アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・

クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|あなたがお使いのスピーカーは?

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



あなたがお使いのスピーカーは?

  • PC付属のスピーカー
31
  • PC用スピーカー(1万円未満)
32
  • PC用スピーカー(1万円以上)
39
  • システムコンポのスピーカー
22
  • ブックシェルフ型(10万円未満)
47
  • ブックシェルフ型(10万円以上)
13
  • トールボーイ型(10万円未満)
6
  • トールボーイ型(10万円以上)
8
  • フロア型(30万円未満)
10
  • フロア型(30万円以上)
22
  • 埋め込み型
4
  • ヘッドホン
60
  • その他
9

投票総数: 303

全体的な傾向を見ると、PCスピーカーをお使いの方が100名、単品コンポのスピーカーをお使いの方もおよそ100名、そしてヘッドホンを使われる方60名と言うところでしょうか。

ただし、単品コンポのスピーカーと言ってもその半数が10万円未満のブックシェルフが半数近くですから、なかなかオーディオにお金を投入できる環境にはないようです。

しかし、この結果を眺めていて、いくつか気づいたことがあります。

まず第1は、それはPCに直接スピーカーをつなぐという形が既に一大勢力になっていることです。そして、「PC付属のスピーカー」、「1万円未満のPC用スピーカー」、「1万円以上のPC用スピーカー」がそれぞれ三分していることです。
おそらく、最初は普通に「PC付属のスピーカー」で音楽を聴いていたのが、少しでもいい音で聞きたいという思いが高まる中で、付属のスピーカーからPC用スピーカーに乗り換えられたのだと思います。
おそらく、オーディオ的なこだわりと言うことに関しては最も遠い位置におられる層だと思うのですが、それでも、「いい音」への要求ははっきりと読み取れるような気がします。

次に驚かされたのは、ヘッドホンユーザーの多さです。
私自身が全くヘッドホンを使わない人なのでこの結果には余計に驚かされたのですが、日本の住宅事情を考えれば当然なのかもしれません。
さらに、考えてみれば、最も少ない投資でできる限りいい音を目指そうとすると、これは賢い選択とも言えます。
一般的にスピーカーから出る音は宿命的に部屋の音響特性の影響を受けます。場合によっては、スピーカーの音を聞いているのか部屋の音を聞いているのか分からないような状態になります。

なかには、マンションが買えるほどのお金を投入しながら、酷い部屋で鳴っているが故に、実に悲惨な結果になっていることも珍しくありません。ご本人は、いつまでたっても解決しない不満を解消すべく、次から次へと買い換えるので、日本経済の活性化には貢献しているのでしょうが、あまり幸せな図とは言えません。
そんな愚かなスパイラルに陥るくらいなら、ヘッドホンというのは実に賢い選択です。

ただし、このヘッドホンというのもピンからキリまでの世界なので、これだけでは、オーディオ的なこだわりがどの程度のものなのかは分かりません。
と言うことで、次回はこのあたりを詳しく探ってみたいと思います。

最後に、10万以上のスピーカーを使われている方は約40名でした。
おそらく、オーディオ的一番こだわりを持つのはこの層なのでしょう。ヘッドホンで高音質再生を目指す方をここに数え入れると、およそ全体の20%でしょうか。
もちろん、投票いただいた方の分母が日本国民の平均と比べると圧倒的に偏っていますので(音楽にもオーディオに関しても強い関心があるという点で!!)、それを考えると、この数値は未だにオーディオの復権は遠いと言わざるを得ないようです。

ここで、うーんと考えます。
もしも私がオーディオメーカーの経営者ならば、USBでPCと接続するだけで、「オオー、すごい!!」と思わせるようなスピーカーを作りますね。「USB DAC」とパワーアンプ内蔵のスピーカーで、驚くほど高音質のものを3万円程度で・・・です。
もちろん、そこそこいい音じゃないですよ、驚くほどいい音・・・です。

今もこれに似たような製品はありますが、私が知る限りではどれもチープなものばかりです。あれでは、オーディオというのがどれほど凄いものなのかを知らない人々にその凄さを知らしめるどころか、逆に、やっぱりつまらん世界だなと悪宣伝しているようなものです。
そして、「3万円」というのも厳しい価格設定ですが、今の若い世代は無駄な買い物はしませんから、彼らの財布がゆるむ範囲で「凄い世界」を見せないと、この世界の復権はないと思うからです。

やっぱり、無理かな・・・。

<追記>
オンキヨー デジタルメディアオーディオシステム ND-S1DP(B)

デジタルメディアオーディオシステム(ND-S1DP)

このあたりは、かなりいい線をいっていると思います。
これは、DAC内蔵のアクティブスピーカーDP-M1と最近話題の「ND-S1」をセットにしたもので実売価格も3万円ちょっとにおさまっています。

DAC内蔵のアクティブスピーカー「DP-M1」に関しては、このあたりをご覧ください。

最近の状況を見る限りでは、国内メーカーで期待できるのはオンキヨーくらいです。
がんばれ、オンキヨー!!(なお、私は決してオンキヨーのまわしものではありません^^;)

【リスニングルームの更新履歴】

[2018-08-22]

リヒャルト・シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」 作品35
ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (Cell)ピエール・フルニエ (Viola)ジュスト・カッポーネ 1965年12月録音

[2018-08-21]

ベートーベン:交響曲第7番 イ長調 作品92
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年10月録音

[2018-08-20]

シューマンピアノ三重奏曲第1番 ニ短調 作品63
(P)エミール・ギレリス (Vn)レオニード・コーガン (Cello)ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ 1958年録音

[2018-08-19]

ワーグナー:「ワルキューレ」より「ヴォータンの別れと魔の炎の音楽」
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 (Br)ジョージ・ロンドン ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年6月9日~11日録音

[2018-08-18]

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団1966年5月17日-18日録音

[2018-08-17]

モーツァルト:ディヴェルティメント 第17番 ニ長調 K.334 「ロビニッヒ・ディヴェルティメント」
フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団 1955年4月23日&26日録音

[2018-08-16]

ベートーベン:チェロソナタ第1番 ヘ長調 Op.5-1
(Cell)アントニオ・ヤニグロ (P)イェルク・デムス 1964年録音

[2018-08-15]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
(P)クリストフ・エッシェンバッハ:ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1966年11月30日~12月1日録音

[2018-08-14]

ベートーベン:交響曲第3番変ホ長調 作品55「英雄」
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2018-08-13]

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
フェレンツ・フリッチャイ指揮 (P)マルグリット・ウェーバー ベルリン放送交響楽団 1960年6月3日~6日録音