クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~



AmazonでCDをさがすAmazonでカラヤンのCDをさがす
Home|カラヤン|レオポルド・モーツァルト作(エトムント・アンゲラー作というのが最近では有力):おもちゃの交響曲

レオポルド・モーツァルト作(エトムント・アンゲラー作というのが最近では有力):おもちゃの交響曲


カラヤン指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1957年4月録音を再生する



L_Mozart:おもちゃの交響曲 「第1楽章」

L_Mozart:おもちゃの交響曲 「第2楽章」

L_Mozart:おもちゃの交響曲 「第3楽章」

エトムント・アンゲラーの作というのが最近は有力です

あまりにも有名な作品で、小学校の入学式の入場曲などにもよく使われます。しかし、この有名な作品の作曲家に関しては長年「謎」のままでした。
当初は、この作品はハイドンのものとされていたのですが、聞いて分かるように、音楽職人ハイドンの作としてはあまりにも単純にすぎます。そんなわけで、一応ハイドン作とされながらも、みんなは「違うだろうな!」と思いつつ、その定説を受け入れていたのです。
ところが、モーツァルトのお父さんであるレオポルドの作品が20世紀になってから発見されたことによって、そんな状態に大きな変化が起きます。1951年にレオポルトの作とされるカッサシオン(全7曲)がりバイエルン州立図書館から発見され、その一部が「おもちゃの交響曲」と同一であることが判明したのです。
これを持って、「おもちゃの交響曲」はレオポルドの作品として認知され、今ではレオポルド・モーツァルト作 「おもちゃの交響曲」が定説となっています。
ところが、事態はさらに思わぬ展開を見せます。
1991年、チロルの修道院で「おもちゃの交響曲」の古い筆写譜が発見されたのです。そして、その筆写譜には同じチロル出身の作曲家、エトムント・アンゲラーが作曲したとコメントがされていたのです。
参考までに、これがその発見された筆写譜の表紙だそうです。



このエトムント・アンゲラーなる作曲家は今では全く忘れ去られた存在なのですが、いくつかの作品が残されています。そして、その残された作品を調べてみると、この「おもちゃの交響曲」と類似する部分が数多いそうなのです。ですから、専門家の間では、エトムント・アンゲラーの作品とする考え方の方が有力となっています。

とは言え、自筆譜が未だに発見されていない以上、最終的な結論とすることには未だ躊躇いがあります。
さてさて、今後もさらに新たな展開があるのでしょうか。


一切の手抜きをしないで、すっきりと仕上げるあたりは実に好感が持てます。

同じ事を何度も繰り返して申し訳ないのですが、カラヤン&フィルハーモニア管のコンビはホントにいいですね。それは、こういうライト・クラシックのような作品を演奏しても一切の手抜きをしないで、すっきりと仕上げるあたりは実に好感が持てます。
面白いのは第3楽章。簡単なメロディを三回繰り返すだけのシンプルな構成なのですが、ポイントはテンポがどんどん速くなっていくこと。最初はアレグロ・モデラートで始めて、それがアレグロ、プレストと変化していきます。これを一切の手抜きなしに大真面目に演奏しています。最後はとんでもないテンポになるのですが、一切の破綻なしにものの見事に演奏しきるフィルハーモニア管に拍手です。

関連記事(一部広告含む)


この演奏を評価してください。

  1. よくないねー!(≧ヘ≦)ムス~>>>1~2
  2. いまいちだね。( ̄ー ̄)ニヤリ>>>3~4
  3. まあ。こんなもんでしょう。ハイヨ ( ^ - ^")/>>>5~6
  4. なかなかいいですねo(*^^*)oわくわく>>>7~8
  5. 最高、これぞ歴史的名演(ξ^∇^ξ) ホホホホホホホホホ>>>9~10



1156 Rating: 6.9/10 (153 votes cast)

この演奏に対するご意見や感想をおよせください。

  1. 件名は変更しないでください。
  2. お寄せいただいたご意見や感想は基本的に紹介させていただきますが、管理人の判断で紹介しないときもありますのでご理解ください
名前*
メールアドレス
件名
メッセージ*
サイト内での紹介

 

よせられたコメント

2009-08-28:Sammy


【リスニングルームの更新履歴】

【最近の更新(10件)】



[2019-02-22]

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35
(Vn)ジノ・フランチェスカッティ:ディミトリ・ミトロプーロス指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック 1954年3月27日録音

[2019-02-21]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調 作品58
(P)エミール・ギレリス:レオポルト・ルートヴィヒ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1957年4月30日~5月1日録音

[2019-02-20]

コダーイ:「ハーリ・ヤーノシュ」組曲 作品35a
ゲオルク・ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1955年2月21日~25日録音

[2019-02-19]

クープラン:コンセール小品集
(Cello)ピエール・フルニエ:ルドルフ・バウムガルトナー指揮 ルツェルン音楽祭弦楽合奏団 1963年12月20日~21日録音

[2019-02-18]

ベートーベン:ピアノ・ソナタ第9番 ホ長調 Op.14-1
(P)ヴィルヘルム・ケンプ 1964年11月12日~13日録音

[2019-02-17]

マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」
カレル・アンチェル指揮 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 1964年12月録音

[2019-02-16]

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番 ヘ長調 BWV1047
カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団 1950年録音

[2019-02-15]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
(P)エミール・ギレリス:アンドレ・ヴァンデルノート指揮 パリ音楽院管弦楽団 1957年6月19日~20日録音

[2019-02-14]

R.シュトラウス:交響詩「ドンファン」 作品20
カール・ベーム指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1963年4月録音

[2019-02-13]

J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 BWV.1068 より エアー(G線上のアリア)
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー指揮 ベルリンフィル 1929年録音

[2019-02-12]

モーツァルト:「魔笛」 K.620 「第2幕」
オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団&合唱団 (T)ニコライ・ゲッダ (S)グンドゥラ・ヤノヴィッツ (Bass)ワルター・ベリー (S)ルチア・ポップ他 1964年3月~4月録音

[2019-02-11]

モーツァルト:「魔笛」 K.620 「第1幕」
オットー・クレンペラー指揮 フィルハーモニア管弦楽団&合唱団 (T)ニコライ・ゲッダ (S)グンドゥラ・ヤノヴィッツ (Bass)ワルター・ベリー (S)ルチア・ポップ他 1964年3月~4月録音

[2019-02-10]

チャイコフスキー:弦楽セレナード ハ長調 Op.48
ウィリアム・スタインバーグ指揮 ピッツバーグ交響楽団 1953年11月30日&1954年4月14日録音

[2019-02-09]

カール・フィリップ・エマヌエル・バッハ:チェロ協奏曲 イ長調 Wq.172
(Cello)ピエール・フルニエ:ルドルフ・バウムガルトナー指揮 ルツェルン音楽祭弦楽合奏団 1961年10月10日~14日録音

[2019-02-08]

チャイコフスキー:幻想序曲「ハムレット」, Op.67a
ロヴロ・フォン・マタチッチ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1956年1月録音