クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|大好きなピアニストは?〜現役編

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



大好きなピアニストは?〜現役編

  • ポリーニ
49
  • ふじ子ヘミング
47
  • その他
44
  • アルゲリッチ
42
  • アシュケナージ
34
  • 内田光子
24
  • ツィマーマン
22
  • ワイセンベルク
15
  • キーシン
15
  • ブレンデル
12
  • カツァリス
10
  • ピリス
9
  • ブーニン
9
  • エッシェンバッハ
9
  • コチシュ
7
  • ルプー
6
  • シフ
5
  • ペライア
5
  • プレヴィン
5
  • ガヴリーロフ
4

投票総数: 373


 「現役だとやっぱポリーニかと投票したら1位でした。もっと若い世代に人材はないのか。」
 「現役のピアニストで迷った末、アシュケナージを選びましたが、現在ほとんど指揮するほうが、忙しいらしく新曲が出ていませんね。」
 「イングリット・ヘブラーの演奏するモーツァルトは、精巧な職人技の極致ですね。」

 などなど、今回はたくさんのコメントもいただきました。ありがとうございます。m(_ _)m
 やはり予想通りポリーニ、アシュケナージが強かったですね。フジ子ヘミングも昨今は人気が高いので予想されたことです。

 これに続いたのが、アルゲリッチと内田光子という現在を代表する女性ピアニストで、あとはワイセンベルグまでが二桁の票を獲得しました。

 実はノミネート表を作ったときから「その他」が多いことは予想していましたが、想像した以上に票が分散したようです。
 「個性派好きの私としましてはウゴルスキが一番です。ってまだ健在の方?(^^;;
投票リストに名前がなかったので悲しいです… 」

 こういうコメントは覚悟の上でした。(^^;結局は先頭集団と、それに続くグループの間に決定的な差が存在すると言うことでしょう。
 ポリーニ・アシュケナージ・アルゲリッチ・内田と指を折っていく事はできても、この後になるとそれぞれの方々の好みで拡散してしまうと言うのが昨今の状況のようです。

 それにしても、現役のアンケートはノミネートを絞るのが大変です。

【リスニングルームの更新履歴】

[2018-10-22]

バルトーク:「舞踏組曲」 Sz.77
アンタル・ドラティ指揮 ロンドン交響楽団 1962年7月録音

[2018-10-21]

ブルックナー:交響曲第6番 イ長調
オイゲン・ヨッフム指揮 バイエルン放送交響楽団 1966年7月録音

[2018-10-20]

ワルトトイフェル:スケーターズ・ワルツ 作品183
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1967年4月20日録音

[2018-10-19]

ハイドン:交響曲第102番 変ロ長調
ゲオルク・ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 1951年11月録音

[2018-10-18]

ワーグナー:「ローエングリン」第一幕への前奏曲
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団 1962年11月録音

[2018-10-18]

ワーグナー:「ローエングリン」第一幕への前奏曲
ルドルフ・ケンペ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年2月10日~13日&17日録音

[2018-10-17]

チャイコフスキー:交響曲第6番 ロ短調 作品74 「悲愴」
ルドルフ・ケンペ指揮 フィルハーモニア管弦楽団 1957年5月5日~6日録音

[2018-10-16]

ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品95(B.178)「新世界より」
ハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮 北ドイツ放送交響楽団 1953年5月18日~20日録音

[2018-10-15]

バルトーク:2つの肖像 Op.5,Sz.37
アンタル・ドラティ指揮 (Vn)エルウィン・ラモー フィルハーモニア・フンガリカ 1958年6月録音

[2018-10-14]

イヴァノヴィッチ:ドナウ河のさざ波
ユージン・オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団 1967年4月20日録音