アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・

クラシック音楽へのおさそい~Blue Sky Label~


Home|アンケートのアーカイブ|お好きな交響曲第4番は?

アンケートの結果と考察(--;のようなもの・・・



お好きな交響曲第4番は?

  • ブラームス:交響曲第4番
154
  • チャイコフスキー:交響曲第4番
140
  • メンデルスゾーン:イタリア
71
  • ベートーベン:交響曲第4番
66
  • シューマン:交響曲第4番
40
  • ブルックナー:ロマンティック
34
  • マーラー:交響曲第4番
31
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第4番
17
  • ニールセン:不滅
10
  • シベリウス:交響曲第4番
9
  • その他
7
  • ドヴォルザーク:交響曲第4番
7
  • シューベルト:悲劇的
7
  • オネゲル:バーゼルの喜び
1
  • プロコフィエフ:交響曲第4番
0
  • ルトスワフスキー:交響曲第4番
0
  • 吉松隆:交響曲第4番
0
  • ルーセル:交響曲第4番
0

投票総数: 594


日本人はこんなにもブラームスが好きだったのでしょうか?ブラームスに対する圧倒的な支持の高さにはただただ恐れ入るばかりです。

第1番:2位のマーラーにダブルスコアの大差をつけて圧勝
第2番:マーラーと大接戦を繰り広げるも最終盤で振り切ってトップを確保
第3番:これは相手が悪すぎ!エロイカにトップを譲るもしっかりと2位を確保

そして、この第4番でもチャイコフスキーとトップ争いを繰り広げながらも、終始リードを保って余裕でゴールインしました。
「ブラームスの4番は…「悲劇の佃煮」みたいな音楽で、ちっとも面白くないと思っている私は異常なんでしょうか?」という、極めて説得力のある批判的意見(^^;もありながらもこの強さには脱帽です。

そして、この強いブラームスに最後まで食い下がって大健闘をしたのがチャイコフスキーです。それほどメジャーともいえない初期の1〜3番の作品でも予想以上に票を集めていましたから、ある程度はいくだろうと予想はしていたのですが、この結果はその予想をさらに上回るものとなりました。「僕のこれからの人生にチャイコフスキーはもういらない!」と豪語された評論家の先生がおられましたが、この結果を見たらどのように思われるのでしょうか。
本当に、とっても楽しくなってしまう結果です。(^^v

今回の結果で非常に面白かったのは、はっきりといくつかのグループに分かれたことです。
まずは、上述したブラームスとチャイコフスキーがトップグループを形成して他を寄せ付けませんでした。
次に、この両者からは二歩も三歩も譲るのですが、メンデルスゾーンとベートーベンが第2のグループを形成しました。
専門家筋の間ではとかく低く見られがちなメンデルスゾーンなのですが、3番・4番に対する支持は非常に高いようです。
そして、さらにこの両者から一歩遅れて、シューマン・ブルックナー・マーラーが第3グループを形成して、それ以外の諸作品は「その他」扱いの票しか入りませんでした。
シューマンにはフルトヴェングラーによる歴史的名演がありますし、マーラーもブルックナーもそれなりにメジャーな作品ですから、この支持の低さはちょっと意外でした。
「なんでシューマンがたったの7票なんでしょうか(7月4日現在)」という嘆きも納得できますが、一般的にはシューマンに対する評価はなかなかあがってこないようです。また、一時のマーラーやブルックナーに対する熱狂的な支持も今ではかなり下火となってきているということでしょうか。

さあ、このアンケートシリーズもいよいよ佳境となってきました。
次からはブラームスが姿を消すと言うことで、いよいよベートーベンの独壇場となるのでしょうか。それとも、マーラーやブルックナーがその牙城に食い込んでくるのでしょうか?
それとも、ショスタあたりが大穴で上位を脅かすのでしょうか?
楽しみです。

<いただいたコメントから>
「昨夜、録り溜めしていた「N響アワー」を観ておりました。
その中にプレヴィン指揮の「イタリア」があり、改めてこの曲の良さと、プレヴィンの演奏が自分の好みであることがわかりました。
クレンペラー良いですね。」

「「ブラームスのため息」とでも言えばよいんでしょうか。
ブラームスの人間臭い一面が最高に出た曲だと思います。
2楽章で涙。。。
ブラ4に1票。」

「なんでシューマンがたったの7票なんでしょうか(7月4日現在)
ブラームスの4番は…「悲劇の佃煮」みたいな音楽で、ちっとも面白くないと思っている私は異常なんでしょうか?」

「ニールセンが入ってないのが少し残念でした。
ニールセンの4番「不滅」が好きなのです。
初めてあの曲聞いたときの衝撃といったら・・・・・」

「19世紀の最も偉大なパッサカリアであるブラームスの第4交響曲は、記念碑的偉大さという点ではベートーヴェンの諸作品以降最も偉大であると思います。」

「チャイコフスキーのヘ短調と言えば、昔観た手塚治虫の素晴らしいアニメーション「森の伝説」が忘れられません。」

「ブルックナーもブラームスも大好きですが、ずいぶん票差が開いているので判官びいきな私はオネゲルに一票。
晦渋なオネゲルらしからぬ明るい音楽です。3番5番に挟まれて割り食ってますが、お勧め。」

【リスニングルームの更新履歴】

[2018-08-19]

ワーグナー:「ワルキューレ」より「ヴォータンの別れと魔の炎の音楽」
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 (Br)ジョージ・ロンドン ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1958年6月9日~11日録音

[2018-08-18]

ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団1966年5月17日-18日録音

[2018-08-17]

モーツァルト:ディヴェルティメント 第17番 ニ長調 K.334 「ロビニッヒ・ディヴェルティメント」
フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団 1955年4月23日&26日録音

[2018-08-16]

ベートーベン:チェロソナタ第1番 ヘ長調 Op.5-1
(Cell)アントニオ・ヤニグロ (P)イェルク・デムス 1964年録音

[2018-08-15]

ベートーベン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
(P)クリストフ・エッシェンバッハ:ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 1966年11月30日~12月1日録音

[2018-08-14]

ベートーベン:交響曲第3番変ホ長調 作品55「英雄」
ゲオルク・ショルティ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1959年5月録音

[2018-08-13]

ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 作品43
フェレンツ・フリッチャイ指揮 (P)マルグリット・ウェーバー ベルリン放送交響楽団 1960年6月3日~6日録音

[2018-08-12]

モーツァルト:交響曲第36番 ハ長調「リンツ」 K.425
フリッツ・ライナー指揮シカゴ交響楽団 1954年4月26日録音

[2018-08-11]

ラヴェル:道化師の朝の歌(管弦楽版)
カルロ・マリア・ジュリーニ指揮 フィルハーモニア管弦楽団1959年6月4日&8日-10日録音

[2018-08-10]

ワーグナー:「神々の黄昏」より「夜明けとジークフリートのラインへの旅」&「ジークフリートの葬送行進曲」
ハンス・クナッパーツブッシュ指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 1956年6月3日~6日録音