いや手紙のやりとりを6カ月つづけたのち、私たちが「俳優としての王侯」をみつけ出したことは明らかとなったので、この劇をやらない理由はもうどこにもなかった。」と言うことになり、この全集録音が開始されることになったのです。

まるで、ナクソスがブルックナーの交響曲全集をカタログに加えるためにティントナーを見いだした時とよく似たエピソードです。

オケは誕生したばかりのロイヤルフィル、そして録音は1961年1月から4月にかけて一気呵成に行われました。
今までの、長いベートーヴェン演奏の伝統に胡座をかくような演奏ではなく、そう言う伝統に何か新しいものを付け加えようという意欲に満ちた演奏となっています。

確かに、トランペットやホルンを追加して演奏効果を上げるという慣習的なスコアの改変は行っているようです。しかし、どの演奏を聴いてみても「ここはこういう風に演奏するモンだ!」みたいな安直な解釈は一切行っていません。まさに、全てを一度白紙に戻し、その上でベートーヴェンの書いたスコアからもう一度音楽を再構築しようという執念が貫かれています。

厳しいコスト制約はあったようなのですが、その中で可能な限り意味のある芸術的成果を生み出そうという意欲に満ちた録音だったようです。

聞いてみてすぐに気がつくのは、その鋭い切れ味抜群のリズムとテンポです。
結果として、どこかのんびりした雰囲気で演奏されることの多かった偶数番の交響曲に、今まで聞いたことがないような「渇!」が入っています。

しかし、逆に奇数番号の交響曲ではそれが裏目となって音楽が小さくなっているという批判も聞かれます。もちろん、それが伝統的なベートーベンの姿でしたから、そう言う伝統的な姿から距離を置いている演奏に不満を感じる人がいて当然です。

ただし、忘れていけないのは、レイホヴィッツはベートーベンの奇数番号の交響曲といえどもフルトヴェングラーのような巨大さは追求していないと言うことです。
そこにあるのは、トスカニーニが語った「エロイカといえどもただの『アレグロ・コン・ブリオ』に過ぎない」という言葉を、さらに正しい形で音楽にしようとした執念です。

もちろん、演奏の価値を己の好き嫌いだけで判断することは、ただの気楽な聞き手である私たちにとっては何の不都合もありません。しかし、演奏家がその演奏や録音で何を追求しようとしたのかをしっかりと受け止めて、そのチャレンジがいかに形になっているのかという視点を持てば、見えてくるものも違ってくると思います。
レイホヴィッツはエロイカといえどもその巨大さに拘るのではなく、いくつもの声部が美しく絡み合い、その絡み合いの中から生まれる和声の響きの美しさを追求しています。そして、嬉しいのは、そう言うレイホヴィッツの意図を汲んだかのごとき透明度の高い録音で演奏がすくい取られていることです。

この録音を60年代初頭という時期においてみれば、その革命的なまでの新しさは明らかです。

ですから、私としては一日でも早くこのサイトにアップしたいと思っていました。しかし、その足枷となっていたのが、どうしても初出年を確定できないことでした。
通常のレーベルからリリースされた演奏であれば確認する手段はいくらでもあるのですが、会員制の直販方式で配布されたリーダーズ・ダイジェストのような場合は、通常のやり方では全く確認することが出来ませんでした。

有り難かったのは、その辺の事情をサイトで報告して「誰か初出年の裏をとれませんか?」みたいな事を書いておいたので、とある方から重要な情報を寄せていただきました。そして、その情報にあった「Las 9 Sinfonias De Beethoven (7xLP + Box) Reader's Digest, RCA RD4-06 Spain 1962」という番号を手がかりに、1961年にオランダで初出されていることを確認することが出来ました。
また、最終的な確認にまでは至らなかったものの、幾つかの貴重な情報をいただいた方も多数いました。
改めて、お礼を申し上げます。

関連記事(一部広告含む)


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



2337 Rating: 5.3/10 (42 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2015-08-14:ほんのむし





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-02-23]

ブラームス:ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15
(P)レオン・フライシャー:ジョージ・セル指揮 クリーブランド管弦楽団 1958年2月21日~22日録音

[2019-02-22]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
(Vn)ジノ・フランチェスカッティ:ディミトリ・ミトロプーロス指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック 1954年3月27日録音

[2019-02-21]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
(P)エミール・ギレリス:レオポルト・ルートヴィヒ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1957年4月30日~5月1日録音

[2019-02-20]

コダーイ:「ハーリ・ヤーノシュ」組曲 作品35a
ゲオルク・ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1955年2月21日~25日録音

[2019-02-19]

クープラン:コンセール小品集
(Cello)ピエール・フルニエ:ルドルフ・バウムガルトナー指揮 ルツェルン音楽祭弦楽合奏団 1963年12月20日~21日録音

[2019-02-18]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第9番 ホ長調 Op.14-1
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年11月12日~13日録音

[2019-02-17]

マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1964年12月録音

[2019-02-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV1047
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音

[2019-02-15]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
(P)エミール・ギレリス:アンドレ・ヴァンデルノート指揮 パリ音楽院管弦楽団 1957年6月19日~20日録音

[2019-02-14]

R.シュトラウス:交響詩「ドンファン」 作品20
カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1963年4月録音