クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでストコフスキーのCDをさがす
Home|ストコフスキー|ホルスト:組曲「惑星」

ホルスト:組曲「惑星」

ストコフスキート指揮 ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団 1956年9月録音



Holst:組曲「惑星」 「火星、戦争をもたらす者」

Holst:組曲「惑星」 「金星、平和をもたらす者」

Holst:組曲「惑星」 「水星、翼のある使者」

Holst:組曲「惑星」 「木星、快楽をもたらす者」

Holst:組曲「惑星」 「土星、老いをもたらす者」

Holst:組曲「惑星」 「天王星、魔術師」

Holst:組曲「惑星」 「海王星、神秘主義者」


占星術からイメージされた音楽

ホルストは随分と占星術に凝っていたようで、かなり専門的に勉強もしていたようです。その様な占星術への傾倒の中で生み出されたのがこの組曲「惑星」でした。
ユング君はこういう方面はあまり詳しくないのでよく分からないのですが、占星術ではそれぞれの惑星に固有の性格というかイメージを与えているようです。
その様なイメージを音によって再現して見せたのがこの「惑星」だというわけです。

しかし、よく聞いてみると、ホルストは占星術から多大なインスピレーションは得ていますが、必ずしもそれにとらわれてはいないようです。彼は占星術からのイメージをそれぞれの楽章の標題としていますが、音楽がつむぎだすイメージはより雄大です。

なお、最近になって“冥王星”を付け加えて演奏される機会が増えてきているそうです。ケント・ナガノが作曲依頼をして、ホルスト協会の会長であるコリン・マシューズが新たに作曲したもので、英国ではこのスタイルで演奏することが慣習になりつつあるとか・・・。

正直、この話を聞いてケント・ナガノに対するユング君の評価急降下しました。それこそ、絵に描いたような「余計なお世話」だと思うのですが、いかがでしょうか。

<2006年8月26日追記>
冥王星が惑星の地位から転落して、太陽系の惑星は8個という事になりました。さて、これでケント・ナガノ委嘱によるマシューズ先生の「冥王星」の運命はどうなるのでしょうか?
そんな作品はこの世の中に一度も存在したことなどなかったかのように無視を決め込んで、「僕たち、ずっとホルスト先生の指示通り海王星で演奏を終わってたもんね!!」という態度をとるんでしょうか?
それとも、こういう時こそ根性を見せて、
ホルスト作曲、ケント・ナガノ委嘱によるマシューズ補作:「惑星と矮惑星(ただし、2006年8月の時点において40個以上は発見されていると思われる矮惑星の中ではもっともよく知られていて、一般的には冥王星と名付けられている矮惑星・・・ただし「矮惑星」と言う呼称は2006年8月に行われた惑星の定義確定にともなう中で用いられた暫定的な呼称であるために、今後その呼び方については変更があるかもしれないことに留意されたし」・・・うーーん、長い!!・・・・なんて言う作品名で演奏を続けるのでしょうか?(^^;
だから、いらぬお節介だといったのです。

ちなみに、各曲につけられた標題は以下の通りです。

第1曲:火星 - 戦争の神
Mars, the Bringer of War. Allegro

第2曲:金星 - 平和の神
Venus, the Bringer of Peace. Adagio - Andante - Animato - Tempo I

第3曲:水星 - 翼のある使いの神
Mercury, the Winged Messenger. Vivace

第4曲:木星 - 快楽の神
Jupiter, the Bringer of Jollity. Allegro giocoso - Andante maestoso - Tempo I - Lento maestoso - Presto

第5曲:土星 - 老年の神
Saturn, the Bringer of Old Age. Adagio - Andante

第6曲:天王星 - 魔術の神
Uranus, Magician. Allegro - Lento - Allegro - Largo

第7曲:海王星 - 神秘の神
Neptune, the Mystic. Andante - Allegretto


こういう作品は出来ればいい「音」で聞きたい。

もちろん、すでに紹介してあるボールト&BBC交響楽団の演奏も悪いものではないのですが、やはりいい「音」で聞きたい作品です。
そこで、何かいいものはないかと探していて見つけたのがこのストコフスキーの録音です。
聞いてみると、実に見通しのいい録音で到底半世紀以上も前の録音とは思えないほどの優秀さです。
ただし、どういう訳か、ストコフスキーにしては実にあっさり、すっきりとオケを鳴らしています。それにステレオ初期の特徴である「響きの薄さ」が加味されて、この作品に大スペクタルを求める人には物足りないかもしれません。
やはり、この作品の一押しはカラヤンと言うことになるのでしょうね。(^^;

それにしても、ストコフスキーが惑星を演奏するなら「こうなるだろう!」という一般の期待をものの見事に裏切る演奏です。どう考えてもギトギト系の演奏になると誰しもが思うでしょうが、意外なほどのアッサリ系には肩すかしを食います。もっとも、40年代にNBC交響楽団を振って入れた惑星も速めのテンポできっちりかっちり演奏していたので、どうもストコフスキーにとっての惑星というのは「派手さ」を演出する音楽とは感じていなかったようです。

実際、この惑星でも、ストコフスキーお得意の「楽譜の改変」が至るところに施されています。あちこちで、聞き慣れない変な音がいっぱい聞こえます。ところが、その改変は必ずしも「派手さ」をギトギトと演出するものではないのです。
不思議な人です。

とは言え、カラヤンによってこの作品が有名曲となる前の「定番」としての歴史的価値は高い録音だとは断言できます。

Youtubeチャンネル登録

古い録音が中心ですがYoutubeでもアップしていますので、是非チャンネル登録してください。

関連記事(一部広告含む)

この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1167 Rating: 5.5/10 (163 votes cast)

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2009-10-10:カンソウ人


2009-10-11:出羽の里


2009-10-12:角笛


2009-10-17:かなパパ


2009-10-19:ヨシ様


2010-12-29:ヤングチャン


2011-09-13:しゅわっち松田


2013-08-04:emanon





【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2021-12-08]

モーツァルト:交響曲第34番ハ長調 K.338
ルドルフ・ケンペ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1955年11月24日録音

[2021-12-07]

ヴィヴァルディ:ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲 変ロ長調, RV.548
ジャン=フランソワ・パイヤール指揮:(Org)マリー=クレール・アラン パイヤール室内管弦楽団 1965年初出

[2021-12-06]

ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 作品68
ラファエル・クーベリック指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1957年9月23日~24日録音

[2021-12-05]

スッペ:「詩人と農夫」序曲
トスカニーニ指揮 NBC交響楽団 1943年7月18日録音

[2021-12-04]

ベートーベン:弦楽四重奏曲第1番 ヘ長調 OP.18-1
パガニーニ四重奏団 1953年録音

[2021-12-03]

ベートーベン:交響曲第6番ヘ長調, Op.68「田園」
ヤッシャ・ホーレンシュタイン指揮 ウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団 1958年録音

[2021-12-02]

サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 作品22
(P)ジャンヌ=マリー・ダルレ:ルイ・フーレスティエ指揮 フランス国立放送管弦楽団 1956年録音

[2021-12-01]

ファリャ:三角帽子
アタウルフォ・アルヘンタ指揮 スペイン国立交響楽団 1958年録音

[2021-11-30]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調, Op.35
(Vn)ブロニスラフ・ギンベル:ヨハネス・シュラー指揮 バンベルク交響楽団 1960年初出

[2021-11-29]

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調, K.219
(Vn)ヴォルフガング・シュナイダーハン:フェルディナンド・ライトナー指揮 ウィーン交響楽団 1952年11月録音